LIFESTYLE

岡山・広島・山口を繋ぐ山陽本線の復旧見込みはいつ頃?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

平成30年7月豪雨の影響により、山陽本線では鉄道施設や駅施設に被害を受けたこともあって運転を取りやめていました。

山陽本線は中国地方の都市を結ぶ重要な鉄道路線ですが、それ以上に九州方面への貨物輸送など物流路線でもあったわけで、それが不通になってしまうことで経済活動に大きな影響が出ています。

そんな山陽本線ですが、いつごろ復旧する見込みなのでしょうか。

JR西日本の公式発表は「復旧まで今後数カ月かかる」

7月13日にJR西日本が公式発表した、山陽本線の復旧見込みを聞いて、多くの人々が「本当にそれだけの期間で直るのか?」と思ってしまいました。

広島県内で言えば、三原から西条を経由して広島に至る区間が最も被害を受けており、テレビ報道でも線路下の土の部分が雨で流されてしまい、線路だけが宙ぶらりんになっている様子も見受けられます。

また、瀬野駅では駅の構内に大量の土砂が流入したり、送電施設に土砂が流入しているなど施設にもかなりの被害を受けている状況です。

一方、山口県内では岩国から柳井を経由して徳山に至る区間の被害が最も大きく、特に瀬戸内海沿いを走る柳井周辺では土砂崩れで線路が埋まっている部分が多数確認されています。

このような状況から、JR西日本も「復旧には数か月を要する見込み」とだけ発表し、具体的な運転再開時期を明言していません。

JR西日本のパワーは復旧を早める?

山陽本線の不通は日本の経済にも悪影響を与えることから、JR西日本では早速復旧に取り掛かっています。

実際、豪雨明けの7月9日日曜日には既に応急処置や点検作業に取り掛かっており、翌日の7月10日には一部の区間で運転を再開させています。

不通となっていた区間もどんどん縮小し、7月17日からは三原~海田市間と柳井~徳山間までになります。

残ったこれらの区間も、現在必死に復旧作業が行われているところですが、全国のJRグループから応援が到着しており、作業のペースも上がっているようです。

実際、三原から福山間は土砂崩れ個所も多数あったのですが、JRグループの応援もあって数日で復旧にこぎつけ、7月17日には運転を再開することになりました。

鉄道会社の技術と経験を活かせば、復旧のペースはどんどん上がっていくでしょう。

JR西日本と言えば、復旧スピードには定評のある会社です。

平成7年の阪神・淡路大震災では高架駅だった六甲道駅が崩壊し、復旧まで2年かかると思われていたところを、崩落した駅をジャッキアップして復旧すると言うミラクルCで3ヶ月間の不通にとどめた実績もあります。

大規模な災害への対処経験が豊富なJR西日本であれば、思ったより復旧まで時間がかからないかもしれません。

ピックアップ記事

関連記事

  1. ドライブレコーダーの選び方!絶対に選んではいけないドライブレコー…
  2. 2018・日本最高気温を更新した原因は?科学的根拠を調べてみた!…
  3. 出世する人の特徴の総まとめ!あらゆる特徴を網羅して見えてきた「出…
  4. 山田洋次の「東京家族」のあらすじとネタバレ!現代の家族関係の特徴…
  5. 台風18号2016最新進路!九州・関東へはいつ?
  6. 【2018 富士山】登山のベストシーズンを徹底紹介!
  7. 50代男性の平均年収はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  8. 五月病の対策には食べ物が有効だった!食事で気をつけるべきことは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP