SPORTS

錦織圭選手は12位!テニスのATPランキングはどういった基準で決まる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

大阪なおみ選手の優勝と錦織圭選手のベスト4で幕を閉じた全米OP。

二人ともテニスの世界ランキングでは大きく順位を上げる結果になりました。

大阪なおみ選手はWTP19位から7位、錦織圭選手はATP19位から12位までアップしました。

今回は、錦織圭選手の持つATPランキングの選定基準について解説していきます。

基本的には大会の格×進出トーナメント?

サッカーや野球、バスケットなどの世界ランキングもそうですが、行われる大会の格と進出したトーナメントでどこまで勝ち上がることができたのかでポイントが算出されます。

ATPランキングというのは、簡単に言うと、「男子のテニス世界ランキング」を指します。

女子のテニス世界ランキングは「WTA」という名称です。

ATPランキングは、テニスプレーヤーの実力を測るバロメーター的な役割を担っています。

ATPランキングの他に、ATPレースランキングと呼ばれるランキングがあります。

この二つのランキング制度は別々のように見えて、実は密接に関係しています。

先日行われた全米オープンは4大大会のうちの一つで、カテゴリは「グランドスラム」と呼ばれている最高格の大会です。

サッカーの世界ランキングに多大に影響するW杯のようなものです。

グランドスラムの下にあるのが「マスターズ」と呼ばれているカテゴリです。

マスターズで結果を残し、ATPランキングを上げないとグランドスラムに出場することができません。

その下に「ATP500」、「ATP250」の下位カテゴリがあり、それぞれで結果を残してATPランキングを上げないと、次のカテゴリにある大会には出場できない仕組みになっています。

サッカーなどのランキングというよりは、競馬のG1、G2、G3のような考え方ということですね。

錦織圭選手がベスト4で7位アップ!ランキングの算出方法は?

錦織圭選手がグランドスラムの全米OPでベスト4に進出したことで大きくランキングポイントを稼ぎ、12位まで上がりました。

このランキングポイントはどのように計算するのでしょうか?

簡単なポイント表を掲載します。

 

優勝準優勝ベスト4ベスト8ベスト16ベスト32ベスト64ベスト128
グランドスラム20001200720360180904510
マスターズ1000600360180904510
ATP50050030018090450
ATP2502501509045200

この表に従ってポイントが算出されます。

錦織圭選手は2018年最新のポイントランキングでは2475ポイントを獲得し、12位になっています。

ちなみにランキング1位が帝王と呼ばれているラファエル・ナダル選手の8760ポイントです。

全米オープンで敗れたジョコビッチ選手は6445ポイントでランキング3位。

錦織圭選手の3倍以上、4倍近くのポイントを稼いでいることになります。

すでにカテゴリ:グランドスラムである4大大会は終了していますので、今後ポイントを積み重ねるためには、マスターズ以下の大会に出場するしかありません。

グランドスラムでは、全豪OPは不参加でしたが、全仏OPではベスト16(180P)、ウインブルドンではベスト8(360P)、そして全米OPでベスト4(720P)ですので、グランドスラムでは合計1260Pを稼いだことになります。

今年錦織圭選手が参加する予定の大会は、ATP250が1大会、ATP500が1大会、マスターズが2大会ですので、全てで優勝すれば、合計1750Pが上乗せされ、2018年のポイント獲得数は4225Pになります。

テニスATPランキングは、そのポイント計測方法に細かい規定があり、例え少々の怪我などで調子が悪いからと大会出場を見送ることができません。

大会不参加が続くと、どんどんATPランキングから振り落とされる仕組みになっており、サッカーなどのスポーツに比べ、残酷なランキングでもあります。

錦織圭選手の最高位は4位でした。

去年は怪我の影響もあり、前年2016年の5位から一気にランクを下げ22位まで落ち込みましたが、今年はグランドスラム3大会でベスト16以上に進出していることから、順調に順位を上げている印象です。

このまま、マスターズ以下のカテゴリで結果を出せれば、トップ10復帰も現実になってくることでしょう。

錦織圭選手も既に28歳になりました。

テニス選手としては、脂の乗り切った年齢です。

帝王ナダル選手が現在32歳で、ランキング1位にいることから、今後2,3年でどれだけ経験を積み、今の実力を上げられるかが勝負です。

今後の活躍に期待しましょう!

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 大谷翔平の怪我治療は順調?バッティングしても影響はない?
  2. 橋詰功新監督は日大アメフト部を変えることができる?手腕は期待でき…
  3. 目的は何?本田圭祐が代表監督と現役選手を兼任。
  4. 日本シリーズのチケット入手方法は?まだ間に合う?
  5. 2018年夏の甲子園、優勝候補チームを予想してみた!
  6. イニエスタの年棒はいくら?過去最高額になる可能性も?
  7. 水谷隼は結婚して嫁と子供がいた!澤部似の卓球界エースの軌跡
  8. 吉田沙保里自腹の金額はいくら?2chで炎上のビジネスクラス騒動

注目記事

ピックアップ記事

  1. パイオニア上場廃止で影響は?
  2. 北海道エリア別オススメTOP3
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

  1. メーカー就活必勝法

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP