LIFESTYLE

ペットも熱中症対策が必要!気をつけるべきポイント4選!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

夏の猛暑は、熱中症対策が必要だ。

しかし、熱中症対策が必要なのは人間だけじゃない。

ペットも家族の一員であり、熱中症対策が必要となっているのだ。

そこで今回は、ペットの熱中症対策で気をつけるポイントを紹介していきたい。

ペットの熱中症対策で気をつけるポイント・前編

・風通しの良いスペースを確保
ペットの熱中症対策としては、まずは風通しの良いスペースを確保することがポイントとなっている。

室内・室外問わず、風通しの良いスペースを確保しておくことによって、熱中症対策となるのだ。

屋外なら、日陰で風通しが良いスペースがベストとなっている。

できるだけ直射日光を避けることができ、風通しの良い環境を作るようにして、ペットの熱中症対策をしてください。

・水分補給ができるよう環境にしておく
熱中症対策としては、水分補給ができる環境にしておくことも気をつけるポイントだ。

水分補給ができないと、熱中症となるリスクが高まってしまう。

そのため、ペットが自由に水分補給をできる環境にしておくべきなのだ。

また、屋外にペットを連れだすときにも、定期的に水分補給するなど工夫することで、ペットの熱中症対策をすることができるのである。

ペットの熱中症対策の気をつけるポイント・後編

・身体を冷やす
ペットの身体を冷やすことは、熱中症対策として有効となっている。

ペットの身体を冷やすときには、凍ったペットボトルを布で包んだり、保冷剤を使用したりするのがおすすめだ。

ペットの身体を冷やすときには、首もとや脇などの部分が冷やすのがポイントとなっている。

・エアコンの温度調節
室内で飼っているペットも熱中症になることがある。

そのため、室内のペットも熱中症対策をするべきだ。

そこでおすすめなのが、エアコンを使用して温度調節をすることである。

エアコンでの温度調節で気をつけるポイントは、室外との温度差をつけ過ぎないことだ。

一般的に、エアコン温度は外の気温と5℃くらいの差なら、体に負担がかからないとされている。

ペットの負担にならないように、必要以上に温度差をつけ過ぎないことがポイントだ。

猛暑が厳しいが、人間だけでなくペットの熱中症対策も重要である。

ペットも家族の一員であり、元気に過ごせるようにサポートするべきだ。

そこで今回紹介したポイントに注意し、ペットの熱中症対策をするべきである。

そして、この夏もペットと一緒に猛暑を乗り越えましょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 成宮寛貴の逮捕はいつ?コカイン吸引がフライデーで暴露!
  2. マクロン大統領で日本経済への影響はどうなる?
  3. 【欅坂46】志田愛佳の活動停止理由は病気?彼氏?ウワサを徹底的に…
  4. 谷亮子都知事選は出馬せず、自民党へ鞍替えし選挙当選への執念を見せ…
  5. 慶応の動画拡散は加害者側がワザと流していたことが判明!そのワケが…
  6. 岡山・広島・山口を繋ぐ山陽本線の復旧見込みはいつ頃?
  7. 台風18号2016最新進路!米軍とヨーロッパの比較は?
  8. 地震が起こらない県ってって存在するの?気になったので調べてみた!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP