SOCIAL

イソジンのど飴は日本のトップシェアを取れる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

米製薬会社のムンディファーマは、うがい薬で有名なイソジンを手掛けている。

感染対策に有効なイソジンだが、実は9月からイソジンブランドののど飴を販売している。

イソジンのど飴は、日本のトップシェアを取ることができるのだろうか。

イソジンのど飴が登場!特徴は?

イソジンのど飴は、9月から順次発売することを発表していた。

「フレッシュレモン」「はちみつ金柑」「ペパーミント」の3つのフレーバーが用意されており、注目されているのど飴である。

イソジンのど飴の特徴は、のどにやさしい成分が含まれていることだ。

亜鉛やヘスペリジンなどを独自配合したイソジンのど飴は、のどにやさしい。

イソジンブランドがのど飴に目を付けた理由は、のど飴による上気道の保湿である。

のど飴を口に含むことで、唾液分泌が促される。

これにより、のどに潤いをもたらし、上気道の保湿ができるのだ。

上気道の保湿をすることで、感染症の原因であるウイルスや細菌から守る効果が期待できる。

日本発のイソジンのど飴は、海外展開も検討されているとのことであり、注目ののど飴となっているのだ。

イソジンのど飴は日本のトップシェアを取れる?

イソジンのど飴に対し、ムンディファーマの最高経営責任者(CEO)であるラマン・シン氏は、「ぜひトップシェアを取りたい」と語っている。

そこで気になるのが、イソジンのど飴は日本でトップシェアを取ることができるのかだ。

日本ののど飴業界で、イソジンのど飴がトップシェアを取るのは難しいかもしれない。

なぜなら、日本には既存ののど飴に根強い人気がある。

とくに、龍角散やカンロなどののど飴は、高い人気を誇っており、それらの牙城を崩してまでトップシェアを取るのは至難の業だ。

ただし、ムンディファーマとしては、本気でトップシェアを取るつもりではないだろう。

あくまでうがい薬としてのイソジンのイメージを使って、より日本での市場を広げるのが目的だろう。

そういった意味では、のど飴でトップシェアを取ることができなくても、企業としては成功する可能性は高いだろう。

うがい薬で有名なイソジンだが、のど飴も販売している。

9月から順次販売開始となっており、3種類のフレーバーが用意されている。

イソジンを手掛けているムンディファーマの最高責任者は、「日本でのトップシェアを取りたい」と語っているが、現実は厳しいだろう。

しかし、ムンディファーマの狙いは、むしろイソジンブランドの市場拡大だ。

その意味では、成功する可能性は高く、狙い通りなのかもしれない。

いずれにしても、イソジンのど飴がどんなのど飴なのか注目である。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 華原朋美の現在は?結婚や最近の話題をピックアップ。
  2. あおり運転で事故を起こしたら殺人未遂になる可能性がある?
  3. 塚越裕美子の事務所はどこ?芸能活動の形跡もアリ!
  4. 成宮寛貴さん復帰後は画家に?バラの絵を買いたい人続出?
  5. 兵庫県三田市役所に爆破予告?南あわじ市や淡路市役所にも。被害は?…
  6. ブラックマンデーはいつまで続く?韓国金融市場の下落が日本にもたら…
  7. 「あたらしい党」のクラウドファンディング支援総額がヤバい!
  8. お盆休みの帰省で喜ばれるお土産は何?お菓子の他には意外な●●

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP