SOCIAL

スカイマーク機長もアルコール反応!同じような事件が無くならない理由は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

11月14日、スカイマークの男性機長が前日の飲酒の影響により、乗務することができなかったことがわかった。

これにより、機長は交代となり、その便は出発が遅れたとのことだ。

なぜ、このような事件が無くならないのだろうか。

スカイマークの機長からアルコール反応!

11月14日朝、羽田発・札幌行きのスカイマーク705便に搭乗予定だった男性機長が、出発前にアルコールが検出された。

簡易的検査でアルコールの陽性反応が出たため、詳しい検査を行なおうとしたとのことだ。

しかし、精度の高い検査機器の使い方がわかる社員が周囲におらず、正確なアルコール濃度を測ることができず、別の機長に交代したとのことである。

この交代によって、その便は約23分出発が遅れた。

スカイマークの社内規定では、乗務前12時間以内の飲酒が禁止されている。

今回アルコール反応があった機長は、前日の午後4時から7時の間に、500ミリリットルの缶ビールを7本飲んだと説明しているとのことだ。

なぜこのような事件は無くならないの?

このような、飛行機の機長や副機長からアルコールが検出される事件が後を絶たない。

日本航空では、去年8月から先月までの間で、社内規定を超えるアルコール反応があり、パイロットを交代させるなどで出発が遅れたケースが13件もあったとのことである。

そこで気になるのが、なぜこのような事件は無くならないのかだ。

この理由としては、国の統一的な基準によるアルコール検査の義務化が無いからだろう。

現在は、それぞれの社内規定を基に、パイロットの飲酒に対処している。

そのため、厳しい対処ができておらず、このような事件は無くならないのだ。

国土交通省は、今後国の統一的な基準によるアルコール検査の義務化を検討しているとのことだ。

義務化されれば、より厳しい目で見られることになるだろう。

そのため、ぜひ国土交通省には厳しい基準を設けてほしいものだ。

スカイマークの機長にも、アルコール反応があり機長が交代するという事態が起こった。

簡易検査で陽性反応となり、詳しく検査しようとしたが、検査機器の使い方がわかる社員がおらず、結局機長は交代になったとのことだ。

このような事件が無くならない理由は、アルコール検査に統一的な基準がないからだろう。

現在は社内規定を基に飲酒対策を行っている。

しかし、それでは厳しい対処は難しく、このような事件が無くならないのだ。

国土交通省は、今後統一的な基準によるアルコール検査の義務化を検討しているという。

安全に飛行機に搭乗できるように、厳しい基準を設けてほしいものである。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 南橋浩の大学などの経歴は?エリート銀行員の転落人生・・・
  2. 原発事故から8年経っても、再生可能エネルギー開発が日本で進んでい…
  3. 加計学園疑惑報道しないのはなぜ?5月に入り国会会期延長論も
  4. 何が問題?札幌市民交流プラザの陸自隊員問題。
  5. 岡田サリオがムダ毛騒ぎで炎上?真相を調べてみた!
  6. 金澤ダイスケは本名じゃなかった!由来が意外とおもしろい!
  7. 41歳母=徳永美穂は今どこにいる?恋の”かくれんぼ&…
  8. 溝畑泰秀和歌山立てこもり犯の動機は?事件の経緯まとめ

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP