LIFESTYLE

大人の発達障害って何?社会人になって気づくきっかけとは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

最近、子どもたちの成長過程で「発達障害」という言葉を多く聞くようになりました。

発達障害にはさまざまな症状があるようで、記憶力が乏しい場合もあればその逆に記憶力が優れすぎていることもありますが、記憶力が優れている分、会話の語彙に乏しいなど様々な障害をもたらしている場合もあるようです。

実はこの発達障害、子どもたちだけではなく大人になってから気づくこともあるのです。

その1 音に敏感

オフィスでいろいろ仕事をしていると様々な「音」が耳に入ってきます。

電話が鳴る音、コピー機が動いている音、人々が歩く音など様々な音がオフィスにはありますが、それらの音に感情に反応してしまって集中することができない場合、発達障害の可能性があります。

また、それらの音ではなく、ガラスがこすれあう音や金属音などだけに反応するタイプの人もいます。

音に過敏な性質は発達障害としてはよくある症状なので、仕事が手につかない状態にまでなってしまえば専門の病院を受診した方がよいかもしれません。

その2 記憶力が乏しい

大事なことを覚えることができなかったり、そのためにメモを取るのですが、メモを置いた場所を忘れてしまうような場合は「記憶力が乏しい」と考えてもいいでしょう。

発達障害の場合、自分の興味のあることは真剣に覚えるのでメモなどなくても覚えておけるのですが、自分にとって重要ではない情報の場合はしっかりと記憶することができない場合があるのです。

中にはスマホのボイスレコーダーを使ってでも忘れないようにしている人もいるようですが、ここまでになってしまうと発達障害ゆえの症状を疑ってもよいでしょう。

その3 特定の仕事が得意

普段はあまり仕事ができない人でも、資料を印刷して閉じることだけは得意とか、プレゼンテーションの時だけは緊張せずに話ができる人など、様々な性質の人がいます。

実は特定の仕事が得意な人は、発達障害の可能性があります。

発達障害とは言うものの、実は特定の能力が突出して成長している分、他の能力が劣って見えることもあり「障害」と呼ばれていることも多いのです。

逆に、特定の仕事がなぜか苦手、というような場合も発達障害を疑ってみてもいいかもしれません。

この時、他人と自分の能力を比べるのではなく、自分で自分を客観的に見て「なぜできないのだろう?」と振り返って考えてみるとよいかもしれませんね。

発達障害だからと自分を卑下するのではなく、自分の性質がどのようなものなのかを考えることをお勧めします。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 退屈しない年末年始の過ごし方!簡単にできる一工夫を紹介!
  2. 渋滞の原因は車間距離だった!GWは運転を少し変えてみよう
  3. 【地震の備え】これだけは用意しておくべき必需品4選!
  4. 台風23号が発生!本州への影響は?2018年異常な発生ペース!
  5. お餅を喉に詰まらせない食べ方とは?簡単口腔トレーニングで防げる!…
  6. 朝寝坊を防ぐ方法はある?効果てきめんの寝坊対策
  7. 台風21号の被害状況(2018年)をまとめてみた!
  8. 30代男性の平均貯金額はいくら?働く男子の懐事情を公開!

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP