ENTERTAINMENT

近藤岳登がR-1にチャレンジした理由は何?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

元Jリーガーの近藤岳登さんがR-1デビューを果たしたことが話題になっています。

今回は、近藤岳登さんがR-1にチャレンジした理由についてまとめていきます。

近藤岳登さんの来歴

近藤岳登と聞いてもピンとこない方のために、近藤さんのプロフィールについてまとめていきます。

近藤岳登(コンドウ ガクト)
1981年2月10日生まれ(2019年1月6日現在37歳)
愛知県豊川市出身
現役時代のポジション:DF(SB)
利き足:右足
所属歴:2007年ヴィッセル神戸→2013年水戸ホーリーホック→FC大阪(JFL)

高校時代は国体メンバーに選ばれるも、進学した大阪体育大学を中退してサーフィンやスノーボードに明け暮れていました。

しかしサッカーへの思いを断ち切れず2001年に愛知県リーグの東海理化SCに入団。

2003年にびわこ成蹊スポーツ大学に入学し、2年連続で関西学生選抜に選ばれるなど成績を残しました。

2007年にJ1に昇格したばかりのヴィッセル神戸へ入団します。

一時はサイドバックのレギュラーとして期待されていました。

しかし前十字靱帯損傷という大怪我を負ったことで、入団1年目を棒に振ってしまいます。

2008年に復活し、積極的なドリブルで活躍し和製マイコンという異名まで付くほどでした。

2013年にJ2の水戸ホーリーホックへ完全移籍し、2014年にFC大阪へ入団したものの膝の半月板損傷と外傷性軟骨欠損症を起こし手術に踏み切ります。

2017年に長いリハビリ期間を終えて復帰したものの、出場機会を得ることが出来ず、11月28日にFC大阪と契約満了になり退団。

現役続行を希望していましたが、2018年1月31日に現役引退を発表しました。

R-1出場はどうして?

2014年のFC大阪への入団後に自身のマネジメント契約を吉本興行と締結しています。

アスリートが吉本興行とマネジメント契約をするのは、近藤さんだけではありません。

現在タレントとして活躍中の元サッカー女子日本代表、丸山桂里奈選手も選手時代から吉本興行とマネジメント契約を締結しています。

Jリーガーにも吉本所属の選手は多く、元日本代表の太田宏介選手や、元福岡アビスパ監督の井原正巳氏なども所属しています。

近藤さんは、前々から「Jリーガーで一番おもろい選手」と評されており、持ち前のキャラクターを生かして、芸人の道を歩んでいます。

R-1では、見事に1回戦を突破し、初参戦のお笑い賞レースを「1ゴール1アシスト」と自画自賛するほどの手ごたえをつかんだようです。

今後は、俳優になる夢もあるそうで、活躍が期待されています。

アスリート出身で、本格的な芸人に転身したのは初めてのケースではないでしょうか?

引退後にタレントに転身する例は少なくありません。

サッカーでも武田修宏氏や、松木安太郎氏などは、解説者としても、タレントとしても知名度が高いですが、芸人というわけではありません。

解説者の延長としてタレント業をしています。

近藤岳登さんが、今後芸人として花開くためには、多くの苦難が待ち受けているでしょう。

しかし、多くの怪我を克服してきた近藤さんならきっと乗り越えられるはずです。

R-1でどこまで進出できるかは未知数ですが、今後の活躍に期待したいですね。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 紅白2016出演者内定の発表はいつか?今年の注目は?
  2. 24時間テレビ高畑裕太企画の代役は誰?渡辺裕太との情報の真偽
  3. 世にも奇妙な物語「捨て魔の女」あらすじネタバレ!
  4. 杉田かおるの宗教騒動とは?スキャンダル女王の壮絶人生!
  5. 清水富美加が幸福の科学に出家!理由はなぜ?
  6. SMAP解散の真相【最新情報】メンバー数名は誰?香取慎吾がキーマ…
  7. 小林麻央のブログKOKOROのアクセスで収入激増!治療費工面のた…
  8. ガキ使2017年大晦日のテーマは?ロケバスの目撃情報あり!

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. 北海道エリア別オススメTOP3
  3. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 業界分析・企業分析をしよう!

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP