SOCIAL

豊田真由子は辞職するか?秘書への恫喝暴行が波紋をよぶ

現在2期目の自民党・豊田真由子衆議院議員の秘書への恫喝暴行が表沙汰になった。

豊田真由子の元秘書が恫喝暴行をされていたことを告発したのだ。

豊田真由子はこの事件をきっかけに辞職するのだろうか。

豊田真由子が秘書へ恫喝暴行

豊田真由子は安倍チルドレンの1人であり、現在2期目を務める自民党の衆議院議員である。そんな豊田真由子の恫喝暴行について政策秘書を務めていた男性が告発したのだ。

この元秘書によると殴る・蹴る・ハンガーで叩くなどの暴行があったという。しかも断続的に行われていたことを告発している。しかも豊田真由子から「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか」「お前の娘にも危害が及ぶ」など恫喝・暴言を浴びせたというのだ。

この元秘書は暴行恫喝されてからICレコーダーで録音することにしたという。ICレコーダーには豊田真由子の恫喝暴行の様子が録音されていた。余りにも生々しく常軌を逸した行動であり豊田真由子の恫喝暴行は波紋を呼んでいる。

豊田真由子は辞職するのか?

豊田真由子から恫喝暴行を受けていた元秘書は警察に被害届を出す意向とのことだ。また、豊田真由子の事務所は元秘書への暴行について認めている。

しかし、お見舞金という形で金銭にて解決を目指しているとのことだ。つまり、元秘書がお金での和解を拒否した場合は刑事事件に発展する可能性があるだろう。元秘書は病院から「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」などの診断書を出されている。

そして、ICレコードの記録などから暴行事件として立証ことは可能だろう。このことから豊田真由子は議員を辞職する可能性があるだろう。

しかも豊田真由子の秘書は1年半で20人以上も辞めているとされている。これだけの人数が辞めるのは豊田真由子に原因があるのだろう。まだまだ問題が出てきてもおかしくない状況であり、早々と議員辞職に追い込まれるかもしれない。

豊田真由子の秘書への恫喝暴行は議員を辞職するに値するだろう。国会議員とは言え1人の人間であり恫喝暴行が許されるはずがない。しかも豊田真由子の事務所は暴行を認めているのだから辞職するべきだろう。

刑事事件に発展するようなら確実にアウトだろう。そもそも、刑事事件に発展する可能性があるようなことを起こす人物が国会議員であるのがおかしい。国会議員である前に人間として恫喝暴行は許されるものではない。豊田真由子には誠意ある対応を求めたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 【日大アメフト問題】黒幕は田中理事長?異常な独裁体制が根源!?
  2. 小室哲哉引退の裏にまたも週刊文春!過去に週刊文春に陥れられた有名…
  3. 真木よう子が泥沼トラブルで事務所独立。彼女はこのまま消えてしまう…
  4. 舛添要一 出版社社長の元新聞記者は誰か?中央公論社の大橋善光が最…
  5. 小室圭の経歴は慶應かICUか?眞子様結婚で集まる注目
  6. 鳥越俊太郎は認知症で文字がヤバイ!字が汚いのは元から?
  7. 愛知県でカーナビ盗みが横行!個人でできる対策はあるのか?
  8. ノンスタ井上当て逃げで逮捕?番組降板なるか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP