SOCIAL

原発事故から8年経っても、再生可能エネルギー開発が日本で進んでいない理由は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

東日本大震災による原発事故から8年が経過したわけだが、未だに日本では再生可能エネルギー開発が進んでいない。

原発の恐怖を理解したはずだが、それでも日本ではなかなか再生可能エネルギーの普及が進んでいないのだ。

なぜ日本では、再生エネルギー開発が進んでいかないのだろうか。

そもそも再生可能エネルギーとは何?

再生可能エネルギー開発は、「太陽光発電」「風力発電」「地熱発電」「水力発電」「バイオマス発電」などが挙げられる。

再生可能エネルギーは、温室効果ガスの排出をせずにエネルギーを生産することができる。

そのため、環境に良いエネルギー開発と言えるだろう。

さらに、国内で生産することができ、エネルギーの輸入に依存しないというメリットもある。

しかも、8年前の原発事故のような事態になることもない。

これだけのメリットがある再生可能エネルギーなのだが、残念ながら日本ではなかなか進んでいないのが現状だ。

日本で再生可能エネルギー開発が進んでいない理由は?

日本で再生可能エネルギー開発が進んでいない理由は、発電量の安定性や環境的要因が大きい。

太陽光発電や風力発電の場合、とくに発電量の安定性が確保しにくいのが現状だ。

太陽光発電の場合、日が出ている間しか発電することができない。

そのため、夜間や雨天時は発電量が低下し、安定した発電量を確保することが難しいのだ。

風力発電の場合、風速によって発電量が変化してしまい、安定性がない。

このように、発電量の安定性が確保できないことが、再生可能エネルギー開発が進まない理由の1つだ。

また、環境的要因だが、日本は地震や台風などの自然災害が多い。

そのため、自然災害によって太陽光発電や風力発電の設備が壊れるリスクがある。

コストがかかる設備なのに、さらにリスクがあれば事業者が参入しにくい。

その結果、再生可能エネルギー開発は進んでいかないのだ。

再生可能エネルギー開発は進んでいくべきではあるが、課題解決は難しいと言えるだろう。

日本では、再生可能エネルギー開発が進んでいない。

この理由は、発電量の安定性や環境的要因が大きい。

天気や風速次第で発電量が変わってしまう太陽光発電や風力発電では、発電量の安定性は望めない。

また、日本は地震や台風などの自然災害があり、設備が被害に遭うリスクがある。

そのため、事業者が参入するのを躊躇ってしまい、再生可能エネルギー開発が進んでいかない。

これらの課題解決は難しいわけだが、将来を考えれば再生可能エネルギー開発を推進していくべきだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 金正男はいい人だった!暗殺されたのはなぜ?金正恩の差し金か
  2. 狩野英孝のフライデー第二弾はあるか?芸能界引退なるか
  3. 塚越裕美子の事務所はどこ?芸能活動の形跡もアリ!
  4. 【2018 夏休み・男の子】みんなが「あっ!」と驚く自由研究3選…
  5. ゾゾタウンの非正規労働者問題。派遣社員の何が問題?
  6. 朴鐘顕の動機は?敏腕編集長が妻を手にかけた理由とは・・・?
  7. 慶應義塾大学ミスコン不祥事の犯人は?逮捕されるとの見方強まる
  8. てるみくらぶの社長は、なぜ逮捕されてしまったのか?

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP