SOCIAL

オウム死刑囚を全国各地に移送する裏事情とは?

オウム真理教関連の裁判は、2018年1月にすべて終結している。オウム真理教で死刑が確定しているのは13人だ。

オウム死刑囚は東京拘置所に収容されていた。しかし、死刑囚のうち7人を他の拘置所への移送を始めたことがわかった。

オウム死刑囚を全国各地に移送する裏事情とは何だろうか。

オウム死刑囚が全国各地に移送

オウム真理教が行った一連の事件の裁判はすべて終結している。そして、13人の死刑が確定しているのだが、いずれも東京拘置所に収容されていた。

しかし、3月14日の早朝に、7人が全国5カ所の他の拘置所に移送されたことがわかった。いずれの拘置所も、死刑執行が可能な施設となっている。

死刑執行が可能な拘置所は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7つの拘置所である。今回移送されたのは、中川智正・新実智光・林泰男・早川紀代秀・井上嘉浩・岡崎一明・横山真人の7人の死刑囚とのことだ。

この移送から、オウム真理教関連の死刑囚らの死刑執行の検討が本格化していることが窺える。

オウム死刑囚が移送される裏事情とは?

オウム死刑囚が全国各地に移送される事情としては、同一事件で刑が確定した人物は同じ拘置所に収容しないという原則に基づいたものだ。

オウム真理教関連の裁判が終結したことから、裁判所に出廷する必要がなくなり、原則に従い移送されたとのことである。また、オウム死刑囚を各地に移送したのには、他にも裏事情があるようだ。

裏事情としては、死刑執行が挙げられる。法務省では、オウム死刑囚の死刑執行はできるだけ近いタイミングで行いたいとの意向があるようだ。しかし、1つの施設で一度に大勢の死刑執行はできない。

そのため、複数の死刑執行をすることができるように、死刑執行ができる全国各地の拘置所に移送したとみられるのだ。もちろん、移送したからすぐに死刑執行とはならないだろう。

しかし、着々とオウム死刑囚の死刑執行は近づいているのではないだろうか。

オウム死刑囚は13人いるのだが、7人の死刑囚が全国各地の拘置所に移送されたとのことである。原則、同一事件で刑が確定した人物は同じ拘置所に収容しないことになっている。

そのため、移送されたとのことであるが、そこには裏事情も隠されているようだ。裏事情としては、オウム死刑囚の死刑執行についてだ。

オウム死刑囚の死刑執行はできるだけ同じタイミングにしたいとのことであり、複数の死刑執行ができるように移送したようである。今後の死刑執行の動きに注目しておくべきだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 聖カタリナ学園高校は安全なのか?またも教師セクハラ問題で問われる…
  2. ドゥテルテ大統領が親日の理由は?なぜ日本には暴言を吐かないのか
  3. 籠池泰典の証人喚問の日時・時間はいつ?与党の反対議員が恐れる最悪…
  4. 山本幸三に失言スキャンダル!学芸員ガン発言で土下座を求める声も
  5. ヒラリー・クリントン宇宙人説?時折見せる「闇」が話題に
  6. ユナイテッド航空オーバーブッキング炎上騒動の真相…乗客に非があっ…
  7. 大口病院の犯人は誰か?看護師犯人説が濃厚か
  8. 安倍昭恵と高樹沙耶の関係は?逮捕の噂も浮上するやりたい放題のファ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP