BLOG

ノアコイン(フィリピン)の購入方法や価格!泉忠司は詐欺なのか?

ここ最近、仮想通貨を取り巻くニュースが賑わっている。Bitcoinの価格は、この一年で3倍近くに跳ね上がった。

日本でも、いよいよ仮想通貨が貨幣とみなされる法律が施行される。アメリカ大統領がトランプ氏になることで、世界経済の混乱も見込まれる。また、経済のグローバル化は、今までにもまして加速度的に進展している。

こうした背景から、新たな投資先として、仮想通貨は非常に注目されているのだ。

日本では「仮想通貨」という名前で知られているが、本来は「暗号通貨(crypto currency)」と訳すのが正しい。

暗号通貨におけるBitcoinは、現物通貨でいうところの「ドル」だ。現在、その他にも「イーサ」「リップル」など、「円」や「ユーロ」に当たる通貨も数多く存在する。

とはいえ、まだまだ暗号通貨は認知度が低い。また、現在出回っている暗号通貨は、今後の世界的な需要に対応するほどの供給量に到達していない。

そのため、大小様々な団体や個人が、こぞって新たな暗号通貨を作成している。その中には、明白に詐欺といえるようなものもあれば、明らかに今後爆発的に広まるポテンシャルを秘めたものもある。

そして、今回、「ノアコイン」という、圧倒的なポテンシャルを秘めた新発の暗号通貨が打ち出されたのだ。

今回の記事では、「ノアコイン」について、概要や購入方法・価格、さらには、日本のマーケターである泉忠司氏にまつわる情報についてもまとめてみた。

少しでも興味がある人や、購入を考えている人には有用な記事となったと思う。ぜひお読みいただき、今後の投資の一助としていただければ幸いだ。

ノアコインとは何か?

一言で言えば「次世代型暗号通貨」だ。

Bitcoinには、3つのの欠点がある。
①決済スピードが遅いこと。(10秒程度)
②運営主体がいないこと。
③マイニングのための消費電力が膨大で環境破壊をしている。
この3つがBitcoinの欠点だ。

一方、ノアコインは、
①決済スピードを極限まで高めた。(1秒程度)
②フィリピン財界が運営主体としてプロモーションを実施。
③無駄なマイニングがない。
Bitcoinの欠点を全て打ち消しているのだ。

特筆すべきは②について。
ノアコインは、フィリピンのテレビやラジオで大々的にCMが放映される予定となっている。また、鉄道や高速道路などに大々的にイメージ広告も打ち出される。Googleや Facebookなどにも広告が出される予定のようだ。

Bitcoinは、これまで感度の高い人々にしか受け入れられず、普及に時間がかかった。一方、ノアコインは、暗号通貨への追い風も合わさり、大々的なプロモーションが行われるため、圧倒的に広まりやすいのが特徴だ。

しかし、なぜフィリピンの財界は、わざわざ金をかけてノアコインのプロモーションを行うのだろうか。実は、フィリピン経済の課題が関係している。フィリピンの財界は、ノアコインを普及させることで、フィリピン経済が活性化し、結果的に自分たちの利益になることを知っているのだ。だからノアコインをプロモーションするのだ。

次は、ノアコインとフィリピン経済の関係性についてまとめよう。

フィリピン経済活性化プロジェクト

ノアコインは、「フィリピン経済活性化プロジェクト」の意味合いを持つ。どういうことか?

フィリピンは、圧倒的な人口ボーナスの国だ。綺麗な山型の人口ピラミッドを描いている。
philipin
このような状況では、フィリピン国内経済は発展途上の段階に置かれざるを得ない。また、この人口ボーナスを享受しようと、様々な外資系企業がフィリピン国内に入ってきている。

そうすると、フィリピンの貧困層は、自国内の産業だけで生活できなくなる。そこで、海外に出稼ぎに行くのだ。海外で給料を貰えば、フィリピンに残った家族を養うだけの賃金を得ることができる。不法入国までして日本で稼ごうとするフィリピン人が後をたたないのは、そうしたことが背景にある。

しかし、一つ問題が生じる。日本で得た金をフィリピンに送金するには、とてつもない手数料がかかるのだ。いわゆる日本の銀行から送金しても3000円近くかかるが、彼らは日本の銀行口座を持っていないことも多い。また、フィリピンに残された家族も銀行口座を持っていないのだ。

そこで、間に決済業者が入る。彼らは、送金者の足元を見て、一度の送金に5000円以上の手数料を取る。

フィリピン人が国外に出稼ぎに行くのは、実はフィリピンの国にとっても重要な外貨獲得手段だ。それが、決済業者にかなりの割合を持って行かれる。

仮に、決済手数料がなければ、年間約3500億円もの金が、フィリピン経済に回るのだ。これは、フィリピンにとっては死活問題とも言える。フィリピンの国家予算は約4兆円。国家予算の1割もの金が、決済業者に持って行かれる現状は、フィリピン人としては歯がゆい思いがあるのだ。

逆に言えば、この手数料さえなくなれば、フィリピンの国内経済規模が1.1倍になるのと同じだ。

フィリピンの財界がバックアップ

つまり、フィリピンの財界のトップが、この国家予算の1割近い無駄金を、なんとかフィリピン経済に資するよう形を整えるために、ノアコインが生み出されたのだ。

国家予算の1割というのは、すごい金額だ。日本で言えば約9兆円。例えば最近できた北海道新幹線が約5000億円。夕張が破産したのは350億円が原因。9兆円もの金額が毎年入って来れば、日本の未来も明るくなるというものだ。

それほどのインパクトが得られるのであれば、財界としては多少のプロモーションなど、取るに足らない出費だ。こうした狙いがあって、フィリピン財界が総力を挙げて取り組んでいるのが、ノアコインなのだ。

ノアプロジェクトのためにフィリピンが用意した環境は、これまでの新発暗号通貨のレベルをはるかに超えるものだ。

例えば、「ノアシティ」がある。これは、ノアコインが使える街をまるごと一つ作ってしまおうという話だ。

ノアシティは2020年の完成を目指し、現在鋭意建設中とのことだ。

暗号通貨の流通のキモは、「そのコインがなければならない理由が存在するか否か」だ。

ノアシティや、フィリピンの経済環境を考えれば、ノアコインの必要性は感じられるのではないだろうか。

>>ノアコインを公式サイトでチェックする

魅力的な投資対象

ノアコインは、投資対象としてはあまりにも魅力的だ。
noahcoin
まず、第1期で交換することができれば、基本的に公開直後までで22%の値上げが期待できる。第1期は1円あたり約1.44 NOAH、第2期は1円 ≒ 1.263 NOAH、第3期は1円 ≒ 1.22 NOAH、第4期は1円 ≒ 1.18 NOAHで交換可能となるのだが、公開直後に値崩れさえ起きなければ、理論上第1期で買った人は、第4期の値段で再交換できるのだ。

しかも、NOAHコインの仕組みを知れば、値崩れが非常に起きずらいことが理解できるはずだ。

NOAHコインは、「利息」がつくよう設計されている。この利息がすごいのだ。

初年度で20%、以降0.86倍ずつ利息は下がっていくが、複利で利息がついていく。年利20%など、今の日本では考えられない。考えられないからこそ、これをもってNOAHコインは詐欺だという人もいるが、それは的外れだ。そもそもフィリピンの銀行の定期預金は、今8%ほどの利息がつく。暗号通貨のバブルと、フィリピン経済の成長率を考えれば、20%の年利は異常ではない。

年20%の利息がつくのであれば、公開直後に交換してしまうような馬鹿な真似をする人は少ないだろう。むしろ、年利20%の投資先を求めて、買いが殺到する可能性もある。あくまで将来の値の上がり下がりについての言及は避けるが、賢明な判断ができる人はお分りいただけるはずだ。

>>ノアコインを公式サイトでチェックする

 

ノアコインの購入方法・価格について

次に、ノアコインの購入方法や価格について情報をまとめた。

購入方法

ノアコインの購入画面は、極めて見やすく直感的な操作が可能だ。

まずは、以下のページに飛んで、アドレスとパスワードを設定すれば、NOAHコインの管理画面にログインできる。

>>ノアコイン購入画面はこちら

ログインできたら、「NOAH注文」を選び、購入したいコースを選ぶ。

購入コースを選んだら、振込先の銀行情報が現れるので、振込期限までに振込を実施すればOKだ。

 

価格

プレミアムコースは、画面を見ていただければわかるが、破格の条件となっている。

1000万円の入金で、1500万円分
300万円の入金で、400万円分
100万円の入金で、120万円分
のNOAHコインを購入できる。

庶民は1口1000ドル相当から購入できる。基本的には、12万円を振り込んでNOAHコインを購入することになるだろう。

筆者は1月11日現在で、12万円を振り込んで17万8000NOAHコインを手にいれることができた。為替相場によって多少左右されるが目安としていただければ幸いだ。

泉忠司は詐欺?

ノアコイン購入検討者で、ここが引っかかっている人もいるのではないだろうか。日本でノアコインを広めようとしている人物は、泉忠司という人物だ。

ネットで検索すれば、やたらと悪評が目立つ人物だ。しかし、その点はまず一度立ち止まって考えてみてほしい。これだけ派手にプロモーションをかけた人物が本当に詐欺師であれば、さすがにすでに逮捕されている。日本の警察はそれほど馬鹿ではない。

泉忠司に対しての悪評を立てるものは、泉忠司が広めてきた他の投資話に乗って失敗した人たちの恨みつらみだ。そもそも投資は自己責任。あくまで投資先についての判断は、自らの頭で行うべきだ。

確かに泉忠司氏のド派手な経歴は、疑いたくもなる。おそらく、経歴については大いに「盛られた」箇所はあるだろう。どちらかといえば、ネットで情報弱者からセミナー料を巻きあげている類の人物に見える。いわゆるネットのプロダクトローンチの王道手法を極めていけば、あのようなブランディングが正解になるだろう。

しかし、仮に泉忠司に経歴詐称的な部分があったとしても、このNOAHコインの性質に影響があるものではない。

また、泉忠司は日本で一番DRMの対象リストを持っている人物と言われている。多少の悪評はあろうとも、フィリピン財界からすれば、最も低コストで効率よくNOAHコインを広めてくれさえすれば、なんでも良いのだ。こうしたにわかにマス層に受け入れられ難い案件は、ネットのDRMが最も有効だ。

その意味で、今回のマーケターに泉忠司が名を連ねることは、ほぼ必然であり、仕方がないことなのだ。

泉忠司のプロモーションに、嫌悪感を覚えるのは、ある意味真っ当な感覚ではあると思う。しかし、筆者個人としては、真っ当な感覚を持つ人々が、あのプロモーション形態が気に食わないからといって、これほどのチャンスを逃すのは残念なことだと考えている。

一旦、泉忠司のことは置いておいて、純粋に自分の目でNOAHコインの可能性を見極めて見るのがよいだろう。

まとめ

NOAHコインのポテンシャルは、凄まじいものがある。

これからの数年間、何がどう転ぼうと暗号通貨に対して資金が集まることはさけられない状況だ。この波に乗れば、これだけ条件のよい新発の通貨がダメになることは、正直考えづらいというのが筆者の見解だ。

もちろん、リスクはある。

ただ、そのリスクは「何事にもつきもの」というレベルのリスクだ。

NOAHコインのリスクがどこにあるのか。この記事を参考にぜひ自身の頭で考えてみていただきたい。

そうした時に、どのように行動するか。その行動次第で、あなたの未来が大きく変わることは間違いないだろう。

ノアコインの公式サイトへのリンクを下記に載せておいた。

暗号通貨初心者にとっても、初めの動画はいい勉強になるはずだ。

ぜひチェックしてみてほしい。

>>ノアコインを公式サイトでチェックする

ピックアップ記事

関連記事

  1. 資生堂ショックのその後に見る現代育児休業制度の正しいあり方の提言…
  2. 岩田雅裕の年収は?収入減って嘘じゃないか?ガンボジア医療に賭ける…
  3. 転職を後悔する理由のトップ5!後悔しない転職をするために企業の見…
  4. 三菱自動車の倒産可能性は60%!?米国当局に目をつけられヤバイ状…
  5. 女性の男性化と男性の女性化は世界恐慌の兆候?2016年が危ない!…
  6. 自己実現とは何か?現在の仕事がつまらないと感じている人へ
  7. 今度こそ残業を減らす方法!時流に乗って早帰り社員を目指そう
  8. 出世する人の特徴の総まとめ!あらゆる特徴を網羅して見えてきた「出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP