SOCIAL

JR西日本・新快速の有料座席は需要あるのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

JR西日本は、2019年春から新快速の一部有料座席サービスである「Aシート」を導入することを発表した。

指定料金は500円であり、着席店員は46人とのことである。

新快速の有料座席は、需要があるのだろうか。

来春からJR西日本で新快速の有料座席サービスがスタート

10月24日、JR西日本が新快速の一部に有料座席サービス「Aシート」を導入することを発表した。

導入は、2019年春を予定しているとのことだ。

このサービスは、琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線を走る新快速が対象となっている。

12両編成の1両(9号車)のみをAシートとして有料座席にする予定である。

Aシートは、リクライニング機能やテーブルを付けるとのことだ。

さらに、電源コンセントも全席に付け、無料Wi-Fiも完備される予定となっている。

Aシートの料金は500円となっており、定員は46人である。

利用方法は、開いている席に座り、乗務員から現金もしくは、交通系ICカードで乗車整理券を購入する流れとなっているようだ。

さらに詳しい情報については、別途発表するとのことである。

JR西日本・新快速の有料座席は需要があるの?

JR西日本が新快速に有料座席・Aシートを導入する予定なわけだが、気になるのは需要があるのかだろう。

Aシートの需要は、意外とありそうだ。

とくに、長い距離を利用する乗客からの需要は高いとみられている。

JR東日本では、似たようなサービスである普通列車グリーン車がある。

このサービスは、事前料金で平日770円または980円、ホリデーで570円または780円となっているのだ。

JR西日本のAシートは、それよりも値段が安い。

そのため、需要も高いのではないだろうか。

ただし、JR西日本もまだ試験的な導入といった感じだろう。

なぜなら、有料座席・Aシートの導入は1日あたり、上下4本のみの運行予定となっている。

まずは、上下4本のみを運行し、成功すればさらに増やしていくことだろう。

今後の展開について注目である。

JR西日本は、新快速の有料座席・Aシートを導入する予定であることがわかった。

2019年にAシートを導入する予定となっている。

Aシートは、リクライニング機能やテーブルが付き、全席に電源コンセントや無料Wi-Fiが完備される。

Aシートの定員は46人であり、料金は500円だ。

気になる需要だが、意外と高そうである。

似たようなサービスでJR東日本は、普通列車グリーン車がある。

その料金よりも安く、長い距離を利用する乗客から需要があるだろう。

まだ試験的な導入のようだが、需要次第では拡大する可能性がある。

今後の展開に注目だ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 片岡コーチとベッキーの熱愛はいつから?
  2. 3億円事件の犯人として挙げられている人物まとめ
  3. 続く猛暑。40度を超えた地域をまとめてみた。
  4. ブラックインターンシップを見分ける方法は?
  5. トルコの高速鉄道事故、原因は?テロの可能性も?
  6. トランプのツイッターの日本語訳をリアルタイムで見る方法!
  7. り災者の会は裁判で勝てる?損害賠償は認められるのか?
  8. プーチン来日の日程は?山口の交通規制はどうなる?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP