SOCIAL

リステリア菌は日本でも警戒は必要?日本での発症事例は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

南アフリカではリステリア菌が原因の食中毒で、1年あまりで180人も死亡している。

日本でもリステリア菌への警戒は必要なのだろうか。また、日本でのリステリア菌の発症事例はあるのだろうか。

リステリア菌は日本でも警戒は必要?

南アフリカでリステリア菌による食中毒で、この1年あまりで180人も死亡している。この原因は、国内で製造されたソーセージであったことがわかった。日本では、リステリア菌はあまり聞かないだろう。

そこで気になるのが、リステリア菌は日本でも警戒するべきなのかだ。リステリア菌については、日本でも注意する必要があるだろう。

とくに、妊婦や高齢者など免疫機能が低下している方は、少量のリステリア菌でも発症する可能性がある。発症すると、敗血症や髄膜炎など重篤な状態となることもあるため、警戒するべきだろう。

また、妊婦が感染した場合、胎児に感染して流産や生まれた新生児に影響を及ぼすことがある。そのため、とくに妊婦の方はリステリア菌に警戒をするべきなのだ。

日本での発症事例は?

日本の食中毒統計では、リステリア菌による食中毒の報告例はありません。しかし、日本でも2000年に輸入された生ハムからリステリア菌が見つかっている。現在のところ日本での発症事例は無いが、警戒をしておくべきなのだ。

リステリア菌は他の食中毒菌と同じように、加熱することで死滅する。しかし、4℃以下の低温や12%食塩濃度下でも増殖することができるのだ。そのため、冷蔵保存や塩漬けにしていても、リステリア菌が増殖する恐れがあるのである。

リステリア菌の対策としては、食品を加熱してから食べることが挙げられる。また、生野菜や果物などは食べる前によく洗い、どんな食品も期限内に食べることも対策となるのだ。

リステリア菌は、最悪死に至る可能性がある。それだけに、日本でも警戒して、予防対策を取るべきだろう。

南アフリカでリステリア菌による食中毒で、約1年で180人も死亡している。原因は同国で製造されたソーセージだった。死に至る可能性があるリステリア菌だが、日本でも見つかっている。

それだけに、日本でもリステリア菌に警戒するべきだろう。とくに、妊婦が感染すると、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるのだ。そのため、リステリア菌への予防対策をするべきなのである。

リステリア菌予防としては、加熱してから食べることや期限内で食べることが挙げられる。普段からリステリア菌へ警戒して、加熱してから食べたり、期限内で食べるようにしてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 斎藤慧がドーピング陽性!アセタゾラミドって無意識に摂取できるの?…
  2. チケットキャンプの閉鎖が濃厚に。チケット高額転売は無くなるのか?…
  3. パーティー券って何?古屋圭司議員のパーティー券収入過小申告で話題…
  4. 【衝撃!】石原さとみと交際中の前田裕二の年収や総資産がヤバイ!
  5. 音喜多駿・東京都議が立ち上げた「あたらしい党」。具体的な政策は?…
  6. 三原じゅん子の資産 本当はいくら?なぜ0円で通るのか?
  7. 今村雅弘復興大臣が炎上騒動!自己責任発言はありorなし?
  8. 阿波踊りの総踊りが9月にも実施!今後の展開はどうなる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP