SOCIAL

リステリア菌は日本でも警戒は必要?日本での発症事例は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

南アフリカではリステリア菌が原因の食中毒で、1年あまりで180人も死亡している。

日本でもリステリア菌への警戒は必要なのだろうか。また、日本でのリステリア菌の発症事例はあるのだろうか。

リステリア菌は日本でも警戒は必要?

南アフリカでリステリア菌による食中毒で、この1年あまりで180人も死亡している。この原因は、国内で製造されたソーセージであったことがわかった。日本では、リステリア菌はあまり聞かないだろう。

そこで気になるのが、リステリア菌は日本でも警戒するべきなのかだ。リステリア菌については、日本でも注意する必要があるだろう。

とくに、妊婦や高齢者など免疫機能が低下している方は、少量のリステリア菌でも発症する可能性がある。発症すると、敗血症や髄膜炎など重篤な状態となることもあるため、警戒するべきだろう。

また、妊婦が感染した場合、胎児に感染して流産や生まれた新生児に影響を及ぼすことがある。そのため、とくに妊婦の方はリステリア菌に警戒をするべきなのだ。

日本での発症事例は?

日本の食中毒統計では、リステリア菌による食中毒の報告例はありません。しかし、日本でも2000年に輸入された生ハムからリステリア菌が見つかっている。現在のところ日本での発症事例は無いが、警戒をしておくべきなのだ。

リステリア菌は他の食中毒菌と同じように、加熱することで死滅する。しかし、4℃以下の低温や12%食塩濃度下でも増殖することができるのだ。そのため、冷蔵保存や塩漬けにしていても、リステリア菌が増殖する恐れがあるのである。

リステリア菌の対策としては、食品を加熱してから食べることが挙げられる。また、生野菜や果物などは食べる前によく洗い、どんな食品も期限内に食べることも対策となるのだ。

リステリア菌は、最悪死に至る可能性がある。それだけに、日本でも警戒して、予防対策を取るべきだろう。

南アフリカでリステリア菌による食中毒で、約1年で180人も死亡している。原因は同国で製造されたソーセージだった。死に至る可能性があるリステリア菌だが、日本でも見つかっている。

それだけに、日本でもリステリア菌に警戒するべきだろう。とくに、妊婦が感染すると、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるのだ。そのため、リステリア菌への予防対策をするべきなのである。

リステリア菌予防としては、加熱してから食べることや期限内で食べることが挙げられる。普段からリステリア菌へ警戒して、加熱してから食べたり、期限内で食べるようにしてください。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 消費税が10%になるまでに買っておきたいもの5選!
  2. イラン経済制裁はどこまで続く?収束のポイントは?
  3. 改元10連休で「損する」企業が多すぎる?
  4. 空飛ぶ車、日本で販売されるのはいつ?大阪万博に向けて高まる期待
  5. 幌加内スキー場が閉鎖!雪が多いとなぜスキーが出来ないのか?
  6. 宮崎緑の経歴詐称疑惑を文春が報じる!生前退位有識者会議は大丈夫か…
  7. テレンスリーが応援演説した候補者はトクマだった!幸福実現党の組織…
  8. 栗原敏勝の家族は?娘が自爆の理由の一端か?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

  1. パイオニア上場廃止で影響は?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP