SOCIAL

日本初の夜間無人スーパーはどこにある?防犯対策は万全?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

人手不足が深刻になっているご時世ですが、特にスーパーや小売店などの人手不足は深刻になっています。

かつては24時間営業を売りにしているコンビニやスーパーがありましたが、次第に営業を取りやめたり、一部のサービスを休止する事例も登場しています。

そんな最中、スーパーマーケット「トライアル」を展開する株式会社トライアルカンパニーが夜間に限って無人となる新たな形態のスーパーを誕生させました。

レジはもちろん、売り場すら無人になる画期的なスーパーですが、果たしてどのようなスーパーなのでしょうか。

福岡県大野城市に第1号店舗が登場

トライアルカンパニーでは、12月13日に「トライアルQuick大野城店」として新形態のスーパーをオープンさせました。

24時間スーパーでありながら、午後10時~午前5時の間は、売り場やレジに店員がいない状況で営業するという画期的なスタイルです。

もともとトライアルは西日本を中心に休業したスーパーやホームセンターの後に開業するスタイルで店舗数を増やしてきた企業で、居抜き店舗を活用することから設備投資費を抑制しつつ事業展開を行っている先駆的な企業でした。

そんなトライアルが夜間無人店舗を作るというのも、業界関係者から言わせれば「やっぱりか」と言われるでしょう。

専用アプリと会員カードで入店を管理

無人店舗になれば、気になるのは防犯対策でしょう。

トライアルでは、夜間の入店時に専用アプリと会員カードで入店を管理する仕組みを導入することにしています。

昼間は通常のスーパーマーケットのように入店可能ですが、午後10時~午前5時の間は店舗入口に設置した専用端末にスマートフォンアプリ「トライアルお買い物アプリ」か、会員カード「トライアルプリペイドカード」でチェックインしなければ入店できなくなる仕組みを導入することにしています。

また、すべての商品に電子タグを取り付けるので万引きなどは店舗を出る時にチェックされるので、後日通報される仕組みになっています。

実際に犯行の瞬間をとらえるために、AI機能を搭載したカメラ約200台を設置し、商品の在庫状況や顧客の動向を把握し、犯罪行為が起きた時には証拠として確認できるように対応します。

レジなどの決済は「トライアルお買い物アプリ」やタブレットが付属した決済機能付きレジカート、セルフレジで商品のバーコードを読み取らせることで決済が可能になります。

人手不足が深刻な時代になり、特に夜間に仕事ができる人が激減している今、トライアルの取り組みは先鞭者として業界以外の企業からも注目されることでしょう。

同様の取り組みはAmazonやGoogle、ローソンも展開しているので、さらに日本各地に無人店舗が増えてくることは間違いないなく、同時に犯罪などの問題が浮上してくるのも事実でしょう。

先ずはユーザー自身が良心に基づいてサービスを利用する、そのことが保障されないとこのサービスは定着しませんから、便利さと共にモラルを問われているとも言えるでしょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 新型クラウンの売り上げが好調!購入しているのはどういう層?
  2. 鶴保庸介がマンションの資産公開で不正か?
  3. ヒラリー・クリントン宇宙人説?時折見せる「闇」が話題に
  4. 高畑裕太ハニートラップ説は弁護士の印象操作?示談するのは金目的で…
  5. トランプ大統領で株価はどうなる?経済界の反応は?
  6. 【2018 レジャープール】カップルで行きたい関東地方のおすすめ…
  7. 遺骨を海にまく海洋葬とは?費用や法律の扱いをまとめてみた
  8. 防弾少年団(BTS)がナチスで炎上商法?本当の目的は何?

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP