SOCIAL

小保方晴子の顔が超激変!整形したというウワサは本当か?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

かつては「リケジョの星」とまで言われた小保方晴子だが、STAP細胞問題で世間を騒がせ、博士号を剥奪されてから表立った活動を見せていなかった。

しかし、3月22日に「小保方晴子日記」を発売し、「婦人公論」のインタビューにも登場した。同誌では小保方晴子のグラビアも掲載されており、顔が激変したと話題になっている。

「整形したのでは?」とのウワサがあるが本当なのだろうか。

小保方晴子の顔が超激変!

STAP細胞問題で世間を騒がせた小保方晴子だが、「小保方晴子日記」を発売し、2018年4月10日号(3月27日発売)の「婦人公論」のインタビューにも登場した。

インタビューのみならず、グラビアまで飾っているのだ。掲載されたグラビアだが、撮影したのは有名カメラマンの篠山紀信とのことである。

グラビア写真では、今までの小保方晴子の雰囲気と全然違う。そのため、小保方晴子の顔が激変したと話題になっているのだ。「かわいい」「若返った」との声があるのである。

その一方で、STAP細胞問題に関連して人が亡くなっていることもあり、「どのツラ下げて」「自己顕示欲が強すぎる」などの声もあるようだ。

整形したというウワサは本当か?

「婦人公論」に掲載された写真が評判の小保方晴子だが、顔が激変したこともあり「整形したのでは?」とのウワサが流れている。しかし、本当に整形したという確証はないのが現実だ。

そもそも、グラビア写真などは修正することが多々ある。さらに、化粧や光の加減で雰囲気は大きく変わってくる。そのため、激変したからと言って整形したとは限らないのだ。

しかも、STAP細胞問題の際の小保方晴子は憔悴しているような表情を多く見せていた。それだけに、今見せる表情と変化があってもおかしくない。

むしろ、当時それほど小保方晴子は追い詰められていたのではないだろうか。いずれにしても、小保方晴子が整形したという証拠はなく、あくまでもウワサの範疇を超えないのである。

小保方晴子が「小保方晴子日記」を発売し、「婦人公論」にも登場した。「婦人公論」ではインタビューのみならず、グラビア写真にも挑戦。

このグラビア写真の顔が激変したと話題になっている。顔が激変したように見えることから、整形疑惑までウワサになっているのだ。

しかし、整形したという確証はないのが現実である。写真は修正をすることが可能であり、化粧や光の加減で雰囲気は変わってくる。

さらに、当時はSTAP細胞問題で憔悴したような表情を見せていた小保方晴子。それだけに、今とは顔つきが変わっていてもおかしくない。

そのため、整形疑惑はウワサでしかなく、真実はわからないのである。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 野村不動産社員の過労自殺が安倍内閣に及ぼす影響とは?ひた隠しにす…
  2. 【2018・梅雨入り】関東地方はいつごろ?例年より早いというのは…
  3. 小室哲哉引退の裏にまたも週刊文春!過去に週刊文春に陥れられた有名…
  4. 雇用保険の過少支給はなぜ起こった?悪質なマニュアル偽装の全貌!
  5. 桜島の記録的噴火(2018年6月16日)。過去の規模と比べてどの…
  6. 豊洲市場の土壌汚染のゼネコンはどこ?なぜ空洞があったのか?
  7. 富川悠太アナの失言集!報道ステーション更迭は時間の問題?
  8. 消費税増税10%は10月で確定?軽減税率の適用対象は?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. ウィキリークスとビットコインの関係
  3. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ
  2. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP