SOCIAL

貴ノ岩が怪我をした頭部に後遺症は無いのか?本人が怪我の影響を黙秘する理由は?

3月11日に初日を迎えた春場所で貴ノ岩が復帰した。復帰初日は、翔猿を寄り切りで破り、復帰後初勝利を挙げている。

そこで心配になるのが、貴ノ岩が怪我をした頭部に後遺症は無いのかだろう。また、本人が怪我の影響を黙秘する理由は何なのだろうか。

貴ノ岩が怪我をした頭部に後遺症は無いのか?

3場所ぶりに貴ノ岩が土俵に復帰した。元横綱・日馬富士に暴行され、頭部を負傷した貴ノ岩だけに後遺症が心配だった。しかし、3月11日の復帰初日の取り込みを見ると、後遺症の影響は無さそうだ。後遺症の影響により、貴ノ岩は実践的な稽古を控えていた。

3月7日からは、出稽古にきた十両・隆の勝と弟弟子の貴公俊を相手に相撲を取った。このときには、頭からぶつかるような立ち合いもしており、問題ないようだったのだ。そして、3月8日には出場するとの判断が下されたのである。

復帰初戦となった翔猿に危なげなく買ったことからも、頭部の怪我の後遺症は無さそうだ。今後、どんな活躍を見せるのか期待が高まっている。

本人が怪我の影響を黙秘する理由は?

貴ノ岩が怪我の影響を黙秘する理由が気になる。怪我の影響を黙秘する理由としては、2つ考えることができる。まず1つ目が、日馬富士への批判につながるからだ。怪我の影響を話せば、日馬富士の話へつながる。

そうすると、必然的に日馬富士批判となっていく。暴行問題で被害者のはずの貴ノ岩は、モンゴルで大バッシングされた。このことから、日馬富士批判につながる言動は避けたいのではないだろうか。

2つ目が、民事裁判を検討しているからとの可能性もある。暴行事件は刑事事件としては、略式起訴にて罰金刑で終わっている。しかし、民事裁判をすることは可能だろう。そして、民事裁判となるなら、不利になるような言動は控えるべきである。

このことから、怪我の影響を黙秘しているのかもしれない。

貴ノ岩が春場所で復帰した。復帰初戦では、翔猿を相手に寄り切りで勝利している。稽古の状態や復帰戦を見る限り、貴ノ岩の怪我の後遺症は問題無いようだ。また、貴ノ岩が怪我の影響を黙秘する理由は2つ考えられる。

1つは、日馬富士批判につながりかねないからだ。日馬富士批判につながると、暴行事件発覚当時のようにモンゴルで貴ノ岩が大バッシングされる可能性ある。そのため、黙秘しているのではないだろうか。

もう1つは、民事裁判を考えているからの可能性もある。民事裁判を起こしたときに、不利にならないように黙秘している可能性もあるのだ。いずれにしても、貴ノ岩が復帰したことは喜ばしい。ぜひ、今場所から大活躍してほしいものだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 日本工業大学 素の家から火災!安全管理はどうなっていた?
  2. 上杉隆が出馬でデマ都知事の誕生か?知花くららとの交際が気になる人…
  3. 森友学園問題はここが着地点!?与党が必死で守ろうとしているものと…
  4. 天皇陛下のお気持ち表明で生前退位はいつになるか?
  5. トランプの息子のバロン君の身長が高すぎると話題に!
  6. 金澤ダイスケは本名じゃなかった!由来が意外とおもしろい!
  7. プーチン来日!会談のホテルは山口のどこ?
  8. 伊藤義弘の年棒は?折れたバットが戦力外への引き金となったのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP