ENTERTAINMENT

山Pが音楽活動を再開!全国ツアーの会場予想!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

ジャニーズアイドルの山Pこと山下智久さんがついに音楽活動を再開しました!

ソロとしてのツアーは2016年12月以来のことですから、1年半ぶりということになりますね。

今回は、山Pの全国ツアーの会場を、これまでのソロツアーの履歴から予想してみたいと思います!

過去に山Pがソロツアーで訪れた会場は?

山Pのソロツアーで過去に訪れた会場は以下です。

2011年(1/29~5/29:9公演)
香港・ハイテック・スターホール、名古屋・日本ガイシスポーツプラザ、大阪城ホール、
マリンメッセ福岡、KBS88体育館、バンコクサンダードーム、東京・国立代々木競技場、台湾大学体育館、北海道立総合体育センター(北海きたえーる)、

2012年(7/28~8/29:6公演)
大阪城ホール、横浜アリーナ、マリンメッセ福岡、北海道立総合体育センター(北海きたえーる)、名古屋・日本ガイシスポーツプラザ、東京・国立代々木競技場

2013年(10/5~12/19:21公演)
長崎ブリックホール、福岡サンパレス、岐阜・長良川国際会議場、広島文化学園HBGホール、岡山・倉敷市民会館、三重・四日市市文化会館、香川アルファあなぶきホール、札幌・ニトリ文化ホール、静岡・アクトシティ浜松、神戸国際会館こくさいホール、福島・郡山市民文化センター、仙台サンプラザホール、長野・ホクト文化ホール、石川・本多の森ホール、新潟県民会館、富山・オーバード・ホール、和歌山県民文化会館、大阪城ホール、名古屋・日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール、東京・国立代々木競技場 第一体育館

2016年(6/9~8/31:9公演)
神奈川県民ホール、埼玉・大宮ソニックシティホール、東京国際フォーラム
ロームシアター京都、名古屋国際会議場センチュリーホール、大阪国際会議場
福井・フェニックス・プラザ、広島文化学園、札幌ニトリ文化ホール
福岡サンパレスホール、神戸国際会館、静岡市民文化会館、仙台サンプラザホール

徐々に収容人数が多い会場でコンサートを行っていることがわかります。

また、日本全国をまんべんなく回っていることも特徴ですね。

過去に2回以上訪れている会場は、「東京・国立競技場」、「大阪城ホール」、「名古屋・日本ガイシプラザ」、「マリンメッセ福岡」、「福岡サンパレス」、「札幌ニトリホール」、「北海道立総合体育センター」、「神戸国際会館」、「仙台サンプラザ」です。

山Pが今回のコンサートツアーで訪れそうな会場は?

山Pがコンサートで訪れる可能性のある会場のヒントは全部で2つあります。

その3つとは、「政令指定都市を中心に回る」、「山下を追っかけてると、面白いことしてくれるなという所」です。

最後の「山下を追っかけてると、面白いことしてくれるなという所」というのは、新聞の取材で発言した内容です。

これまで行ったことがない県に訪れる可能性が高いです。

政令指定都市は、札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡は必ず回りそうです。

2年ぶりとなるツアーということもあり、全国の主要都市でコンサートを行うのは間違いないでしょう。

ツアー日程が発表されていませんが、報道では「9月から」という風に発表されています。

年をまたいでツアーを行うのは考えにくいため(年越しのジャニーズカウントダウンライブには100%出演していることもあり)、12月下旬までの3ヶ月弱程度の日程で回ると思われます。

過去の3ヶ月弱のツアーでは2013年の21公演という記録があります。

途中でドラマ撮影などのスケジュールが入れば、どうなるかわかりませんが、シルバーウィーク期間も含むと、21公演以上になる可能性もあります。

山Pといえばドラマ「コード・ブルー」を熱演していたのは記憶に新しいですが、音楽に対する情熱も強いことで有名です。

今回発表されたツアーで、訪れたことのない、北東北、北関東、中国地方、南九州・沖縄に行く可能性は高いでしょう。

海外も1~2公演はするのではないかと思われます。

海外だとまだコンサートをしたことがない「韓国」、「中国」の可能性もあります。

どちらにせよ、これからの山Pの情報からは目が離せませんね。

山P自身も言っていましたが、「山下を追っかけてると、面白いことしてくれるなという所」はもしかしたら、日本全国のライブハウス巡りというサプライズを起こす可能性も無くはないです。

まずパニックになるでしょうが、そんなロックな山Pも見てみたいと思うのは私だけではないはず。

今後の情報に注目していきましょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. キンコン西野の絵本の評価は?パクリとの疑惑もあるが真相は?
  2. 坂口杏里2016年現在の借金総額は?ホストにハマる女の心理とは
  3. 近藤岳登がR-1にチャレンジした理由は何?
  4. 香取慎吾引退はうつが理由?木村拓哉との不仲が引き起こした悲劇
  5. 高畑裕太ハニートラップ説は弁護士の印象操作?示談するのは金目的で…
  6. 都知事選を予想!最新世論調査は小池・鳥越・増田の混戦か
  7. 澁谷恭正のFacebook画像は存在する?家族の存在も明らかに
  8. ドン・キホーテがPPIHに社名変更!各地の店名はPPIHに変わる…

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP