SOCIAL

大雨の被害状況が異常!台風でないのに被害がなぜ大きいのか徹底解説!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

西日本を中心に記録的な豪雨となった。

7月8日現在、豪雨を原因とした死者は68人となっている。

さらい、少なくとも52人が行方不明となっており、いかに被害が大きかったかがわかるだろう。

なぜ、台風でもないのにここまで被害が多きいのだろうか。

西日本を中心に記録的豪雨

西日本を中心に記録的な豪雨となり、大きな被害をもたらした。

7月8日現在わかっているだけで、11府県で合計68人が死亡している。

特に多いのが広島県と愛媛県であり、広島県では27人、愛媛県では18人が亡くなっている。

さらに、9府県で少なくとも52人が行方不明となっているのだ。

土砂崩れや住宅が泥流に浸かるなどの被害も多くの場所で発生しており、通行止めとなっている場所が多い。

このため、物流にも大きな影響を及ぼしているのだ。

気象庁は今回の豪雨で、数十年に1度の異常な大雨に最大の警戒を呼び掛ける「大雨特別警報」が9府県(岡山県・広島県・鳥取県・福岡県・佐賀県・長崎県・京都府・兵庫県・岐阜県)に出している。

それだけ、今回の豪雨が記録的なものだったのだ。

台風でもないのに被害がなぜ大きい?

今回の豪雨では、台風でもないのに被害が大きい。

そこで気になるのが、なぜここまで被害が大きくなったのかだろう。

そもそも、今回の豪雨の原因は梅雨前線の活発化とのことである。

太平洋高気圧の勢いが衰えたことにより梅雨前線が活発化し、南からの暖かく湿った空気が入り込むことで、豪雨が続きやすい状態となっていたのである。

今回の豪雨の被害が大きい理由は、台風のように事前の準備ができなかったからだろう。

台風なら事前に警戒を呼び掛けられるため、台風対策ができる。

しかし、今回の豪雨は突然のことであり、大雨特別警報が出たときには手遅れの状態であるケースもあったのだ。

このことから、日頃から豪雨など災害への対策をしておくべきだろう。

西日本を中心に記録的な豪雨となっており、大きな被害をもたらした。

7月8日現在、11府県で合計68人が死亡している。

さらに、9府県で少なくとも52人が行方不明となっているのだ。

他にも土砂崩れや泥流などによる被害が多く、通行止めとなり物流にも影響を与えている。

今回の豪雨は、梅雨前線の活発化である。

豪雨による被害が大きくなった理由は、突然の豪雨だったからだろう。

台風なら事前に進路が予測できるため、準備・対策をすることができる。

しかし、突然の豪雨では準備・対策ができず、被害が大きくなってしまったのである。

そのため、今後は日頃から災害への対策をしておくべきだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 2018年台風15号の進路は?本州に影響はある?
  2. 【2018 ワールドカップ】日本優勝の可能性を徹底調査!要注意チ…
  3. 朴鐘顕の動機は?敏腕編集長が妻を手にかけた理由とは・・・?
  4. 音喜多駿、本人が語る都民ファーストの会を離党した3つの理由。
  5. 大坂正明指名手配犯が時効前に逮捕!大学はどこだった?
  6. 前川喜平の出会いカフェ内偵結果!文春・新潮で異なる証言!真相は?…
  7. 萩野公介と瀬戸大也リオでの種目は?NHKスペシャルで注目急上昇の…
  8. 【Facebook】流出した2900万人の個人情報はどこの国の個…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP