SOCIAL

チケットキャンプの閉鎖が濃厚に。チケット高額転売は無くなるのか?

ミクシィの子会社フンザが運営する「チケットキャンプ」が閉鎖濃厚であることがわかった。現在一時停止となっているチケットキャンプのサービスなのだが、来春には閉鎖するのが濃厚とのことだ。これを皮切りに、チケットの高額転売は無くなるのだろうか。

チケットキャンプの閉鎖が濃厚

チケットキャンプが来春にも閉鎖するとの報道がある。チケットキャンプは12月7日をもってサービスの一時停止を行っていた。一時停止していた理由は、チケットキャンプ内での表示で商標法違反および不正競争防止法違反の容疑によって、捜査当局から捜査を受けているからである。捜査が続く中で再開は難しいとのことで、来春にも閉鎖することが濃厚となっているのだ。

ただし、この報道に対しミクシィは「当社が発表したものではありません」と発表している。そして、今後のサービス継続の是非は検討しているということを明らかにしているのだ。それでもやはり、閉鎖する流れになることが予想されている。改めてミクシィがどのような発表をするのかに注目していきたい。

チケット高額転売は無くなるのか?

チケットキャンプが閉鎖濃厚であることで、注目されているのがチケット高額転売についてだ。チケットキャンプに捜査のメスが入る前から、チケット高額転売の問題は話題になっていた。しかし、チケットキャンプに捜査が入ったことで、さらに注目となっている。

ただし、チケットキャンプの容疑は商標法違反・不正競争防止法違反となっている。そのため、チケット高額転売については、現在のところ問われていないのだ。これを考えていくと、チケット高額転売が無くなることはないのではないだろうか。

チケット高額転売を無くすためには、法の整備が必要だろう。現在の法律で、ネット上でのチケットの売買について問うのは難しい。法律で規制しない限り、チケット高額転売は無くならないのではないだろうか。

チケットキャンプが閉鎖することが濃厚となっている。ミクシィは報道について「当社が発表したものではありません」としているが、継続の是非を検討しているのは事実のようだ。これまでの流れをみていくと、閉鎖となるのが濃厚だろう。

ここで気になるのがチケット高額転売についてだ。チケットキャンプの閉鎖が、チケット高額転売が無くなることにつながるのかだ。チケット高額転売については、無くなることはないだろう。本気でチケット高額転売を無くしたいのなら、法律を整備する必要がある。現在の状況のままなら、チケット高額転売は続くのではないだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 田野岡大和君の父親と姉のインタビューで深まる謎
  2. 豊洲市場問題は石原慎太郎の責任だった?過去の発言が問題に
  3. オウム死刑囚を全国各地に移送する裏事情とは?
  4. ヒアリに刺されるとどうなる?東京で出現はあるか?
  5. 三浦瑠麗は創価学会で中国人という噂の真偽は?夫は外務省で正真正銘…
  6. 東京五輪の裏金は電通による工作か?中止の可能性はあるのか?
  7. 貴公俊の処分はどうなる?原因は貴乃花親方の力量不足か!?
  8. 神宮外苑で白熱電球が炎上!東京デザインウィークの惨事は防げなかっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP