CULTURE

新元号決定の歴史!平成も実は落選していた!過去の元号候補一覧はこれ

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

新しい元号の発表が4月1日に控え、どんな元号になるのかの予想で盛り上がっている。

また、元号選びはどのように行われるのかの注目も高いようだ。

そこで、元号選びの方法や過去の元号候補一覧を紹介していきたい。

元号の選び方は?平成も実は落選していた!

元号の選び方は、漢文学や国文学関連の大学教授など有識者に委嘱し、新しい元号の候補を提出する。

提出された候補の中から、内閣官房長官が3案ほどに絞り込み首相が最終判断をするのだ。

その後、衆参両院の正副議長から意見聴取し、閣僚会議で改元の政令を決定してから新元号発表となる。

そのため、元号選びは複数の候補は挙げられるわけだが、投票制ではないのだ。

ちなみに、平成という元号は幕末の頃に候補になったとされている。

また、大正や明治についても、実は過去に何度も候補になったことがあったとのことだ。

それだけに、新しい元号は過去に落選した元号候補が選ばれる可能性はあるだろう。

平成も実は過去に落選していた

過去の元号候補一覧はこれ!

過去に新しい元号として候補となったものの、落選した元号はたくさんある。

その数は、500以上とも言われているのだ。

過去の元号候補だが、大正になった際は「天興」「興化」「永安」「乾徳」「昭徳」などが候補だったとされている。

昭和になった時には、「神化」「元化」「神和」「同和」「継明」「順明」「明保」「寛安」「元安」などが候補だったとのことだ。

さらに、平成に決まった時には、「修文」「正化」が候補だったことがわかっている。

ちなみに、昭和の元号が決まった際の候補だった「寛安」は、過去に33回も落選した元号案とのことだ。

他にも、「嘉徳」という元号案は40回も落選したとされている。

このように、何十回と落選した元号候補もたくさんあるのだ。

いずれにしても、次の元号が何になるのか楽しみである。

感想
元号選びは、学者など有識者に元号案を提出させ、そこから内閣官房長官が3つほどに絞り込む。

そして、最終的に首相が最終判断をするとのことだ。

そのため、いくつかの候補は出されるが、1つを除いて落選してしまうのである。

実は、平成や大正、明治も過去に落選したことがある。

それだけに、新しい元号も、過去に候補になった元号案の可能性は十分あるのだ。

過去に何十回も落選した元号案もあるだけに、今回の改元でどんな元号になるのか注目である。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 年末ジャンボ2016の発売期間!バラと連番どちらを買うべき?
  2. 東京大神宮初詣の混雑時間を避けるには?2日が穴場!
  3. 唐澤貴洋は小林麻央の親戚?ツイッター炎上で集まる注目
  4. 品川新駅の駅名や場所は?概要公表で高まる期待感
  5. 三谷幸喜氏も受章した紫綬褒章ってどれくらいスゴイ?
  6. 恵方巻き2017はいつ食べる?方角や由来についてのまとめ
  7. Ray覆面レスラーの余命とステージは?悪性脳腫瘍の症状と原因を調…
  8. 1.17阪神淡路大震災の黙祷2017年の時間は?やり方や言葉など…

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP