SOCIAL

三井住友銀行 横領の女性行員は逮捕された?4億円不祥事もみ消しを文春がスクープ

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

三井住友銀行は10月に11億円横領の事件が発覚したのだが、今度は4億円の横領事件が報じられた。千葉県松戸市にある松戸支店新松戸出張所の30代女性が約7年の間にわたりおよそ4億円を着服していたのだ。

しかも、この4億円横領の不祥事を三井住友銀行側はもみ消そうとしていたのだから問題だ。銀行員の倫理観とともに銀行のチェック体制が問われている。

三井住友銀行で横領の女性行員は逮捕された?

関係者によると千葉県松戸市にある松戸支店新松戸出張所の30代女性事務員がおよそ7年にわたり4億円を着服したとして6月に懲戒解雇されている。女性行員はFX取引にのめり込んだのがきっかけとなり、顧客の定期預金などに手をつけるようになったとのことだ。

しかし、今年6月印鑑が変わっていることに気付いた顧客の訴えによって横領が発覚した。被害を受けた顧客には全額が弁済されたとのことだが、女性行員は懲戒解雇されたのみで逮捕されたとの情報は入っていない。

4億円不祥事もみ消しを文春がスクープ

今回の三井住友銀行4億円横領を報じたのは週刊誌の文春だ。文春は6月に横領の疑いで懲戒解雇されているのに逮捕されていないことでもみ消しではないかとスクープとして報じたのだ。

三井住友銀行側の広報部はこの4億円横領の事件に対して「警察に通報の上、行内でも事実確認中です。捜査中の事案につき、詳細についてのコメントは差し控えさせていただきます」としている。

6月に発覚している事件で懲戒解雇しておいて、まだ事実確認中というのは問題だ。三井住友銀行は10月には大森支店で11億円の横領事件も発覚しており、三井住友銀行の信用問題にも関わる問題となってくる。

さらに、4億円横領の事件をもみ消そうとしていた場合は三井住友銀行にも問題があるのではないか。銀行員の倫理観と銀行のあり方を見直すべきではないか。

三井住友銀行で億単位の横領事件が年内だけに2回も発覚した。これは非常に由々しき問題だ。銀行の信用問題にも関わってくる。しかも、今回発覚した4億円横領の事件に関してはもみ消そうとしていたのではないかともされている。

これでは三井住友銀行にも問題があるとなってしまう。銀行は顧客からお金を預けられているのだから信用は大事だ。また、顧客の信用情報によってお金を貸出す。そんな銀行が信用できないようでは非常に怖い。銀行のあり方も考えるべきではないか。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 消費税が導入された年はいつ?意外と最近と言う事実。
  2. ゴーン容疑者が再逮捕される見通し。その罪状とは?
  3. 【西城秀樹】元カノ・十朱幸代との破局理由が悲しすぎる!
  4. 冨田真由 犯人のツイッターを分析すると事件の背景が読めてくる
  5. 坂口杏里が美川憲一から説教「芸能界辞めたほうがいい」その理由は?…
  6. 宇都宮健児が都知事選出馬か 極左で共産党候補者との評判は妥当なの…
  7. 稲田朋美 かわいいだけじゃ通じない?防衛大臣になって国会でボコボ…
  8. アップルの9月イベントで発表される新商品を徹底予想!

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP