SOCIAL

ゴーンの弁護人が辞任した理由は?「ゴーンを見限った?」それとも「辞めさせられた?」

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

日産自動車の前会長であるカルロス・ゴーン被告は、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されている。

ゴーン被告の弁護人を務める大鶴基成弁護士と押久保公人弁護士が、東京地裁に辞任届を提出したことがわかった。

ゴーン被告の弁護人が辞任した理由は何なのだろうか。

ゴーン被告の弁護人が辞任した理由は?

カルロス・ゴーン被告の事件で、同被告の弁護人を務めていた大鶴基成弁護士と押久保公人弁護士は、東京地裁に辞任届を提出したことがわかった。

なぜ、ゴーン被告の弁護人は辞任したのだろうか。

理由としては、「辞めさせられた」という可能性が高い。

大鶴弁護士は、俗に言う「ヤメ検」であり、東京地検特捜部長や最高検公判部長などを歴任した後に弁護士に転じている。

そのため、現在特捜部がゴーン被告の事件でどの範囲まで捜査をしており、どんな証拠があるのかなどについておおよその予測が付いているだろう。

そこで大鶴弁護士らは、無罪は無理と判断して減刑を主張するつもりだった可能性が高い。

しかし、ゴーン被告はあくまで無罪を主張するつもりであり、その結果大鶴弁護士は辞めさせられたのではないだろうか。

ゴーン被告の新たな弁護人は弘中弁護士!

大鶴弁護士らが辞任したわけだが、新たな弁護人は弘中惇一郎弁護士が就任したことがわかっている。

弘中弁護士は、「無罪請負人」の異名を持つ人物だ。

ロス疑惑銃撃事件の三浦和義氏や政治資金規正法違反罪で強制起訴された小沢一郎氏などの無罪に関わった人物となっている。

このことからも、ゴーン被告はあくまで無罪という主張を貫き通すつもりであることがわかる。

ゴーン被告は、「ヤメ検」ではなく「無罪請負人」を選び、無罪を勝ち取ろうとしているのだろう。

今後のゴーン事件の動きに注目だ。

果たして、裁判の結果はどうなるのだろうか。

日産自動車の前会長であるカルロス・ゴーン被告の弁護人を務めていた、大鶴基成弁護士と押久保公人弁護士が辞任したことがわかった。

新たな弁護人としては、弘中惇一郎弁護士が就任したとのことだ。

弘中弁護士は「無罪請負人」の異名を持ち、数々の有名事件で無罪を勝ち取ってきた。

このことから、ゴーン被告は無罪を主張する可能性が高いだろう。

また、「ヤメ検」である大鶴弁護士らが辞任したのは、特捜部についてよく知っている大鶴弁護士らは、無罪ではなく減刑を主張しようとしたからだろう。

あくまで無罪を主張したゴーン被告とは主張が合わず、「辞めさせられた」という可能性が高い。

いずれにしても、今後のゴーン事件の動きに注目だ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 小島啓TOKIO脱退の真相!不仲が原因?夢はパイロット?
  2. トルコリラの為替相場は暴落しているのに、政策金利引き上げ否定はな…
  3. 成清梨沙子の写真が可愛いと話題に!公認会計士の東大美女の夫はどん…
  4. 要リコールの車を知らずに乗って、事故を起こすとどうなる?罪になる…
  5. トランプ大統領誕生の確率が増してきた!日本のとるべき方向は?
  6. 「保育園落ちた日本しね」の批判的に見るべきポイント2つ
  7. スバルでも不祥事発覚!無資格検査は常習化しているのか?
  8. 大林組社員のわいせつ行為。最初からわいせつ目的の計画犯?

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP