LIFESTYLE

忘年会の翌朝、飲酒運転にならないために!アルコールが完全に抜ける時間まとめ!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

年末は忘年会の時期であり、飲み会が多い時期だろう。

忘年会参加者の中には、忘年会後は車やネットカフェで時間を潰し、翌朝運転して帰宅する方もいるはずだ。

しかし、時間を間違えると飲酒運転になってしまう可能性がある。

そこで今回は、アルコールが完全に抜ける時間を紹介していきたい。

アルコールが完全に抜ける時間について!

アルコールが完全に抜けるまでの時間についてだが、これは様々な要因によって異なってくる。

まず、どれくらいアルコールを飲んだのかによって違う。

基本的に、アルコール摂取量が多いほど、アルコールが完全に抜けるまで時間がかかるようになっている。

また、アルコールを摂取した人物の身長や体重、さらにお酒の分解能力によって違ってくるのだ。

さらに、体調や睡眠なども関わっており、アルコールが完全に抜ける時間については、単純計算をすることができないのである。

そのため、この後にアルコールが完全に抜ける時間について紹介していくが、あくまで参考程度にして、完全にアルコールが抜けてから運転するようにするべきだ。

アルコールが完全に抜ける時間のまとめ!

アルコールが完全に抜ける時間は、計算することが可能となっている。

まず、「①身体が1時間に分解できるアルコール量」は、【体重(㎏)×0.1】だ。

また、「②飲んだ純アルコールの量」は、【[アルコール度数÷100]×量(ml)×0.8(アルコール比重)】となっている。

そして、【②÷①】が「飲んだアルコールの消化時間」となっているのだ。

やや面倒くさい計算だが、アルコールが抜ける時間を知りたいなら、計算するのがいいだろう。

ただし、先ほど紹介したように、アルコールが完全に抜ける時間は、様々な要因が絡まっており、この計算が完璧なわけではない。

そのため、あくまでも計算した時間を参考にして、それ以上の時間が経過してから運転するべきだろう。

年末に飲酒運転で捕まるようにしてください。

年末は忘年会が多く、遅くまで飲んでから、翌朝車を運転するケースがある。

しかし、場合によっては、アルコールが完全に抜けておらず、飲酒運転になる可能性がある。

そこで、今回紹介した計算を利用して、完全にアルコールが抜けてから運転するべきだ。

また、計算は完璧ではなく、アルコールが完全に抜ける時間には不確定要素も含まれている。

そのため、あくまで計算は参考にして、余裕を持ってアルコールが完全に抜けてから運転するようにしてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. マンネリ解消!30代前半の妻が喜ぶクリスマスプレゼント4選!
  2. 避難時に持っておきたい物リスト。最低限持っておきたい物は?
  3. 2016年冬のボーナスの見通しは?アベノミクスの効果は出たのか
  4. 社会人必見!貯金0円からでもOK、効率よく貯金する方法。
  5. ガソリンの値段が高騰してしまう理由は何?
  6. 50代男性の平均年収はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  7. 赤ちゃんの猛暑対策は必須!お出かけ時に気をつけるべきポイント4点…
  8. 小林麻央の余命が末期か?9月のブログから見る進行状況

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP