LIFESTYLE

転勤でマイホームはどうすべき?売却か賃貸か

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

サラリーマンに付き物である、転勤。

いくつかの例外を除いて、辞令には従わなければならないのが会社勤めのさだめなのだが、その時々の状況によっては簡単に異動できない場合もある。

子供が受験生であるとか、親を介護しなければならないとか、人にはそれぞれ様々な事情があるのだ。

その中でも、難しい判断を迫られるのが、念願のマイホームを購入したあとの転勤辞令である。家をどうするのか。売るのか、貸すのか。それぞれのメリットとデメリットを考えてみる。

スマホ用

売却する場合

まず、どうせ住めないのなら思い切って売ってしまおうという場合。一番に考えなければならないのは、やはり住宅ローンの残債だろう。もし立地条件が良かったり、築浅の物件であったりすればそれなりの価格で売却することが出来るだろうが、その逆の条件であれば、買い手さえつくかどうかも分からない。

もし売却した利益が残債を大きく下回るのであれば、残りは一括返済しなくてはならないことを考えると、よほど預金などに余裕があるのでなければ、相当な負担を覚悟しなければならない。これがデメリットの一つである。

他にも、契約が成立するまでの期間も住宅ローンは待ってくれないという現実がある。すぐに買い手が付けばいいのだが、もしなかなか売れなかった場合、その間のローンを支払い続けなければならない。しかも、転勤先の家賃も自己負担分を支払うことになるため、二重に住宅費がかかることになる。こんなデメリットも考えられるのだ。

しかも、転勤から戻って来ることになった時に、当然のことながらもう住む家はない。また一から住宅購入をやり直さなければならない。その時の年齢によってはローンを組むことが難しくなるため、購入を諦めなければならなくなる可能性もある。これもデメリットだろう。

では、メリットはあるのだろうか。あるとすれば、それは売却した利益が残債を上回った場合のみだろう。

スマホ用

人に貸す場合

売ることは出来ないし、空き家しておくことも出来ないなら、人に貸してその家賃でローンを払えばいいのではないか。そう単純に考える人も多いと思われるが、これにも難しい問題がある。

住宅ローンには、ローンの名義人がその住宅に住んでいることを条件にしているものがほとんどである(ただし、親族が住むのであれば本人が不在でも認められる)。

また、借りた金の用途が住宅購入に限られているので、賃貸物件として人に貸すとなればその定義を満たさなくなる。その家の持ち主は賃貸物件のオーナーになるため、住宅ローンを利用することは出来なくなるのである。その場合は当然、残りのローンを一括返済することを金融機関に求められるのである。

金融機関によっては、住宅ローンを事業者向けのローンに借り換えることを勧めるケースもあるが、その場合は金利が高くなることを覚悟しなければならない。

ただし、ローンの契約約款に条件付きで例外を認める規定があると、解釈によっては賃貸も可能だと認められる可能性もあるので約款を確認しておくことは必要である。

金融機関に無断で貸してしまうということも全く不可能ではないが、バレなければという条件が付く。返済を滞らせることがなければまず大丈夫だと思われるのだが、万が一バレた時には信用をなくすことは間違いない。場合によっては残債を一括返済することを求められるかもしれない。

もしこれらの条件がクリアできて借り手も見つかった場合にも、色々と面倒なことはついて回る。

まず、維持費の問題。家賃収入でローンを支払うことが出来たとしても、家の維持費や固定資産税は別途かかってくる。また、誠実な借主であればいいが、家賃を支払わなかったり近隣の住民とトラブルを起こすような人物だと、精神的な負担を強いられることにもなる。

ただ、こういったトラブルの処理は、管理を業者に委託することで免れることが出来る。ただし、管理委託料を支払わなければならないので、家賃収入は減ることを覚悟しなければならない。

また、人が住む限り家は傷むという事実がある。自分で住んで使って痛むのならば納得もいくが、他人が家に傷をつけるのはやはり気持ちが良くないものである。そういう所を割り切って考えられないと、人に貸すということは難しいかもしれない。

と、ここまでデメリットばかり上がってしまったが、決して悪いことばかりではない。転勤から戻ってきた時に、家が待っていてくれるのである。しかし、これも借主との契約期間が切れるまでは明け渡してもらえないという不都合もある。目の前にマイホームがあるのに住むことができない状況。想像しただけで悲しくなる。

考えてみると、どちらを選んでもあまりいいことはないように思えてしまう。だから家族を残して単身で赴任することを選ぶ人が多いのだろう。

しかし、家族がバラバラに暮らすということにもデメリットは多いものだ。生活費も倍になるし、何より寂しさや不安に悩まされなければならない。

どういう選択をするにしても、家族でじっくり話し合って、それぞれが納得できる選択をすることが大切だろう。

スマホ用

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 【意外と簡単!】年収を上げるためにやるべきたった一つのコトは?
  2. 岩田雅裕の年収は?収入減って嘘じゃないか?ガンボジア医療に賭ける…
  3. ファストフード業界に明暗が!ケンタッキーは復活できるのか?
  4. 台風12号たまごが発生!最新進路情報は沖縄いつ通過?
  5. サマータイムをわかりやすく解説。メリットとデメリットは?
  6. 育休延長2年はいつから?職場では迷惑との声もあるが少子高齢化の歯…
  7. 40代でも結婚できない人が意外と気づかない「悪いくせ」
  8. 日本の給与水準はアジアで何位?発展途上国にどんどん抜かれている?…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を
  2. ウィキリークスとビットコインの関係

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP