ENTERTAINMENT

吉岡里帆の自己分析が話題に!華はなくても素晴らしい◯◯を持つ注目女優

今、飛ぶ鳥を落とす勢いでブレイク中の吉岡里帆が、コンフィデンスアワード・ドラマ賞の新人賞を受賞した際に語った自己分析が話題になっている。

CMやドラマに引っ張りだこで、ここ最近知名度が急上昇している吉岡里帆だが、自分自身を「役者として華がない」と語っているようだ。

吉岡里帆ファンの筆者としては、そこについてどうしても一言申して置きたく、今回の記事を書いた。

吉岡里帆は本当に華がないか?

吉岡里帆は、この2年の間に約10本の映画、約20本のドラマに出演している。特にNHKの連続テレビ小説「あさがきた」では多くの国民が吉岡里帆の虜になった。

吉岡里帆は生粋の役者だ。大学時代から演劇活動にのめり込み、役者の道を志していた。オーディションの最終選考で落ちることが多く、この頃に自分には華がないという感覚を持ったのかもしれない。

彼女の転機は、グラビアだった。もともとスタイルがよく、本人もそのことは自覚をしていたようだ。しかし、家族などからは反対を受けていたという。吉岡里帆は極めて合理的に「もってうまれたスタイルを使って注目が集まって、役者としての仕事が増えればいい」と判断し、グラビア撮影に応じたのだという。

実は、綾瀬はるかや深田恭子、長澤まさみといった女優たちも、過去にはグラビア撮影を行っていた。グラビアで注目を集めて、女優として成功していくというのは、王道パターンでもあるのだ。

「役者としての華」というものは、すぐに出てくるものではない。与えられた役を真剣にこなしながら、その過程で身についてくるものだ。

その意味で、吉岡里帆には、華が備わりつつあるといってよい。過去にオーディションに落ちた時の彼女ではすでにない。自信をもって、主役級の振る舞いをすればよいのだ。

吉岡里帆には◯◯がある

吉岡里帆の魅力は、ルックスもさることながら、その「素直さ」にある。役柄がストレートに伝わるのは、彼女が素直で、余計な自分の感情を演技に出さないからだ。あくまで役柄が、ストレートに伝わるのが彼女の魅力だ。

華は、これから身についてくる。しかし、素直さは、もっていてもこれから少しずつ失っていく。役者としては非常に大事な部分だが、そこを失ってしまった人も多い。

吉岡里帆がいつまでも素晴らしい役者でいつづけられるよう、応援していきたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 今井翼が再発したメニエール病は不治の病?復帰は絶望的とのウワサは…
  2. 菅原小春 CMやインスタで話題のダンサーが三浦春馬と熱愛発覚!
  3. 狩野英孝 逮捕で解雇の可能性は?会見内容がグダグダとの批判も
  4. 大川隆法総裁 星野源も信者か?幸福の科学の勢いがすごい
  5. 小林麻央の余命は?1月の番組出演の真意はどこにあるのか
  6. 船越英一郎と松居一代が離婚秒読みか?50代大物俳優とタレント実業…
  7. 板尾創路の不倫相手は誰?
  8. 山田洋次の「東京家族」のあらすじとネタバレ!現代の家族関係の特徴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP