BUSINESS

新入社員の余興や一発芸で2017年のおすすめトレンドは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

気分新たに働くことになる新入社員に、避けては通れない難関がある。

それは、歓迎会などでの余興だ。よく新入社員に余興を強要することは多く、新入社員の悩みの種となっている。

仮病を使ってやろうか、それとも身内の不幸で回避しようか、と考えるほど悩んでいる人もいるようだ。

元々、人前で何かをするのが得意でない限り、悩むのは当然だろう。

そこで今回は、余興にぴったりの芸を紹介したい。

やっぱりピコ太郎?得意な曲を作れ

やはり、今流行っているものがいいだろう。古すぎたり、マニアックすぎると、年配の上司などには伝わりにくいものだ。

となると真っ先に思い浮かぶのが、ピコ太郎の「PPAP」だ。

ただ単純にそのままやるだけなら、短い歌でおわりだが、CMでも色々とアレンジしているように、このPPAPは、アレンジしやすい点も、余興向きと言えるだろう。

例えば、アイハブ○○のところを上司の名前に変えてみるのもいいかもしれない。

お金を掛けたくないだろうが、現在ピコ太郎になりきるグッズも販売されている。

次に少し古いものだが、とにかく明るい安村のネタも、宴会にはもってこいだ。

裸踊りと変わらないが、酒の席では、多少の下ネタは大いに受ける。ポーズをとり、「安心してください」とやれば、受けること間違い無しだ。

鉄板はやっぱり歌やダンス?

芸人のネタは、恥ずかしくてっちょっと・・・・・という人は、何も一発芸にこだわる必要はない。

カラオケなどでも、場を盛り上げることは出来る。流行の曲から、往年の名曲まで、上司の心をくすぐることが出来れば大いに喜ばれるだろう。

カラオケを歌うときに注意しなくてはいけないのが、場の空気を読むことと、上司の十八番は決して歌わないことだ。

この二つをしてしまうと、一気に場の空気が変わってしまう。自分も選曲ミスをして、場をしらけさせたことがある。

歌とくれば、ダンスも外せないだろう。

仲間の新入社員に呼びかけ、集団芸も面白いかもしれない。

EXILEのチューチュートレインや、今話題の、「パーフェクトヒューマン」も面白いだろう。

しかし、なんといっても宴会芸のダンスでの鉄板はAKBだろう。

少し古い曲だが、「ヘビーローテーション」や、「恋するフォーチュンクッキー」などは受けること間違い無しだ。

こちらもなりきり衣装が、販売されていて、女性がやるとかわいらしいし、男性がやると、スカートに足には脛毛が生えていて、その姿はなんとも滑稽だろう。

宴会芸についてまとめてきたが、自分なりの一発芸がある人は、それを披露してもいいだろう。

モノマネなども受けるだろう。ただ一つだけ注意しなければいけないのが、上司などの年齢層も良く考えて余興をしなければいけないという事だ。

新入社員には試練となる余興。大うけすれば、その後の人間関係も上手くいくはずだ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 台湾脱線事故の特急プユマ号は、過去に何度も脱線事故を起こしている…
  2. 元谷外志雄の資産がヤバい!経歴を見ると彼のルーツがみえてくる
  3. 三菱東京UFJに文春砲か?不適切融資と過剰接待で破産に追い込まれ…
  4. 打首獄門同好会が行列でテレビ初出演!音楽番組ではなくバラエティに…
  5. 南原竜樹の現在は?マネーの虎で一世風靡した男の転落人生とは
  6. ビジネスマンなら知っておきたい交渉テクニック
  7. 女性の男性化と男性の女性化は世界恐慌の兆候?2016年が危ない!…
  8. 川又三智彦ツカサグループ資産3000億から借金1000億円への転…

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. パイオニア上場廃止で影響は?
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん
  4. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP