未分類

パイロット飲酒検査が義務化!呼気1Lあたり0.09mgってお酒換算でどれくらい?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

パイロットによる飲酒問題が相次いだことで、国土交通省は乗務前に飲酒検査を義務化することを決めた。

基準は、呼気1Lあたり0.09㎎とのことである。

この基準は、お酒換算ではどのくらいなのだろうか。

パイロット飲酒検査が義務化!

国土交通省は、パイロット飲酒検査を義務化させることがわかった。

現在、日本ではパイロットのアルコール基準や検査の義務はない。

各航空会社に対策を委ねていたわけだが、パイロットの飲酒問題が相次いで発覚してしまった。

そのため、国土交通省はパイロットが乗務前にアルコール検知器で飲酒検査を行なうことの義務化を決定したのだ。

基準値は、呼気1Lあたり0.09㎎となっている。

車や鉄道、船舶での基準値は呼気1Lあたり0.15㎎であり、パイロットの基準はそれらよりも厳しいものとなった。

これは、相次いだパイロットの飲酒問題を重く受け止めているのだろう。

ちなみに、基準値以上のアルコールが検知された場合、そのパイロットは乗務を禁止するとのことだ。

呼気1Lあたり0.09㎎ってお酒換算でどれくらい?

パイロットの飲酒検査の義務化では、基準値が呼気1Lあたり0.09㎎となったわけだが、気になるのがお酒換算するとどれくらいなのかだ。

実は、「ビールの中瓶1本」「日本酒1合」「焼酎0.6合」のどれかを1つを摂取した場合、血中アルコール濃度は0.02~0.04%となる。

そしてこれは、呼気1Lあたりのアルコール量に換算すると、0.1~0.2㎎に相当するのだ。

つまり、これらのどれか1つを飲むだけで、余裕で基準値を超えてしまうのである。

とは言え、どんなパイロットも直前に飲酒するようなことはないだろう。

前日に摂取したアルコールが残っていた、というケースが多いはずである。

それでも、呼気1Lあたり0.09㎎の基準値はとても厳しい。

より安全に飛行機が利用できるように、パイロットにはしっかりと基準値を守って操縦してもらいたい。

パイロットの飲酒問題が相次いだことで、国土交通省はパイロットの飲酒検査を義務化することがわかった。

基準値は、呼気1Lあたり0.09㎎となっている。

これは、車や鉄道、船舶などよりも厳しい基準だ。

より安全に飛行機を利用するためには、これくらい厳しい方がいいだろう。

「ビールの中瓶1本」「日本酒1合」「焼酎0.6合」のいずれかの摂取で、呼気1Lあたり0.1~0.2㎎に相当する。

つまり、呼気1Lあたり0.09㎎をお酒に換算する場合、とても少量になるのだ。

いずれにしても、できた基準をしっかりと守り、安全に飛行機を操縦してもらいたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 【2017年〜2018年】ガキ使のテーマは?
  2. 龍円愛梨 ダウン症の兆候を医師が見逃していた!議員になるまでの活…
  3. 松居一代がおかしい!ブログで舌出しパジャマ姿を晒す...
  4. いじられキャラを脱出する方法!これ以上イジられたくない人必見!
  5. 日経平均株価はどこまで回復する?2019年の株価予想
  6. 10連休のGWに行きたい!人が少ないインスタ映えスポットまとめ
  7. 最も残業が多い業種は何?年2000時間の残業も?
  8. 日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕!その罪状は何?

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP