SOCIAL

伊藤詩織さん事件で山口敬之は逮捕されるか?本名顔出しのジャーナリスト魂がすごい!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

当ウェブマガジンでもすでに取り上げた、ジャーナリストの山口敬之氏のスキャンダル。山口敬之の新潮砲

週刊新潮が報じた内容は、あまりにひどいものだったが、結局、山口氏は不起訴に終わっていた。

これまでは、報道内容の真実味はあったものの、やはり週刊誌へのタレコミ程度の情報源という印象で、マスコミも大きく取り上げてこなかった。

しかし、なんとこの時の被害女性が、実名と顔を出して、記者会見を開いたのだ。これでマスコミも黙ってはいないだろう。

この女性は、伊藤詩織さんという、フリージャーナリストだ。彼女の経歴や今回の騒動について、情報をまとめてみた。

伊藤詩織さんの経歴は?

伊藤詩織さんは現在28歳。フリージャーナリストとして活動している。彼女の公式ブログや、Facebbokページ、twitter、インスタアカウントなどの存在も確認されている。

伊藤詩織さんがこれまで発信してきた情報を見てみると、彼女のジャーナリストとしての関心は、経済関連、女性問題、中東情勢など多岐にわたる。まさにこれからジャーナリストとして名を上げていこうという中で、今回の事件が起きたわけだ。

伊藤詩織さんの出身大学などは判明していないが、ネットで検索してみると大阪大学法学部と日本大学文理学部の可能性があることがわかった。大阪大学の伊藤詩織さんは2013年時点で大学2年生ということだったため、大阪大学ではなさそうだ。

日本大学の伊藤詩織さんは、2009年時点でゼミの4年生との記載があった。ゼミは社会学で、ジャーナリズムについても取り上げていたようだ。年齢的にもあっているため、おそらく日本大学の出身とみてよいだろう。

その後、ジャーナリズムを学ぶためにNYへ留学したりと、Facebookを見る限り世界中回っているようだ。彼女のSNSを見ていると、たしかにジャーナリストという職業がかっこよく見えてくる。

それは、伊藤詩織さんが、話題になっているように外見が美しいからだけでなく、彼女の正義感溢れる真剣な表情がその世界観をより強くさせていると感じられる。

今回の騒動の裏にあるもの

一方で、伊藤詩織さんの勇気ある行動に対して、懐疑的な声も上がっているようだ。そもそものスキャンダルの発端は、「安倍首相の御用達ジャーナリストのスキャンダル」ということで始まったものだ。報じられた内容からすると、官邸が手を回して、警察沙汰をもみ消したというもの。

つまり、このスキャンダルは、官邸に繋がっているのだ。

今国会は、野党が様々な政治スキャンダルのネタをものにできなかった、残念な国会だったと言える。森友問題、加計学園問題。全て空振りに終わっているのだ。

そこへ、性犯罪「疑惑」の被害者である女性を、実名顔出しで表に出すことで、山口敬之経由で安倍を倒す、という裏の力が働いているのではないか、という邪推が広まっているようだ。その可能性はありえなくない。

しかし、筆者としてはそれよりも、今回は伊藤詩織さん個人の義憤からくるものだと感じる。もともと、日本での性犯罪についての報道も行ってきたのが伊藤詩織さんだ。今回、不幸にも自分が実体験してしまったことを、ジャーナリストとして広く世に広めようとすることは、ある意味で自然なことだ。

このことについても「売名行為」と批判する人がいるようだが、ジャーナリストの本分は、自分が取り上げた出来事を、広く世に知らしめることだ。名が売れなければ、ジャーナリストの本分は達成できない。

むしろ、彼女からすれば、売名という批判に対しては「それが何か?」といったところだろう。売名だろうがなんであろうが、彼女があのような経験をした上で、このタイミングで立ち上がったことは意味のあることだ。

今後の報道の行く末に注目したい。

関連記事
山口敬之の新潮砲!不起訴は安倍の犬で御用ジャーナリストだからか?

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 埼玉朝霞の行方不明 斎藤杏花さんが保護!少女誘拐の男の行方は?
  2. 成宮寛貴引退で逮捕の可能性は?今後社会復帰の道はあるのか
  3. 仕事始めの挨拶メールはコレをコピペでOK!おすすめテンプレ3選
  4. 豚コレラはどれくらい危険?感染しないために出来ることは?
  5. 金澤ダイスケは本名じゃなかった!由来が意外とおもしろい!
  6. 田野岡大和の両親の名前は?親を疑う報道一辺倒の現状に違和感も
  7. 加計学園と安倍の癒着がヤバすぎ!週刊現代の秀逸スクープ!
  8. アメリカ・トランプ大統領とイランの関係悪化!戦争に発展する可能性…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 病院に3億円を追加寄付する中本さん
  2. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP