SOCIAL

原発事故から8年経っても、再生可能エネルギー開発が日本で進んでいない理由は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

東日本大震災による原発事故から8年が経過したわけだが、未だに日本では再生可能エネルギー開発が進んでいない。

原発の恐怖を理解したはずだが、それでも日本ではなかなか再生可能エネルギーの普及が進んでいないのだ。

なぜ日本では、再生エネルギー開発が進んでいかないのだろうか。

そもそも再生可能エネルギーとは何?

再生可能エネルギー開発は、「太陽光発電」「風力発電」「地熱発電」「水力発電」「バイオマス発電」などが挙げられる。

再生可能エネルギーは、温室効果ガスの排出をせずにエネルギーを生産することができる。

そのため、環境に良いエネルギー開発と言えるだろう。

さらに、国内で生産することができ、エネルギーの輸入に依存しないというメリットもある。

しかも、8年前の原発事故のような事態になることもない。

これだけのメリットがある再生可能エネルギーなのだが、残念ながら日本ではなかなか進んでいないのが現状だ。

日本で再生可能エネルギー開発が進んでいない理由は?

日本で再生可能エネルギー開発が進んでいない理由は、発電量の安定性や環境的要因が大きい。

太陽光発電や風力発電の場合、とくに発電量の安定性が確保しにくいのが現状だ。

太陽光発電の場合、日が出ている間しか発電することができない。

そのため、夜間や雨天時は発電量が低下し、安定した発電量を確保することが難しいのだ。

風力発電の場合、風速によって発電量が変化してしまい、安定性がない。

このように、発電量の安定性が確保できないことが、再生可能エネルギー開発が進まない理由の1つだ。

また、環境的要因だが、日本は地震や台風などの自然災害が多い。

そのため、自然災害によって太陽光発電や風力発電の設備が壊れるリスクがある。

コストがかかる設備なのに、さらにリスクがあれば事業者が参入しにくい。

その結果、再生可能エネルギー開発は進んでいかないのだ。

再生可能エネルギー開発は進んでいくべきではあるが、課題解決は難しいと言えるだろう。

日本では、再生可能エネルギー開発が進んでいない。

この理由は、発電量の安定性や環境的要因が大きい。

天気や風速次第で発電量が変わってしまう太陽光発電や風力発電では、発電量の安定性は望めない。

また、日本は地震や台風などの自然災害があり、設備が被害に遭うリスクがある。

そのため、事業者が参入するのを躊躇ってしまい、再生可能エネルギー開発が進んでいかない。

これらの課題解決は難しいわけだが、将来を考えれば再生可能エネルギー開発を推進していくべきだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. マクロン大統領で日本経済への影響はどうなる?
  2. なぜ気づけなかった?高知県警が樋田淳也容疑者を職務質問していた。…
  3. 「消費税10%とかクソ」の意見から見える日本の将来。
  4. 苅羽悠の今後はどうなる?活動休止で慰謝料は払えるのか
  5. NY爆発イスラム国との関係は?犯行予告は出ていたのか
  6. 聖カタリナ学園高校は安全なのか?またも教師セクハラ問題で問われる…
  7. 政府がF35戦闘機を購入検討する理由は何?
  8. 金八先生の平慶翔が都議選へ!都民ファーストより出馬。秘書の経歴も…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP