LIFESTYLE

【2018・夏】今年は例年より猛暑!?気温はどこまで上がるのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2018年の夏は猛暑になるのか、それとも冷夏になるのか気になるだろう。

日本は年々夏場の気温が上昇しているだけに、猛暑となると厳しい暑さが予想される。

今年2018年の夏の気温は、どこまで上がるのだろうか。

今年は例年より猛暑の予報!

2018年の夏は暑くなることが予想されている。すでに、2018年6~8月の「夏の天候の見通し」を気象庁は発表している。

この発表によると、全国的に例年よりも猛暑と予想されているのだ。北日本の日本海側・太平洋側の平均気温は「例年並みか高い」見込みとなっている。

東日本と西日本の日本海側・太平洋側の平均気温は「高い」見込みとなっている。さらに、沖縄・奄美大島についても平均気温は「高い」見込みとなっているのだ。

このように、全国的に例年以上の高い気温が予報されており、猛暑となる可能性が高いのである。

もちろん、あくまでも予報であり、確実に当たるとは限らない。

しかし、今年は猛暑になる可能性が高いため、熱中症などの対策をしっかりと講じるべきだろう。

しっかりと体調管理をして、2018年の夏を超えるべきだ。

2018年の夏が猛暑になる理由は?

2018年の夏は例年より猛暑になる予想だが、気になるのが猛暑になる理由だ。

2018年の夏が猛暑になる理由は、ダブル高気圧によるものと予測されている。

ダブル高気圧とは、太平洋高気圧とチベット高気圧が通常よりも張り出している状況のことであり、日本列島の上空で2つの高気圧は重なる。

この状況になると、大陸からの偏西風によって、猛暑となってしまうのである。

今年2018年は、ダブル高気圧となる予報となっており、そのため例年よりも猛暑になることが予想されているのだ。

ちなみに、現在の日本国内の最高気温は高知県江川崎の41.0℃となっている。

そして、この気温を観測したのは2013年8月のことであり、この年もダブル高気圧とされているのだ。

それだけに、今年の猛暑は強烈な可能性が高いため、暑さ対策を行うべきだろう。

2018年の夏は、例年以上の猛暑となる予想である。気象庁の予報では、全国的に例年より平均気温は「高い」見込みとなっているのだ。

今年の夏が猛暑になる理由は、ダブル高気圧である。ダブル高気圧だと、大陸からの偏西風による影響で、猛暑になるのだ。

2013年にもダブル高気圧があり、国内最高気温を観測している。それだけに、今年の夏も暑くなる可能性は非常に高いのだ。

だから今年は、例年以上に熱中症対策や体調管理に気を付けてください。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 阿波踊りの総踊りが9月にも実施!今後の展開はどうなる?
  2. チケットキャンプに捜査のメス。何が原因?
  3. 籠池泰典はウソか?安倍昭恵との主張が食い違う展開!
  4. 初詣に行くとご利益がある神社5選【関西地方】
  5. 障害者雇用の水増しって具体的にどういう不正?
  6. 天皇陛下が崩御すると休日はどうなる 翌日は休み?
  7. 派遣切りされてしまう人の特徴は?3年目は要注意!対策方法は?
  8. 吉野正芳の経歴や派閥は?新大臣は辞任せずやり抜けるか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP