CULTURE

新海誠「君の名は。」興行収入の最新情報!どこまでいくのか

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

11月5日~6日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、「君の名は。」が首位を奪い返して10度目の首位となった。この週末の土日動員は21万8000人、興行2億9700万円を記録して「君の名は。」は公開11週目に入ったにも関わらず未だに依然として高い動員力を誇り、興行収入も伸びている。

これで累計興収は179億6900万円を突破して「踊る大捜査線、THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」抜いた。これからもまだまだ「君の名は。」の勢いは止まらなそうだ。

新海誠「君の名は。」興行収入の最新情報

11月5日~6日の全国映画動員ランキングで「君の名は。」は動員21万8000人、興収2億9700万円を記録して首位に返り咲き10週目の1位を獲得した。これで累計興収は179億円6900万円を突破して「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」を抜き国内歴代興行収入ランキングで「もののけ姫」に次ぐ7位となり、邦画では歴代4位となった。

「君の名は。」はどこまでいくのか?

現在「君の名は。」の国内歴代興行は7位だ。しかし、その勢いはとどまることを知らない。9週連続1位をマークしていた全国映画動員ランキングが「デスノート」に阻まれたものの再び1位に返り咲いた。「君の名は。」の大ヒットを受けて劇場パンフレット第2弾の製作も決定した。12月上旬には発売予定で一般から受けつけた質問に新海誠監督が答える記事が記載されるのだ。

これによってまだまだ「君の名は。」の勢いは止まらないだろう。さらに、アカデミー賞長編アニメ部門の審査対象になったことでさらに話題になっている。今後審査を経てノミネート作品の5つに選ばれるかが注目されている。もし、アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされたら「君の名は。」の動員力はさらに伸ばし興行収入もまだまだ伸びていくことだろう。今後の「君の名は。」にはまだまだ注目しておく必要があるだろう。

「君の名は。」の勢いが止まらない。ここまで人気になるとは監督本人も思っていなかっただろう。しかし、まだまだ動員数・興行収入ともに伸びていくことが期待される。このままだとどこまで行くのか予想もできない。仮にアカデミー賞長編アニメ部門にノミネート、さらには受賞することになったらさらに伸びていくだろう。とにかく、行けるところまで行ってどんどん記録を伸ばしていってほしい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 小林麻央訃報の予想も?ガセであることを願うばかり
  2. 中沢沙理モデルの経歴や大学は?ミスユニバース優勝の才女のルーツに…
  3. 東京大神宮初詣の混雑時間を避けるには?2日が穴場!
  4. レゴランドが値下げに踏み切り!新しい観光地として定着するのか?
  5. 片山晋呉の不祥事とは?ファンにとっては普段通りの行動って本当?
  6. クリスマス2016東京のクラブイベントのオススメは?イベント開催…
  7. 安藤なつが刺青(タトゥー)を入れた理由に驚きを隠せない・・・
  8. 唐澤貴洋は小林麻央の親戚?ツイッター炎上で集まる注目

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP