SPORTS

W杯決勝のPK判定は妥当か?VARについて著者の意見を述べてみた!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2018年のロシアW杯は、フランスの優勝で幕を閉じた。

しかし、決勝でのVARによるPK判定が議論となっている。

このPK判定により、フランスはPKを与えられ、グリーズマンが冷静に決めた。

果たして、このPK判定は妥当だったのだろうか。

今回は、VARについて意見を述べていきたい。

W杯決勝のPK判定は妥当か?

ロシアW杯は、フランスがクロアチアを4-2で下し、2度目の世界一を勝ち取った。

しかし、W杯決勝で行われたVARでのPK判定によって物議を醸している。

前半34分に1-1の状況でフランスのCKで、クロアチアのペリシッチの手に当たってゴールラインを割った。

レフェリーはハンドを取らなかったがフランス側が抗議し、VARによって判定されることになった。

その結果、ハンドとの判定となり、PKがフランスに与えられたのだ。

ペリシッチのハンドは、「故意」であるようには見えない。

そのため、PKは厳しい判定ではとの意見があるのだ。

実際に、元イングランド代表のリオ・ファーディナンド氏は「フランスのPKは誤った判定だったと思う」と述べている。

また、元スペイン代表のカシージャスも「あれはPKではないと思う」と語っているのだ。

VARについて筆者の意見を述べてみた!

W杯決勝のPK判定については、致し方ないのではないかと筆者は思っている。

確かに、ペリシッチのハンドを「故意」だと断定するのは難しい。

しかし、仮にあそこで「ハンドではない」と判定していたらどうなっていただろうか。

その場合、今度は「クロアチアに有利な判定だった」とされてしまうだろう。

つまり、あの時点でVARがどちらの判定をしても、物議を醸していたのである。

それならば、そのときのVARの判定を支持するべきなのではないだろうか。

また、VARについては改善すべき点が多々あるだろう。

例えば、判定の範囲や質などが改善の余地があると考えられる。

とくにVARでの判定の質については、一定ではなかったと感じるのだ。

同じようなシチュエーションで異なる判定となることもあった。

そのため、VARの判定の質が等しくなるようにする必要があるのではないだろうか。

ロシアW杯は、フランスの優勝で幕を閉じた。

しかし、VARでのPK判定によって、物議を醸している。

PK判定となったペリシッチのハンドについて議論となっているのだ。

筆者としては、どちらでもおかしくないと思う。

そして、それならばVARでの判定を支持したい。

今後もVARは運用されることだろう。

しかし、改善の余地が多々あるため、徐々に改善して運用していってほしい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 真野恵里菜と柴崎岳が結婚?似てると噂の二人の馴れ初めは?
  2. 金本知憲監督が辞任。時期監督は誰になる?
  3. 【2018 マラソン大会】関東で初心者が参加しやすい夏のオススメ…
  4. 横綱が休場しても降格のない理由を徹底的に調べてみた!
  5. 巨人が優勝すれば高橋監督の辞任は取り消しになる?
  6. 大阪なおみを苦しめたウイルス性疾患とは?
  7. セレーナが会見を拒否した理由は?1番濃厚な理由はコレ!
  8. 2018年夏の甲子園、優勝候補チームを予想してみた!

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP