LIFESTYLE

忘年会の翌朝、飲酒運転にならないために!アルコールが完全に抜ける時間まとめ!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

年末は忘年会の時期であり、飲み会が多い時期だろう。

忘年会参加者の中には、忘年会後は車やネットカフェで時間を潰し、翌朝運転して帰宅する方もいるはずだ。

しかし、時間を間違えると飲酒運転になってしまう可能性がある。

そこで今回は、アルコールが完全に抜ける時間を紹介していきたい。

アルコールが完全に抜ける時間について!

アルコールが完全に抜けるまでの時間についてだが、これは様々な要因によって異なってくる。

まず、どれくらいアルコールを飲んだのかによって違う。

基本的に、アルコール摂取量が多いほど、アルコールが完全に抜けるまで時間がかかるようになっている。

また、アルコールを摂取した人物の身長や体重、さらにお酒の分解能力によって違ってくるのだ。

さらに、体調や睡眠なども関わっており、アルコールが完全に抜ける時間については、単純計算をすることができないのである。

そのため、この後にアルコールが完全に抜ける時間について紹介していくが、あくまで参考程度にして、完全にアルコールが抜けてから運転するようにするべきだ。

アルコールが完全に抜ける時間のまとめ!

アルコールが完全に抜ける時間は、計算することが可能となっている。

まず、「①身体が1時間に分解できるアルコール量」は、【体重(㎏)×0.1】だ。

また、「②飲んだ純アルコールの量」は、【[アルコール度数÷100]×量(ml)×0.8(アルコール比重)】となっている。

そして、【②÷①】が「飲んだアルコールの消化時間」となっているのだ。

やや面倒くさい計算だが、アルコールが抜ける時間を知りたいなら、計算するのがいいだろう。

ただし、先ほど紹介したように、アルコールが完全に抜ける時間は、様々な要因が絡まっており、この計算が完璧なわけではない。

そのため、あくまでも計算した時間を参考にして、それ以上の時間が経過してから運転するべきだろう。

年末に飲酒運転で捕まるようにしてください。

年末は忘年会が多く、遅くまで飲んでから、翌朝車を運転するケースがある。

しかし、場合によっては、アルコールが完全に抜けておらず、飲酒運転になる可能性がある。

そこで、今回紹介した計算を利用して、完全にアルコールが抜けてから運転するべきだ。

また、計算は完璧ではなく、アルコールが完全に抜ける時間には不確定要素も含まれている。

そのため、あくまで計算は参考にして、余裕を持ってアルコールが完全に抜けてから運転するようにしてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 20代男性の平均貯金額はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  2. 【2018 レジャープール】カップルで行きたい関東地方のおすすめ…
  3. あなたの不動産は、いくらの価値がある?サクッとカンタンに調べられ…
  4. 稲垣えみ子が朝日新聞をやめた理由とは?超節電生活に注目が集まる
  5. 渋滞の原因は車間距離だった!GWは運転を少し変えてみよう
  6. 地震の震源地は深さで危険度は変わるの?「浅い」と「深い」どっちが…
  7. それ違反かも?違反ふるさと納税を選ぶとどうなる?
  8. Tレグ細胞がアレルギーにきく?たけしのみんなの医学で紹介の新事実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP