LIFESTYLE

【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2018年のお盆休みも、主要高速道路は渋滞する可能性が高い。

毎年渋滞しているだけに、基本的には渋滞回避をすることはできないだろう。

それでも、少しでも渋滞を回避したいなら、とっておきの方法があるので紹介していきたい。

ぜひ、とっておきの方法を参考にして、お盆休みの渋滞を回避して移動してみて下さい。

【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!①

渋滞を回避するとっておきの方法は、まずは渋滞傾向を事前に調べておくことだ。

NEXCO東日本が運営している「ドラぷら」には、「渋滞予測カレンダー」があり、日付や路線から渋滞予測を知ることができるのだ。

もちろん、この予測通りになるとは限らないが、これまでの傾向などを参考に予測されているため、当たる可能性が高いだろう。

そのため、渋滞予測を事前にチェックし、どのルートなら渋滞しないのかを確認して、渋滞にはまらないようにするのがおすすめだ。

はっきりと言って、一度渋滞につかまった場合、回避するのはできない。そのため、そもそも渋滞に巻き込まれない計画で移動するべきなのである。

【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!②

渋滞に巻き込まれたときに、少しでも回避するためのとっておきの方法は、つねに走行レーン(左側)をキープすることだ。

渋滞になると、少しでも早く移動したいため、追い越し車線を利用する人が多い。

そして、追い越し車線を利用する車が増えれば、車間距離が縮まるこいとになり、ブレーキを踏む車が増加する。

その結果、さらに渋滞となっていくのだ。そのため、渋滞になったときには、走行車線をキープするのがおすすめなのである。

また、マナーが悪い方法だが、サービスエリアに入り、素通りすることで少しでも早く移動するという方法がある。

この方法は、マナー違反なのでおすすめではないが、どうしても早く移動したいなら挑戦してほしい。

2018年のお盆休みも渋滞が予想されている。それだけに、できるだけ回避する方法を知っておきたい。

まず、渋滞に巻き込まれれば、回避するのは至難の業だ。

そのため、まずは渋滞予測を確認し、渋滞に巻き込まれないルートを選択するのがおすすめだ。

そして、もし渋滞に巻き込まれたときには、走行車線をキープするのもおすすめである。

意外かもしれないが、渋滞時は走行車線の方が早く移動することができるとのことだ。

マナー違反だが、サービスエリアを素通りする方法もある。できるだけ、渋滞に巻き込まれず、お盆休みは移動するようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 高度プロフェッショナル制度とは?働き方改革関連法案に賛否両論も導…
  2. 口永良部島の噴火間近?!今回は3年前よりどれくらいヤバイ?
  3. ブラックペアンってどんなドラマ?嵐の二宮和也は外科医役をどう演じ…
  4. マクロン大統領で日本経済への影響はどうなる?
  5. 西谷文和が安田純平さん解放をこじらせた?元吹田市職員のジャーナリ…
  6. 20代で結婚。働き盛り男性が結婚を意識する女性の特徴とは?
  7. 低空飛行で話題の哨戒機ってどんな飛行機?
  8. あしぎぬ温泉でマムシ被害!地元民は近寄らない危険な場所にあった?…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP