LIFESTYLE

【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!

2018年のお盆休みも、主要高速道路は渋滞する可能性が高い。

毎年渋滞しているだけに、基本的には渋滞回避をすることはできないだろう。

それでも、少しでも渋滞を回避したいなら、とっておきの方法があるので紹介していきたい。

ぜひ、とっておきの方法を参考にして、お盆休みの渋滞を回避して移動してみて下さい。

【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!①

渋滞を回避するとっておきの方法は、まずは渋滞傾向を事前に調べておくことだ。

NEXCO東日本が運営している「ドラぷら」には、「渋滞予測カレンダー」があり、日付や路線から渋滞予測を知ることができるのだ。

もちろん、この予測通りになるとは限らないが、これまでの傾向などを参考に予測されているため、当たる可能性が高いだろう。

そのため、渋滞予測を事前にチェックし、どのルートなら渋滞しないのかを確認して、渋滞にはまらないようにするのがおすすめだ。

はっきりと言って、一度渋滞につかまった場合、回避するのはできない。そのため、そもそも渋滞に巻き込まれない計画で移動するべきなのである。

【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!②

渋滞に巻き込まれたときに、少しでも回避するためのとっておきの方法は、つねに走行レーン(左側)をキープすることだ。

渋滞になると、少しでも早く移動したいため、追い越し車線を利用する人が多い。

そして、追い越し車線を利用する車が増えれば、車間距離が縮まるこいとになり、ブレーキを踏む車が増加する。

その結果、さらに渋滞となっていくのだ。そのため、渋滞になったときには、走行車線をキープするのがおすすめなのである。

また、マナーが悪い方法だが、サービスエリアに入り、素通りすることで少しでも早く移動するという方法がある。

この方法は、マナー違反なのでおすすめではないが、どうしても早く移動したいなら挑戦してほしい。

2018年のお盆休みも渋滞が予想されている。それだけに、できるだけ回避する方法を知っておきたい。

まず、渋滞に巻き込まれれば、回避するのは至難の業だ。

そのため、まずは渋滞予測を確認し、渋滞に巻き込まれないルートを選択するのがおすすめだ。

そして、もし渋滞に巻き込まれたときには、走行車線をキープするのもおすすめである。

意外かもしれないが、渋滞時は走行車線の方が早く移動することができるとのことだ。

マナー違反だが、サービスエリアを素通りする方法もある。できるだけ、渋滞に巻き込まれず、お盆休みは移動するようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 藤丸敏が豊洲タワマン不倫か?経歴や実績は?
  2. 加計孝太郎と安倍晋三は親戚?岸信介そっくりと話題だが真相は
  3. 仕事の人間関係のストレスが限界を迎えたと思った時に考えるべきこと…
  4. マック赤坂の年収!都知事選にかける費用の出どころは?
  5. 務台俊介のおんぶが話題に!復興の足手まといと非難轟々
  6. 鳥越俊太郎は認知症で文字がヤバイ!字が汚いのは元から?
  7. 加計学園と安倍晋三の癒着か?第二の森友問題と話題に
  8. 三浦瑠麗は創価学会で中国人という噂の真偽は?夫は外務省で正真正銘…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP