SOCIAL

斎藤慧がドーピング陽性!アセタゾラミドって無意識に摂取できるの?

スポーツ仲裁裁判所(CAS)が男子スピードスケート・ショートトラック日本代表の斎藤慧が、ドーピング検査で陽性反応だったことを発表。マスキング剤として禁止されているアセタゾラミドに陽性反応を示したとのことだ。

斎藤慧は故意の薬物摂取を否定しており、身の潔白を主張している。果たしてアセタゾラミドは無意識に摂取できるものなのだろうか。

斎藤慧がドーピング陽性!

平昌オリンピックのスピードスケート・ショートトラック日本代表の斎藤慧が、ドーピング検査で陽性反応だったことがわかった。スポーツ仲裁裁判所の発表によると、大会前に実施した検査で利尿効果があり禁止されているアセタゾラミドに陽性反応を示したとのことだ。

平昌オリンピックで薬物違反の発覚は初めてであり、斎藤慧はすでに任意で五輪村を離れているという。捜査が完了するまでオリンピックや他の大会などへの出場が暫定的に禁止となる見通しだ。斎藤慧は、日本選手団を通じてコメントを発表している。

このコメントでは、ドーピングの意図はなく、禁止薬物は無自覚のまま口に入ったとしか考えられないとのことだ。そして、身の潔白を証明するために戦っていくとのことである。

アセタゾラミドって無意識に摂取できるのか?

故意の薬物摂取を否定している斎藤慧だが、陽性反応を示したアセタゾラミドは無意識に摂取することができるのだろうか。アセタゾラミドは、利尿効果がありドーピング隠しの目的として使われることがある禁止薬物だ。

アセタゾラミドは一般用医薬品として販売されておらず、手に入れるためには医師の処方箋が必要である。そして、無意識に摂取することができるとは考えられないのだ。

]つまり、本人が故意で薬物を摂取したか、もしくは誰かが故意に混入させた以外に考えられないのである。今後斎藤慧は、日本スケート連盟などと協力し無実証明のために取り組んでいくという。斎藤慧の無実証明ができるのか注目していきたい。

平昌オリンピックの薬物違反第1号が日本人になってしまった。男子スピードスケート・ショートトラック日本代表の斎藤慧が、ドーピング検査で陽性反応を示したのだ。アセタゾラミドに陽性反応を示したとのことであり、斎藤慧はすでに五輪村を離れている。

しかし、斎藤慧は故意の薬物摂取を否定しており、今後は無実証明のために取り組んでいくという。アセタゾラミドを無意識に摂取することは考えにくいため、本人が摂取したかそれとも、誰かが故意に混入させたのか以外に考えられない。果たして、斎藤慧は無実証明することができるのだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 参院選2016の日程と結果・投票率予想!自公政権は揺るがないのか…
  2. 東京五輪の裏金は電通による工作か?中止の可能性はあるのか?
  3. ホクレンがバター品薄の元凶と部長自ら暴露し炎上!経緯のまとめ
  4. 慶應広告学研究会加害者メンバーの名前が流出?被害届受理で逮捕まで…
  5. 長谷川秀夫が過労死問題で炎上!なにが問題だったのか?
  6. 高校野球センバツ2017の出場校が発表!優勝候補はどこだ?
  7. 青木宣親が7年ぶり日本球界に復帰!古巣ヤクルトファンの反応は?
  8. 箱根駅伝2017結果予想!出場校で注目すべきは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP