SOCIAL

お年玉の相場はいくら?幼稚園児・小学生から高校生いつまであげる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

新年がスタートすると新年のご挨拶から始まるでしょう。子どもは新年のご挨拶よりも、お年玉が気になって仕方がないでしょう。大人からすればお年玉は、それなりの出費だ。そこで知っておきたいのがお年玉の相場だろう。そこで今回は、お年玉の相場について紹介していきたい。

お年玉の相場はいくら?

お年玉の相場は、子どもの年齢によって異なる。基本的には、赤ちゃんや乳児にもお年玉を渡すのが世間的には多い。ただし、お金を渡してもわからないため、赤ちゃんや乳児にはお年玉を渡さないで、おもちゃやお菓子屋を渡すという大人もいる。お年玉の相場は、幼稚園入園前だと500円~1,000円ほどであり、幼稚園児には1,000円~2,000円ほどとなっている。

さらに小学生になると、小学生低学年は1,000円~3,000円ほど、小学生高学年は3,000円~5,000円ほどがお年玉の相場だ。感覚的には「年齢×500円」というのがお年玉の相場となっているのである。さらに、中学生・高校生になると5,000円~10,000円ほどがお年玉の相場となっている。お年玉の相場から何人もお年玉を渡す子どもがいる場合、高い出費になるのがよくわかるだろう。

お年玉を渡す間柄やいつまであげる?

お年玉の問題のひとつが、どの間柄の子どもまであげればいいのかではないでしょうか。自分の子どもは当たり前ですが、親族にもお年玉を渡すのが一般的となっている。お年玉を渡す親族については、明確なルールなど存在していない。しかし、人間関係を考慮した場合、全員一律でないとトラブルになることがある。そのため、日頃から親密度が高く、お年玉を渡すべきだと思う間柄の親族には一律にお年玉を渡すべきだろう。

また、お年玉を渡す年齢については、さまざまな考え方がある。学生の間まで渡すパターンや高校生までというパターンがある。さらには、成人(20歳)になるまでや、自分がもらっていた年齢までなどだ。また、親族に関しては、自分の子どもがもらった年齢までお年玉を渡すという考え方もある。渡す間柄や年齢は正式に決まっているわけではない、家庭の考え方で決めればいいのではないだろうか。

大人にとって、新年のお年玉は地味に痛手である。とくに親戚の子どもが多いと、けっこうな金額がお年玉となってしまう。お年玉の相場をみていくと「年齢×500円」という感覚のようだ。また、中学生・高校成になると5,000円~10,000円と高額になっている。お年玉を渡す間柄や年齢については、それぞれの家庭で違っているようだ。自分の家庭で話し合ってルール作りをしてみてはどうでしょうか。

お年玉の使いみちは?男女別まとめ!
子ども達のお正月の楽しみと言えばお年玉だろう。 子どもからすれば、大金が入ったという感覚なのではないだろうか。 そこで気になるのが、現代の子どもはどんなお年玉の使い道をしているのかだろう。 今回は、男女別のお年玉の使い道について紹介していきたい。 お年玉の使い道は?男の子編 男の子の主なお年玉の使い道としては、「ゲーム機・ゲームソフト」が挙げられる。 現代の子どもの遊びは、ゲーム機を使用したものがメインだろう。 それだけに、ゲーム機・ゲームソフトに使用するのも納得だ。 ゲーム機・ゲームソフト業界も、お年玉を狙っていることだろう。 また、お年玉を「貯金する」という男の子も多い傾向がある。 現代の子どもは、小さい時から堅実で計画的にお金を使用しているのかもしれない。 厳しい現代社会において、小さい頃から計画的にお金を使えるのは良い傾向と考えることができる。 他にも、飲食物(お菓子・ジュース)やおもちゃ(ゲーム機以外)・漫画などがお年玉の使い道として上位にランクインする。 いずれも子どもらしい使い道と言えるだろう。 お年玉の使い道は?女の子編 女の子の主なお年玉の使い道といては、「貯金をする」が多く、男の子よりも貯金する傾向があるようだ。 女の子の方が堅実・慎重にお金を使っていることが窺える。 また、「文房具・雑貨」に使う女の子が多い。 女の子らしいお年玉の使い方と言えるだろう。 小さい頃から女の子は、オシャレや可愛いものに興味があるのだろう。 他には、飲食物(お菓子・ジュース)や書籍、漫画などでお年玉を使っているようだ。 男女間で大きく違うのは、ゲーム機・ゲームソフトが女の子では上位にランクインしないことである。 逆に、女の子は文房具や雑貨が上位にランクインする。 女の子としては、ゲーム機などで遊ぶことよりも、お気に入りの文房具や雑貨を手に入れることが優先順位は高いのだろう。 現代の子どものお年玉の使い道としては、男の子・女の子ともに「貯金する」が多い。 堅実で計画的にお金を使用する子どもが多いということだろう。 男の子は「ゲーム機・ゲームソフト」に使うことが多く、女の子は「文房具・雑貨」に使う子どもが多いようだ。 どちらも、男の子らしいし女の子らしいと言えるだろう。 他には男女ともに、飲食物(お菓子・ジュース)やおもちゃ、漫画などが上位にランクインする。
前澤社長からのお年玉100万円、選ばれる基準は?
ZOZOTOWNの前澤友作社長、年始早々にまた話題を振りまいてくれました。 自身のツイッターで「100万円を現金で100名にプレゼントする」とし、総額1億円のお年玉を送ると宣言したのです。 このツイートは瞬く間に拡散し、前澤社長のフォロワー数も爆発的に増加しています。 前澤社長のお年玉、100名の中に選ばれるにはどのような基準があるのでしょうか? お年玉の使い道を添え書きすれば可能性がアップする? 前澤社長の公式ツイートでは、今回の企画に応募するには当該ツイートをリツイートし、前澤社長をフォローすることとされています。 公式には「100万円をもらったらどう使う」などのコメントを添える必要はないのですが、リツイートの際に100万円の使い道を一言書いている人が多くなっています。 その他、前澤社長へのお礼の言葉や感謝の気持ちを表す言葉などを書きくわえているようですが、どのような効果があるのかは正直言って分かりません。 前澤社長の目的はフォロワー数の増加? 今回の「お年玉企画」は瞬く間に拡散し、「100万円もらえると自分なら何をするか」などをリツイート時に書きくわえてアピールするユーザーが殺到しています。 前澤社長のフォロワー数も、1月5日には50万人台だったのですが6日午前7時までに約130万人まで急増しているぐらいです。 ネット上では「秒単位でフォロワー数が増えている」とか「1億円を現金で配るなんて夢がある」など、企画に好意的な声があがっています。 前澤社長のお金の使い方が豪快なのは既に知られているところですが、今回の目的はフォロワー数の増加にあったのではないかと見る人もいるぐらいです。 自身のイメージアップを図っている前澤社長 前澤社長と言えば、月旅行の予約や女優の剛力彩芽さんとの交際、プロ野球球団の設立など様々な話題を振りまいていますが、同時にイメージダウンを招いているのも事実です。 お金があることをひけらかしているように思われてしまう部分もあるのでしょうが、前澤社長にすれば自身のイメージダウンは本業のZOZOTOWNの収益にも影響を及ぼすことは分かっているはずです。 つまり、今回のお年玉企画は自身のイメージアップ、しいてはZOZOTOWNのイメージ回復を図っているとも考えられます。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 宮本茶屋の脱税が今までバレなかった理由とは?
  2. 岡口基一のtwitter画像がヤバイ!裁判官が口頭注意を受けた理…
  3. 国保の保険料上限がまた引き上げ!いったいどこまで上がる?
  4. 都議選2017の投票日は?期日前投票は何日間できる?
  5. ゆうパック置き配の安全面に問題はない?保証はしっかりしているのか…
  6. 【2018 レジャープール】カップルで行きたい関東地方のおすすめ…
  7. ホクレンがバター品薄の元凶と部長自ら暴露し炎上!経緯のまとめ
  8. 「保育園落ちた日本しね」の批判的に見るべきポイント2つ

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を
  2. メーカー就活必勝法
  3. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP