SOCIAL

要リコールの車を知らずに乗って、事故を起こすとどうなる?罪になる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

リコールとは、車の発売後に不具合が発覚して車メーカーが無償で修理・回収を行うものだ。

しかし、リコール対象の車とは知らず乗り、事故を起こしてしまうこともあるだろう。

この場合、罪や責任はどうなるのだろうか。

リコール対象の車と知らずに事故!責任は?

リコール対象の車である場合、基本的にはリコール通知が届くようになっている。

しかし、車検証の住所登録と現在住んでいる住所が違う場合、この通知届かないケースがあるようだ。

実は、リコール通知の約1割が届かないという情報があるのだ。

気になるのが、通知が届かずリコール対象の車と知らずに、リコールが原因の事故をしてしまった際の責任についてだろう。

これは難しい問題だが、メーカー側に責任がある可能性が高い。

なぜなら、メーカーが国土交通省にリコールを届け出たとしても、メーカーの過失や製造物の瑕疵が解消されたわけではない。

また、消費者側がリコール対象なのかを知るべき義務・責任はないため、やはりメーカーの責任となる可能性が高いのだ。

もちろん、罪になることも考えにくいため、あまり心配する必要はないだろう。

知っていた場合はドライバーの責任

リコール対象の車と知らない場合、メーカーの責任となることもある。

しかし、リコール対象の車であることを知っていたのに修理せず、それが原因で事故を起こした場合、責任はドライバーとなる可能性が高い。

そのため、リコールの通知が来たり、連絡があったりした際には、修理してもらうべきだ。

リコールなら、交換・修理は無償となっているため、すぐに対処するのがおすすめとなっている。

また、リコール通知などが無くとも、リコール情報はネットから確認することが可能だ。

国土交通省の「リコール情報検索」というサイトを利用すれば、『自動車』『チャイルドシート』『タイヤ』のリコール情報を確認することができる。

自分の身を守るためにも、リコール対象になっていないかチェックしてみてください。

リコール対象の車だが、要リコールと知らずに事故になった場合、メーカー側の責任になる可能性が高い。

リコールの届けを出せばメーカーの過失や製造物の瑕疵が解消されるわけではないため、メーカー側の責任になる可能性が高いのだ。

だが、リコール通知などで知っていた場合、ドライバーの責任になる。

もし、リコール通知があった場合、早急に対処するべきだろう。

また、責任とは別に、リコールの届け出がされた車をそのまま使っているのは危険だ。

自分の身を守るためにも、早急な対処をするべきだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 総額いくら?野崎幸助さん、遺言状で全財産を田辺市に寄付と明記。
  2. 【2018 夏休み・男の子】みんなが「あっ!」と驚く自由研究3選…
  3. 田野岡大和君の父親と姉のインタビューで深まる謎
  4. 台風10号2016の進路の最新情報!週末の天気は?
  5. 破綻したジャパンライフの商品とは?なぜ被害者は大金を次々支払った…
  6. 北海道地震で液状化が問題!液状化した土地をもとに戻す方法はある?…
  7. スーパーとコンビニがサマータイムを嫌がる理由とは?
  8. 消費税10%になった時に軽減税率が適用される商品まとめ

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を
  2. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP