SOCIAL

富川悠太アナの失言集!報道ステーション更迭は時間の問題?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

テレビ朝日のニュース番組『報道ステーション』でキャスターを務める富川悠太アナウンサーが、番組内の自衛隊に対する発言で炎上している。

過去に富川悠太アナは何度も失言をしているのだ。富川悠太アナの『報道ステーション』更迭は時間の問題なのだろうか。

富川悠太アナの失言集

ニュース番組『報道ステーション』の2月7日の放送で、記録的な大雪に見舞われている福井県での自衛隊の除雪について報道。

ここで富川悠太アナは状況説明後、「ただ、24時間で除雪できたのは、手作業がメインだったということもあって、わずか1.5㎞ほど」と発言したのだ。

この「わずか」というワードを使ったことで炎上しているのである。

富川悠太アナは度々失言をしているのだ。日馬富士引退の際にも、何度も九州場所での引退の心境について質問した。そして、伊勢ケ浜親方に「その質問はおかしい」とダメ出しを食らったのだ。

さらに、2016年7月10の放送では参院選特番で安倍総理に対し、いきなり「憲法改正は?」と質問したのだ。

安倍総理は国会で議論し、憲法審査会で審議してと答えるも、富川悠太アナは「憲法のどの条文を?」と発言し無知ぶりを表してしまっている。

報道ステーション更迭は時間の問題?

過去に何度も失言しており、キャスターとしても実力不足を露呈している富川悠太アナ。それだけに、『報道ステーション』更迭は時間の問題ではとの声が挙がっているとのことだ。

しかし、なかなか簡単に更迭とはいかないようだ。更迭したとなると、どうしても後任が必要となってくる。

だが、富川悠太アナの後任のキャスターを見つけ出すのは至難の業だろう。そのため、基本的には富川悠太アナの続投となるのではないだろうか。

しかし、今後も失言が続くようなら、強硬策で後任を無理にでも見つけてくる可能性があるだろう。

富川悠太アナは、もっとキャスターとしての実力をつける必要があるのではないだろうか。

朝日テレビのニュース番組『報道ステーション』で、またも富川悠太アナが失言した。

自衛隊の除雪について報道したさいに、「わずか1.5㎞ほど」と発言。この「わずか」というワードを使ったことで炎上しているのだ。

過去には日馬富士への質問や安倍総理への質問でも失言し、キャスターとしての能力不足を露呈している。

更迭は時間の問題との声もあるが、そう簡単にはいかないだろう。後任のキャスターを見つけなければ、更迭をすることができないのだ。

ただし、このまま失言が続けば、無理やりでも後任を見つけてくることだろう。富川悠太アナはまず、自分の能力不足を認める必要があるのではないだろうか。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 【小林遼】住民が前科を全く知らなかったのはなぜ?
  2. 羽田新ルートの合意で何が変わる?利用者の利便性に繋がる?
  3. 【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!
  4. 慶応大生の性的乱暴事件が不起訴の理由は?加害者は権力者の子供?
  5. 小泉進次郎の学歴はなぜ低いのか?頭は良い悪い?
  6. 森友学園国有地売却の場所はどこ?報道されないのはなぜか
  7. 横浜の簡易宿泊所で火事!中高層マンションやビル火災で逃げ遅れない…
  8. 桜島の記録的噴火(2018年6月16日)。過去の規模と比べてどの…

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP