SPORTS

大谷翔平の怪我治療は順調?バッティングしても影響はない?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

大谷翔平選手の怪我の治療が順調なのか気になる。

復帰以降、打者として活躍している大谷選手。

8月14日のパドレス戦では、10回の表に代打で出場し、四球を選んでいる。

未だに投手としての復帰はないが、バッティングによって怪我への影響はないのだろうか。

大谷翔平の怪我治療は順調?

大谷翔平選手は、6月上旬に右ひじを怪我しており、故障者リスト入りした。

右ひじの内側側副靱帯損傷と診断されており、グレード2の重症だった。

昨年の12月にも同じ怪我をしており、トミー・ジョン手術をすると思われていたのだが、手術は回避しPRP治療を選択している。

この治療は、自分の血小板で組織の修復を図るものだ。

現在もリハビリ中の大谷選手だが、打者としては7月上旬に復帰している。

復帰後すぐにホームランを放つなど、打者として活躍しているのだ。

8月3日には、10号2ランを放っており、2桁本塁打を達成している。

気になる怪我の治療についてだが、順調とみるのが一般的だろう。

状況が悪ければ、打者として復帰していないはずだ。

また、状況が悪化していれば、治療方法をトミー・ジョン手術に切り替えているだろう。

それをしないと言うことは、治療は順調と言えるだろう。

バッティングしても影響はない?

投手としての復帰をしていない大谷選手だけに、気になるのがバッティングをしても怪我に影響はないのかだ。

通常、右ひじの内側側副靱帯損傷の場合、損傷した状態のままではスイングすれば痛みを伴い、怪我にも影響するだろう。

しかし、大谷選手の場合、ある程度の損傷は回復していると思われる。

なぜなら、無理に復帰してバッティングさせれば、怪我に影響を及ぼすことぐらい、監督・コーチ陣もわかっている。

そのため、「大丈夫!」との判断があったから、打者として復帰されているはずだ。

そのため、バッティングしても怪我に影響しないぐらいまで、大谷選手の怪我の状況は治っている可能性が高い。

投手として復帰するのも近いのかもしれない。

大谷翔平選手の怪我の治療は順調だと思われる。

打者として復帰しており、打者として結果を出しているのだ。

怪我をしたまま出場し、活躍するのは難しい。

そのため、バッティングしても問題ないほどまでに、怪我の治療は順調なのではないだろうか。

そう考えれば、投手としての復帰も近いのかもしれない。

そろそろ、二刀流の大谷選手の復活が楽しめるのかもしれない。

今後の大谷選手に注目だ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 上原浩治の日本へ復帰希望に賛否両論!「メジャー以外は引退」発言が…
  2. 大谷翔平はホームランしか狙ってないって本当?バッティングについて…
  3. 錦織圭はジョコビッチに勝てるのか?勝つためのポイントを徹底検証!…
  4. 2018年夏の甲子園、優勝候補チームを予想してみた!
  5. 箱根駅伝2017出場校は?コース変更で勝敗予想にどう影響するか
  6. 角田信朗の性格は嫌われ者だった?松本人志との確執告白の真意は?
  7. 今井月がハーフでかわいいと話題に!母はフィリピン人との噂を検証し…
  8. 稀勢の里が怪我でまた休場!引退の可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP