SOCIAL

麻原彰晃(松本智津夫)の散骨に賛否両論!遺骨はこうすれば良い。

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

麻原彰晃(松本智津夫)の刑の執行がなされたが、今度は麻原彰晃の遺骨を巡り論争が繰り広げられている。

松本智津夫は4女を遺骨の引き取り先に指名したとされており、四女の代理人弁護士は「太平洋に散骨する」方針であることを明かしたのだ。

麻原彰晃の散骨に賛否両論があるわけだが、遺骨はどうするべきなのだろうか。

麻原彰晃の散骨に賛否両論!

松本智津夫は遺骨の引き取り先を四女に指名したとされており、四女に引き渡す方針となっていた。

しかし、三女らほかの親族は連名で妻に遺体を引き渡すように要求しており、松本智津夫の遺骨を巡って論争となっていた。

そんな中で、四女の代理人である滝本太郎弁護士は、松本智津夫の遺骨を「太平洋に散骨する」方針であることを明らかにしたのだ。

また、散骨の際には、宗教団体の信者から攻撃される危険性を危惧しており、国に警備などの支援を要請したとのことである。

海に散骨する理由は、松本智津夫の墓地が「聖地化」されるのを避けるためとのことだ。

麻原彰晃の散骨には賛否両論があり、今後どうなっていくのか注目していきたい。

遺骨をどうすればいいのか。

筆者なりの意見!

松本智津夫の遺骨について、筆者なりの意見を述べてみたい。

まず、松本智津夫の遺骨を海に散骨することだが、筆者としては賛成である。

松本智津夫の信者がいまだに多くいるのは事実として受け入れなければならない。

そして、信者によって松本智津夫の遺骨は重要なものであり、大きな事件に発展してもおかしくないだろう。

それならば、いっそのこと海に散骨することによって、丸く収めることができるのではないだろうか。

できることなら、散骨する場所や日時も極秘で行ってもらいたい。

これ以上、オウム真理教関係で騒動が起きるのは好ましくないだけに、極秘で散骨することが重要だろう。

それだけに、メディアは余計な情報は流さない方がいいのではないだろうか。

松本智津夫の遺骨が散骨される方針であることがわかった。

四女の代理人弁護士が、「太平洋に散骨する」方針であることを明かしたのだ。

また、信者からの攻撃を危惧しており、国に警備などの支援を要請したとのことである。

松本智津夫の遺骨を散骨することに対し、賛否両論があるようだ。

筆者としては、松本智津夫の遺骨を散骨するのは賛成である。

あとはできることなら、場所や日時を極秘で行ってもらいたい。

無事に散骨し、オウム真理教関連の事件については終焉を迎えてほしい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 仙台の警察官刺殺事件。犯人の目的は何?考察してみた。
  2. 豊洲市場問題は石原慎太郎の責任だった?過去の発言が問題に
  3. 豚コレラはどれくらい危険?感染しないために出来ることは?
  4. 上田育弘は逮捕されないのか?弁理士としての経歴ありのベストライセ…
  5. 大口病院事件ツイッターのFUSHICHOUとは誰?医療現場の闇が…
  6. 宮崎緑の経歴詐称疑惑を文春が報じる!生前退位有識者会議は大丈夫か…
  7. 箱根駅伝のアンパンマン号に乗っていたのは誰?
  8. 山本有二農林水産大臣の経歴は?更迭は避けられないとの見方強まる

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP