SOCIAL

朴鐘顕のプロフィールは?進撃の巨人担当とは本当か?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

講談社編集次長である朴鐘顕容疑者が、10日に妻の殺害容疑で逮捕された。

これを受け、朴容疑者が編集者内で鬼才と呼ばれる実績の持ち主であることや、韓国籍保有者でありながら通名報道されなかったことなどが話題を呼んでいるようだ。

またこれまでに手掛けた作品に日本でも著名なタイトルが並ぶことから、どの制作に携わったのか気にする声も聞こえてきた。

一説では進撃の巨人を担当していたという噂も聞こえてきたが、本当なのだろうか。朴容疑者の経歴とともに追ってみよう。

国籍が報道された朴容疑者、そのプロフィールは?

近年外国人犯罪の増加により、在日特権が適用され通名報道されることに批判が高まっていたが、朴容疑者が国籍を明らかにしたうえで実名報道されたことに関心が向けられているようだ。

そんな朴容疑者は、日本でどのように生活していたのか、プロフィールを調べてみた。

本名は朴鐘顕(パクチョンヒン)、現在41歳。京都大学卒業後、1999年に講談社へ入社した。

初は週刊少年マガジンの編集を担当していたが、2009年には別冊少年マガジンの創刊を手掛け班長をつとめ、2016年にモーニング編集次長へと昇進するという目覚ましい出世を遂げていた。

その敏腕ぶりから”鬼才”と称されることもあり、厳しすぎる仕事ぶりから冷たい印象を受けたという声も上がっているが、反面妻には頭が上がらなかったという。

しかしその妻とは子どもの教育について意見が食い違うことが多く、それが今回の事件に繋がったと見られているようだ。

担当作品に「進撃の巨人」?その真偽は

調べてみたところ朴容疑者は直接「進撃の巨人」の担当となったことはないが、その掲載誌である別冊少年マガジンの創刊スタッフであったことから分かった。

当時まだ無名であった諌山創先生を見出したことから”「進撃の巨人」の生みの親”と言われることもあったようだ。

また編集担当時代に少年マガジンで連載されていた「GTO」を担当していたことから、これが混同に繋がったのではないだろうか。

しかし「GTO」もまた若者の間で根強い人気を誇り名作として知られるだけに、朴容疑者がどれだけの作品に関わってきたかがうかがえる。

この他にも「七つの大罪」や「聲の形」の発行に携わっており、特に「聲の形」は聴覚障害といじめという難しいテーマを扱うことから関係各所に理解を求めるなど尽力していたようだ。

何度も素晴らしい漫画を世に送り出していただけに、事件による損失はおおきなものとなりそうである。

まだ供述がはっきりしておらず詳細が不明な点も多い今回の事件、早く解明が進むことを期待したい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 平成31年貨幣セットはプレミアがつく?買っておいて損はない?
  2. 東名・あおり運転での裁判、無罪の可能性があるって本当?
  3. 20代の住宅ローン借り入れ額の平均はどれくらい?
  4. 日産自動車の不祥事。排ガス検査の改ざんが無くならない理由とは?
  5. 渋谷すばるの脱退日はいつ?関ジャニの6人体制はいつからになる?
  6. 橋詰功新監督は日大アメフト部を変えることができる?手腕は期待でき…
  7. 安倍首相の韓国無視の本当の意味は?
  8. 蓮舫の怪文書とは?代表就任直後に出た爆弾

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. メーカー就活必勝法
  3. パイオニア上場廃止で影響は?
  4. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP