SPORTS

接待ゴルフでやってはいけないことまとめ

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

年末年始になると様々な接待の機会が増えるものですが、その中でも根強い人気を誇るのは「ゴルフ」です。

目上の人であることは当然ですが、はじめて顔を合わせる人も多いので、マナーには十分気を付ける必要があります。

では実際にどのような事が「やってはいけない」ことなのか、いくつかご紹介します。

その1 足手まといにならない

接待ゴルフの基本は「招待客よりいいスコアを出さない」と言われていますが、過去も今もその基本は変わりありません。

ですが、プレイの流れを遅らせたりする「足手まといになる」レベルのプレイは絶対にやめましょう。

接待ゴルフなのですから、招いた相手に対する配慮が行き届かないばかりか、逆に相手に配慮されてしまっては接待ゴルフの意味がありません。

スコアの目安をあえて言えば、100を切るか切れないかぐらいであればスムーズにプレイができるでしょうから、そこまで満たない場合は必死に練習するか、もともとメンバーから外してもらう方がいいでしょう。

その2 会場の選定は相手本位であること

接待ゴルフと言っても、朝早く家を出ないといけないような場合や、終わりの時間を気にしてプレイするような会場を選ぶことは避けましょう。

ゴルフ場までの交通手段1つだけを考えても、自家用車でご自宅まで送迎する場合もあれば、タクシーを手配して往来の送迎を行うなど、様々な方法があります。

また、プレイ料金も相手が気にすることがあるので、相手に「ここまで払ってもらっては恐縮する」レベルの高額な会場は選択しない方がいいでしょう。

接待と言えども、「ここまでされては取引を断りにくい」と相手に思わせるのではなく、お互いに気遣いの中でも交流を深めることを第一に段取りをするべきです。

その3 勝ち負けにこだわらない

接待ゴルフの基本は「みんなが心地よくプレイできること」であって、正直に言えばホスト側は勝ち負けにこだわってはいけないと思います。

この加減が難しいもので、あまりにも手を抜いているようなプレイだと相手に失礼になるかもしれないし、ガチンコ勝負で行けば相手も勝ち負けにこだわってしこりが残ってしまう場合もあるのです。

あと、勝ち負けにこだわってしまうとワンプレーごとに「しまった!」「ちくしょう!」などと感情をあらわにしてしまうこともありますから、その姿を見て招待客がどんな印象を持つか考えると、あまり感情的なふるまいを見せない方がいいと思います。

その4 言い訳をしない

プレイの結果を語り合いながら宴会を設けることもしばしばあるのが接待ゴルフ。

お互いに「よかった」と言い合えるならいいのですが、「あの時の一打が成功していれば私が優勝していた」など、結果に対して言い訳をすることは好ましくありません。

それを聞いた招待客にしてみれば「普段は自分の方がゴルフ上手という事か?」と受け取ってしまうこともあるでしょうから、感情的に不愉快な気持ちにさせないためにも言い訳はするべきではありません。

ピックアップ記事

関連記事

  1. スポーツ選手が引退した後はどんな職につく?最も多いパターンは?
  2. 吉田沙保里自腹の金額はいくら?2chで炎上のビジネスクラス騒動
  3. ロッベン、バイエルン退団でJリーグに来る可能性はある?
  4. 松本薫「かわいい野獣」がリオで大暴れ?日本柔道勢金メダル第1号な…
  5. 広島カープに人的補償で移籍する長野久義選手の好感度が急上昇する理…
  6. セレーナが会見を拒否した理由は?1番濃厚な理由はコレ!
  7. 樋口黎に彼女はいる?中学からの這い上がり競技人生は父の教えのおか…
  8. 東京マラソン2017のコースは?交通規制の情報も

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP