LIFESTYLE

ペットも熱中症対策が必要!気をつけるべきポイント4選!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

夏の猛暑は、熱中症対策が必要だ。

しかし、熱中症対策が必要なのは人間だけじゃない。

ペットも家族の一員であり、熱中症対策が必要となっているのだ。

そこで今回は、ペットの熱中症対策で気をつけるポイントを紹介していきたい。

ペットの熱中症対策で気をつけるポイント・前編

・風通しの良いスペースを確保
ペットの熱中症対策としては、まずは風通しの良いスペースを確保することがポイントとなっている。

室内・室外問わず、風通しの良いスペースを確保しておくことによって、熱中症対策となるのだ。

屋外なら、日陰で風通しが良いスペースがベストとなっている。

できるだけ直射日光を避けることができ、風通しの良い環境を作るようにして、ペットの熱中症対策をしてください。

・水分補給ができるよう環境にしておく
熱中症対策としては、水分補給ができる環境にしておくことも気をつけるポイントだ。

水分補給ができないと、熱中症となるリスクが高まってしまう。

そのため、ペットが自由に水分補給をできる環境にしておくべきなのだ。

また、屋外にペットを連れだすときにも、定期的に水分補給するなど工夫することで、ペットの熱中症対策をすることができるのである。

ペットの熱中症対策の気をつけるポイント・後編

・身体を冷やす
ペットの身体を冷やすことは、熱中症対策として有効となっている。

ペットの身体を冷やすときには、凍ったペットボトルを布で包んだり、保冷剤を使用したりするのがおすすめだ。

ペットの身体を冷やすときには、首もとや脇などの部分が冷やすのがポイントとなっている。

・エアコンの温度調節
室内で飼っているペットも熱中症になることがある。

そのため、室内のペットも熱中症対策をするべきだ。

そこでおすすめなのが、エアコンを使用して温度調節をすることである。

エアコンでの温度調節で気をつけるポイントは、室外との温度差をつけ過ぎないことだ。

一般的に、エアコン温度は外の気温と5℃くらいの差なら、体に負担がかからないとされている。

ペットの負担にならないように、必要以上に温度差をつけ過ぎないことがポイントだ。

猛暑が厳しいが、人間だけでなくペットの熱中症対策も重要である。

ペットも家族の一員であり、元気に過ごせるようにサポートするべきだ。

そこで今回紹介したポイントに注意し、ペットの熱中症対策をするべきである。

そして、この夏もペットと一緒に猛暑を乗り越えましょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 台風3号2017年たまごの進路予想は?関東への上陸はあり得るか?…
  2. 台風16号米軍進路予想の最新は?シルバーウィークでどこに直撃?
  3. 栗原敏勝の動機は?宇都宮爆破事件の闇が深すぎる・・・
  4. 台風28号の進路は?本州への影響はある?
  5. あおり運転で事故を起こしたら殺人未遂になる可能性がある?
  6. 高畑裕太の示談金額はいくら?不起訴無罪の価値とは?
  7. 20年後に無くなる可能性の高い職種は?ホテルや飲食も赤信号!
  8. 自衛官があおり運転で逮捕!なぜあおり運転は多発しているのか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. パイオニア上場廃止で影響は?
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

  1. パイオニア上場廃止で影響は?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP