LIFESTYLE

新入社員必見!上司の心を掴んで離さない挨拶例文集!押さえるべきポイントはココ!

4月もスタートし、これから新社会人となる方も多いだろう。新入社員の不安と言えば、上司との関係性だ。上司とは、良好な関係を築きたいものである。

そこで重要なのが挨拶だ。できる新入社員は、挨拶がしっかりしている。そこで今回は、新入社員の挨拶の抑えるべきポイントと挨拶例文集を紹介していきたい。

新入社員の挨拶で押さえるべきポイント!

新入社員の挨拶で押さえておくべきポイントは3つある。まずは、挨拶をする場所・状況を見極めることだ。入社式での挨拶と歓迎会での挨拶、社外での挨拶では話すべき内容が違う。

それぞれの場所・状況にあった挨拶をすることが大切だ。2つ目のポイントは、簡潔に挨拶をするべきである。グダグダと長い挨拶では悪印象となってしまう。

シンプルにわかりやすい表現で挨拶をすることで、上司に好印象を与えることができるだろう。

3つ目のポイントは元気よく挨拶することだ。声を張り上げる必要はないが、ハキハキと挨拶をすることで若々しさをアピールできる。

好印象を与える挨拶をするためには、元気でハキハキと挨拶するべきなのだ。これらの3つのポイントを頭に入れて、新入社員は挨拶をしてみてください。

上司の心を掴んで離さない挨拶例文集!

挨拶の押さえておくべきポイントがわかったところで、挨拶の例文も紹介しておきたい。

簡単な例文を紹介するので、参考にして自分なりの挨拶に応用してみてほしい。まずは配属先での挨拶の例文は以下の通りだ。

「本日より○○課に配属されました○○(名前)と申します。一日でも早く仕事を覚え、皆様のお役に立てるように精一杯頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。」

また、歓迎会などでの挨拶の例文は以下の通りである。

「この度、○○課で働かせて頂くことになりました○○と申します。○○出身で、○○大学では○○を専攻しておりました。趣味は○○です。今日は私たちのために歓迎会を開いてくださり、ありがとうございます。皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、精一杯頑張りますので、よろしくお願い致します。」

押さえておくべきポイントで紹介したように、状況に合わせて挨拶の長さや内容は変えましょう。

そして、元気よく好印象を与える挨拶をすることを心がけてください。

4月がスタートし、新社会人となった方も多い。新入社員は、様々な場面で挨拶が要求される。

新入社員の挨拶のポイントは、場所・状況に合わせた内容の挨拶をし、簡潔で元気に挨拶をすることだ。これだけで、好印象を与えることができる。

今回紹介した例文集を参考にしながら、状況に合わせた挨拶で、上司の心を掴んでみてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 畠成章が籠池泰典・塚本幼稚園に口利きした政治家か?本人の対応は?…
  2. ロレックスのオーバーホールを正規料金でやるべき理由
  3. 佐々木希の妊娠公表!子供の名前はもう決めてるってホント?
  4. 安倍晋三のゴルフのスコアはいくつ?トランプとどちらが上手なのか
  5. お年玉の相場はいくら?
  6. TOEICの試験前1週間だけで100点上げる究極の勉強法とは?
  7. 桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?発覚時期に違和感
  8. 籠池泰典の経歴は?大学や高校はどこか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP