SOCIAL

榮義則 島田紳助・志村けん・星野伸一などのタニマチが逮捕!梁山泊との関係は?

榮義則という男をご存知だろうか。島田紳助や志村けん、朝青龍や、貴乃花、丸山茂樹、星野伸一といった大物著名人のタニマチと呼ばれた男だ。北新地のヨッシーとの愛称で知られた、大阪の夜の街の有名人。既に詐欺容疑で逮捕されているが、つい先日その公判があったため、再び注目を集めることとなったのだ。

栄義則(さかえよしのり)は現在49歳。開運商法詐欺の会社を立ち上げ、3億円近い暴利を上げた。そのほとんどは飲食代に消えたという。一体どのような人物なのか。今回の記事では、謎に包まれた大物タニマチ、榮義則の数少ない情報をまとめてみた。

榮義則の経歴は?

榮義則の経歴は謎に包まれている。馬主で、タニマチ、芸能界への人脈と、いかにも黒そうな男だ。最盛期には自家用ヘリを乗り回し、連日有名人たちと高級クラブで豪遊していた。

もともと、大阪でグレーな商売で稼ぐ、小さい商売人だった榮義則が、名前が知られるようになったのは、梁山泊グループの社長で、こちらも既に詐欺で逮捕されている豊臣春國との関係があってのことだった。パチンコ攻略情報の提供で荒稼ぎしていた梁山泊グループのビジネスモデルを真似し、その顧客名簿ももらった榮義則は、すぐに荒稼ぎできるようになったのだ。

梁山泊はパチンコ攻略情報を販売していた会社だ。情報を売るというのは、最強のビジネスモデルだ。在庫は存在しないが、売り切れもあり得ない。買う人さえ集めてくれば、とことん儲かる。さらにパチンコは「もっと儲けたい」と思う人がやるものだ。そうした人の欲望に付け込みながら、利益を伸ばしてきた。

そうして榮義則は、手にした金で大阪の北新地を豪遊して回ったのだ。派手に金をばらまいて飲み歩いていれば、当然周囲の目に付く。そこから榮義則は芸能人人脈を構築していった。

大物芸能人との交友関係

榮義則といえば、島田紳助と親交が深いことで有名だ。榮義則は馬主でもあるのだが、なんと所有する馬で「ステキシンスケクン」という馬がある。これは島田紳助の名前を借りて命名したもので、島田紳助自身も「自分の名前の馬がある」と番組でよくネタにしていた。そのほかにも「キングタカノハナ」「アサショウキング」などの馬を所有している。

志村けんなどは、榮義則より20歳も年上だが、相当たかっていてホステス遊びに興じていたようだ。榮義則を知る人物からはほかにも橋下徹などの政治家の名前まで上がっている。朝青龍が泥酔してホステスに怪我をさせたスキャンダルの際には、火消しに回っていたそうだ。

榮義則に関わりのある有名人は、どれもアクの強い、好き嫌いが分かれる人物ばかりの印象を受ける。やはり類は友を呼ぶということなのだろうか。これについては、こんな考え方もできる。成り上がりで、なんの後ろ盾もないなかで金を手にすると、次に欲しくなるのは「名声」だ。そうはいっても、汚いこともしながら成り上がった末には、清い名声など手に入らない。次に考えるのは、「どうにかして名前を売りたい」ということだ。

そこで使われるのが芸能人なのだ。名前の売れている有名人と自分は知り合いである。有名人を世話してやっている。このように周囲に言いふらし、自分の地位をより高く見せたがる。成金によく見られるパターンだ。

結局、有名人は、有名であることに価値がある。そうやって広告塔や、後ろ盾のない人のブランディングに使われるのだ。タニマチと呼ばれる成金を理解するには、そのような人間の欲求の行き着く先を知る必要があるだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 稲田朋美 かわいいだけじゃ通じない?防衛大臣になって国会でボコボ…
  2. ホクレンがバター品薄の元凶と部長自ら暴露し炎上!経緯のまとめ
  3. ゴーイチマルエキスラインの社長は逮捕されるか?山陽道トンネル事故…
  4. 前川喜平の出会いカフェ内偵結果!文春・新潮で異なる証言!真相は?…
  5. 大坂正明逮捕はなぜ?指名手配となった理由や経歴まとめ
  6. 安倍マリオの海外の反応がすごい!東京五輪に高まる期待
  7. 紅白歌合戦、安室奈美恵の出番は何時?
  8. 日馬富士が引退を発表。今後の捜査はどうなる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP