SOCIAL

イソジンのど飴は日本のトップシェアを取れる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

米製薬会社のムンディファーマは、うがい薬で有名なイソジンを手掛けている。

感染対策に有効なイソジンだが、実は9月からイソジンブランドののど飴を販売している。

イソジンのど飴は、日本のトップシェアを取ることができるのだろうか。

イソジンのど飴が登場!特徴は?

イソジンのど飴は、9月から順次発売することを発表していた。

「フレッシュレモン」「はちみつ金柑」「ペパーミント」の3つのフレーバーが用意されており、注目されているのど飴である。

イソジンのど飴の特徴は、のどにやさしい成分が含まれていることだ。

亜鉛やヘスペリジンなどを独自配合したイソジンのど飴は、のどにやさしい。

イソジンブランドがのど飴に目を付けた理由は、のど飴による上気道の保湿である。

のど飴を口に含むことで、唾液分泌が促される。

これにより、のどに潤いをもたらし、上気道の保湿ができるのだ。

上気道の保湿をすることで、感染症の原因であるウイルスや細菌から守る効果が期待できる。

日本発のイソジンのど飴は、海外展開も検討されているとのことであり、注目ののど飴となっているのだ。

イソジンのど飴は日本のトップシェアを取れる?

イソジンのど飴に対し、ムンディファーマの最高経営責任者(CEO)であるラマン・シン氏は、「ぜひトップシェアを取りたい」と語っている。

そこで気になるのが、イソジンのど飴は日本でトップシェアを取ることができるのかだ。

日本ののど飴業界で、イソジンのど飴がトップシェアを取るのは難しいかもしれない。

なぜなら、日本には既存ののど飴に根強い人気がある。

とくに、龍角散やカンロなどののど飴は、高い人気を誇っており、それらの牙城を崩してまでトップシェアを取るのは至難の業だ。

ただし、ムンディファーマとしては、本気でトップシェアを取るつもりではないだろう。

あくまでうがい薬としてのイソジンのイメージを使って、より日本での市場を広げるのが目的だろう。

そういった意味では、のど飴でトップシェアを取ることができなくても、企業としては成功する可能性は高いだろう。

うがい薬で有名なイソジンだが、のど飴も販売している。

9月から順次販売開始となっており、3種類のフレーバーが用意されている。

イソジンを手掛けているムンディファーマの最高責任者は、「日本でのトップシェアを取りたい」と語っているが、現実は厳しいだろう。

しかし、ムンディファーマの狙いは、むしろイソジンブランドの市場拡大だ。

その意味では、成功する可能性は高く、狙い通りなのかもしれない。

いずれにしても、イソジンのど飴がどんなのど飴なのか注目である。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 週刊少年ジャンプで銀魂が連載終了の理由は?
  2. 櫻井俊の天下り先はどこ?都知事選不出馬は天下り先が魅力だからか?…
  3. フジテレビ赤字転落の原因は何?
  4. 【衝撃!】石原さとみと交際中の前田裕二の年収や総資産がヤバイ!
  5. インドネシア地震で受刑者が脱獄。脱獄受刑者への今後の対応はどうな…
  6. アート引越センター不祥事で4人が書類送検。未成年の深夜労働問題。…
  7. 成宮寛貴引退で逮捕の可能性は?今後社会復帰の道はあるのか
  8. ゴンチャロフ製菓のパワハラ自殺。労災認定されるケースは稀?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP