未分類

パイロット飲酒検査が義務化!呼気1Lあたり0.09mgってお酒換算でどれくらい?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

パイロットによる飲酒問題が相次いだことで、国土交通省は乗務前に飲酒検査を義務化することを決めた。

基準は、呼気1Lあたり0.09㎎とのことである。

この基準は、お酒換算ではどのくらいなのだろうか。

パイロット飲酒検査が義務化!

国土交通省は、パイロット飲酒検査を義務化させることがわかった。

現在、日本ではパイロットのアルコール基準や検査の義務はない。

各航空会社に対策を委ねていたわけだが、パイロットの飲酒問題が相次いで発覚してしまった。

そのため、国土交通省はパイロットが乗務前にアルコール検知器で飲酒検査を行なうことの義務化を決定したのだ。

基準値は、呼気1Lあたり0.09㎎となっている。

車や鉄道、船舶での基準値は呼気1Lあたり0.15㎎であり、パイロットの基準はそれらよりも厳しいものとなった。

これは、相次いだパイロットの飲酒問題を重く受け止めているのだろう。

ちなみに、基準値以上のアルコールが検知された場合、そのパイロットは乗務を禁止するとのことだ。

呼気1Lあたり0.09㎎ってお酒換算でどれくらい?

パイロットの飲酒検査の義務化では、基準値が呼気1Lあたり0.09㎎となったわけだが、気になるのがお酒換算するとどれくらいなのかだ。

実は、「ビールの中瓶1本」「日本酒1合」「焼酎0.6合」のどれかを1つを摂取した場合、血中アルコール濃度は0.02~0.04%となる。

そしてこれは、呼気1Lあたりのアルコール量に換算すると、0.1~0.2㎎に相当するのだ。

つまり、これらのどれか1つを飲むだけで、余裕で基準値を超えてしまうのである。

とは言え、どんなパイロットも直前に飲酒するようなことはないだろう。

前日に摂取したアルコールが残っていた、というケースが多いはずである。

それでも、呼気1Lあたり0.09㎎の基準値はとても厳しい。

より安全に飛行機が利用できるように、パイロットにはしっかりと基準値を守って操縦してもらいたい。

パイロットの飲酒問題が相次いだことで、国土交通省はパイロットの飲酒検査を義務化することがわかった。

基準値は、呼気1Lあたり0.09㎎となっている。

これは、車や鉄道、船舶などよりも厳しい基準だ。

より安全に飛行機を利用するためには、これくらい厳しい方がいいだろう。

「ビールの中瓶1本」「日本酒1合」「焼酎0.6合」のいずれかの摂取で、呼気1Lあたり0.1~0.2㎎に相当する。

つまり、呼気1Lあたり0.09㎎をお酒に換算する場合、とても少量になるのだ。

いずれにしても、できた基準をしっかりと守り、安全に飛行機を操縦してもらいたい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕!その罪状は何?
  2. 【2017年〜2018年】ガキ使のテーマは?
  3. 日経平均株価が回復するのはいつ頃?2019年の株を先読み
  4. メルカリが宇宙事業に参入した理由をわかりやすくまとめてみた!
  5. 自民総裁選で石破氏の勝率はどれくらい?
  6. 最も残業が多い業種は何?年2000時間の残業も?
  7. 吉野家が15億円の経営赤字。原因は何?
  8. 龍円愛梨 ダウン症の兆候を医師が見逃していた!議員になるまでの活…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP