BUSINESS

ソニー平井会長、取締役退任の理由は?実績多数!業績への影響は?

業界分析・企業分析をしよう!
【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

一時は倒産の危機に瀕したソニーを再生させたとされる平井一夫会長が、2019年6月18日付けで退任することが明らかになりました。

平井氏は、6月18日に行われる予定の定期株主総会の場で会長や取締役も退く予定となっています。

退任後は非常勤のシニアアドバイザーとして「経営陣から求められたとき」に助言するスタンスとのことで、ソニー再生を果たした経験を今後も生かせるポジションには残るようです。

これだけのカリスマであり、経営能力を発揮した平井氏が退任することで、今後のソニーがどうなってくるのか心配なところです。

 

退任の理由は?

平井氏は取締役退任理由について、1年前に社長職を退任した後の経営が順調であると説明。

「マネジメントチームと社員が一致団結し、ソニーという会社をより一層輝かせていく体制が整ったと確信し、35年間過ごしたソニーグループから卒業することを決めました」とコメントを発表しました。

退任時期はいつ?

平井氏は2019年6月18日の定期株主総会までは会長職を務めますが、総会の席で会長の辞任と地震の取締役の退任議案を提出し、株主の賛成多数により退任が認められるようです。

後任が気になるところですが、平井氏とともにゲーム機「プレイステーション」を立ち上げ販路を拡大した時の部下などが抜擢される可能性も指摘されています。

凄腕経営者!平井会長の経歴は?

平井会長は1960年生まれの58歳で、北米での居住歴が長く流暢な英語を話すバイリンガルとして有名です。

というのも、平井氏の父親が銀行員でありその海外赴任に伴って、幼少期からアメリカやカナダなどの海外と日本とを往復する生活をしていたのが理由のようです。

ですので、日本の小学校にはほとんど通っておらず、勉学は主にアメリカンスクールで学んだことが多く、そのことが平井氏に「日本の大学に行き、日本の会社に行き、日本人として歩みたい」との思いを抱かせることにもなったようです。

実際、グローバル企業であるソニーゆえに、英語も日本語も流ちょうな平井氏の存在は経済界にも好印象であったことは間違いないでしょう。

 

実績がすごい!平井会長の功績まとめ

かつて、ソニーは業績の悪化に伴って会社そのものの存亡も危ぶまれていた時期がありました。

平井氏が社長に就任したのは4期連続損失を出していた2012年4月のことで、子会社でありプレイステーションの発売元でもあるSCEからのスライド登板でした。

プレイステーションと言えば当時のソニーで唯一の成功コンテンツであり、その成功体験をもってソニー本体の業績回復を託されたわけです。

実際、平井氏は様々な功績を上げています。

 

選択と集中!大胆なリストラを実施

社長になってから行ったのは「資源の集中」であり、ソニーの原点と言えるオーディオ事業やパソコン事業であっても業績が悪化している事業は容赦なくリストラを図りました。

特に有名なのはパソコンブランドとしてソニーの象徴でもあった「VAIO」ブランドを分社化して売却し実質的にパソコン事業から撤退を決断したことです。

 

業績はV字回復!ソニー再建の立役者

平井氏が行った大胆なリストラ効果もあり、ソニー本社の業績はV字回復することに成功します。

特に、社長就任後6年目となった2018年3月期の営業利益は7349億円と20年ぶりに過去最高を更新し、成功報酬制であった平井氏の役員報酬は国内では異例の27億円となったことでも話題になりました。

 

就任後の株価も右肩上がり!

一時期700円段前半まで落ち込んだ株価も、平井会長就任以降右肩上がりに回復。
2018年9月には過去最高である6973円まで上昇したことで、ソニーの経営再建は軌道に乗ったと市場でも判断されたことが明らかになりました。

退任惜しまれながらも、ネット上では称賛の声多数

ネット上では平井氏の功績をたたえる称賛の声が多数見受けられます。

平井氏がプレイステーションの販路拡大の功労者でもあることから、ゲームファンにとっては忘れられない人材となっています。

特に、プレイステーションシリーズの携帯機「PSP」や「PSvita」などは平井氏の英断がなければ開発も販売もされなかったとされることから、携帯ゲームユーザーからの評価が高いようです。

後任はどんな人?

平井氏の後任はまだ明らかになっていませんが、現CEO兼代表取締役社長である吉田憲一郎氏が会長職になり、後任の社長はソニー内部から抜擢するのではないかとされています。

平井氏の退任コメントでも後任については触れられておらず、ソニーの公式コメントにも後任については明かされていないことから、今後調整の結果発表されるものと思われます。

平井氏ほどのカリスマ経営者の後の会長ですから、なかなかなり手が見つからないのかもしれません。

 

今後の業績や株価への影響は?

ソニー自体は堅調な経営を進めており、円高やリーマンショック級の急激な景気低迷が起きない限りは過去の低迷期のようなことにはならないだろうと言われています。

気になるのは消費税率10%への増税後の消費の冷え込みがどれほど業績に影響を与えるかですが、これはソニーのみならず様々な企業でも抱えている課題ですから、多少の落ち込みはあってもソニーほどの会社であれば回復は早いでしょう。

むしろ、そのようなピンチの時こそ平井氏の経験とアドバイスが生かされるのではないかと考えると、ソニーが再び低迷に陥るようなことはむしろ「あり得ない」ともいえるのではないでしょうか。

ピックアップ記事

はちた

はちた

投稿者の記事一覧

一部上場企業で商品企画・開発の仕事をし、一応ヒットメーカーと呼ばれている。転職の経験あり。最近は副業や投資にも関心があり、積極的に情報収集・実践中。仕事柄若い世代の流行を追うのが趣味。

関連記事

  1. トランプが大統領になったら株価と為替が予想外の好転!その理由は?…
  2. 穐田誉輝の資産額はいくら?長者番付で100位以内にランクインか
  3. 財政出動をわかりやすく〜G7サミットでの最重要課題は各国首脳に響…
  4. パイオニア上場廃止で影響は? 創業80年の老舗パイオニアが上場廃止!大幅リストラも?原因は?
  5. 転勤を断るとクビになるのか?退職理由として転職の際に言っても大丈…
  6. 北朝鮮が日本と会談しない本当の理由。拉致問題とアメリカの関係性
  7. 20代女性の仕事との向き合い方!結婚出産を視野に入れるなら考える…
  8. ノアコインへのホリエモンの見解は?怪しいと疑うあなたに

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP