SOCIAL

“磯風”の撮影画像!戦艦大和と沈んだ駆逐艦”磯風”はどんな艦船だった?

鹿児島県沖の海底で、旧日本海軍の“磯風”とみられる艦船が見つかり、画像の撮影に成功していたことがわかった。

“磯風”は駆逐艦であり、戦艦“大和”とともに沈んだとされている。そんな駆逐艦“磯風”とは、どんな艦船だったのだろうか。

“磯風”の撮影画像!

駆逐艦“磯風”とみられる艦船を大阪市の総合海事会社が海底で発見し、撮影に成功していたことがわかった。

撮影に成功したのは、総合海事会社「深田サルベージ建設」とのことだ。深田サルベージ建設は、2016年5月に広島県呉市から委託される形で鹿児島県沖の東シナ海に沈んでいる戦艦“大和”を撮影。

その後、独自に随伴艦も調査をしたとのことである。その際、海上から水中音波探知機で検索したら、戦艦“大和”の沈没場所から約10㎞の海底で隆起物を確認したという。そして、無人潜水機によって駆逐艦“磯風”とみられる艦船の撮影に成功しとのことである。

撮影画像から、構造物などが当時の記録に残っている“磯風”の可能性が高いとされているのだ。ちなみに、戦艦“大和”の随伴艦の画像が撮影されたのは、初めてとのことである。

戦艦“大和”と沈んだ駆逐艦“磯風”はどんな艦船だった?

初めて画像撮影に成功された駆逐艦“磯風”は、戦艦“大和”と沈んだとされている。そんな駆逐艦“磯風”だが、戦時中はどんな活躍をした艦船だったのだろうか。駆逐艦“磯風”は、昭和15年(西暦1940年)に就役している。就役後は、さまざまな戦闘に参加している。

真珠湾攻撃やミッドウェー海戦、第二次ソロモン海戦、レイテ沖海戦など太平洋戦争中の多くの作戦に参戦しているのだ。しかし、戦艦“大和”と沖縄に向かっていた昭和20年(西暦1945年)に鹿児島県の沖でアメリカ軍の攻撃によって沈んでしまったのである。

このアメリカによる攻撃で、“磯風”以外にも5隻が沈んでとされている。駆逐艦“磯風”を引き上げるのは難しいだろうが、見つかったことで少しでも供養になればと思う。

駆逐艦“磯風”とみられる艦船が見つかり、画像の撮影に成功していたことがわかった。総合海事会社・深田サルベージ建設が戦艦“大和”を撮影、その後独自に随伴艦も調査し発見したとのことである。

駆逐艦“磯風”は戦艦“大和”と沈んだとされており、それまでさまざまな主要作戦に参加していた駆逐艦だ。できれば引き上げてほしいが、難しいだろう。発見されたことで、少しでも供養になればとの気持ちである。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 小池百合子の顔のアザの画像!厚化粧はアザを隠すためと反論し石原慎…
  2. 豊田真由子は辞職するか?秘書への恫喝暴行が波紋をよぶ
  3. 【衝撃!】石原さとみと交際中の前田裕二の年収や総資産がヤバイ!
  4. 斉藤聡の経営する飲食店大人和食いちりんが絶品すぎると話題に【巨人…
  5. 梅毒感染が増加しているのはナゼ?予防方法は?
  6. 消費税10%は、いつから実施される?
  7. 橋本健神戸市議が今井絵理子と不倫!辞職はあるか?
  8. トランプ大統領誕生の確率が増してきた!日本のとるべき方向は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP