SOCIAL

トランプ暗殺の予言とは?可能性はあるのか

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

大どんでん返しで、大統領に就任した、ドナルド・トランプ大統領。

過激な言動や、政策などが、話題を呼んでいるが、「トランプ暗殺」の噂が後を絶たない。

ISが、就任式を狙って暗殺するとの情報もあったが、これは無事回避された。

厳重な警護の中をかいくぐっての暗殺、可能性はあるのだろうか?

今回はこの「トランプ暗殺」について情報をまとめたい。

ISが殺害を予告、サウジアラビア人のパソコンからトランプのスケジュールが

IS(イスラム国)が、大統領就任式で、トランプ暗殺するとの情報が流れた。

これは回避されたが、「狙われている」というのは確かだろう。

また、ISの人間ではなくても、そういう思想を持った、個人の犯行もこの先ありえるだろう。

さらに、トランプ暗殺の計画は、選挙戦を戦っている時から始まっていた。

選挙期間中の出来事だが、拘束されたサウジアラビア人のノートパソコンに、トランプの詳細なスケジュールが入っていて、大統領就任前の警護が手薄な時を狙って、暗殺する計画が立てられていたということになる。

謎の組織「イルミナティ」の存在とケネディとの共通点

イルミナティという組織をご存知だろうか。

世界を裏で操っているといわれている組織の一つで、とてつもない力を持っているようだ。

そのイルミナティが、世界の過程を予言したイルミナティカードというものがあるのだが、そこに、トランプが登場する。

カードには「Enough is Enough」いい加減にしろという意味の言葉が書かれており、イルミナティ側が相当な怒りを持っていることが分かる。

ある意味で、「予告」とも「予言」とも取れるイルミナティカードだが、トランプ大統領は、財務長官に投資銀行JPモルガンのジェイミーモルダン氏を推薦している。

モルガン家はイルミナティの構成員として有名で、トランプ大統領の「配慮」が垣間見える。

トランプ暗殺の心配はまだまだ尽きない。

過去に暗殺された、ケネディ大統領との共通点が意外に多いからだ。

2人は実業家であるが、その規模は、「大財閥」ではなく、「中小財閥」である。

グローバリズムからの脱却を掲げているトランプ大統領と、グローバリズムを推し進めている大財閥は、真っ向から対立している。

大財閥と対立している点で、ケネディと共通点があるのだが、財閥を敵に回すと恐ろしい。

私の予想だが、トランプ暗殺といっても、大統領に就任した今、警護は厳重で、その目をかいくぐっての暗殺は難しいだろう。

となると、自らの死を覚悟しての、「自爆テロ」的な犯行か、「大量殺人」となる可能性が高い。

トランプ相場に沸いている市場だが、喜んでいられるのも今のうちだけかもしれない。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. スバルの操業停止はいつまで?納車済みの車はリコールになる?
  2. 新井浩文が起訴!もし有罪になったら今後どうなる?
  3. 高畑裕太の弁護士は誰?前橋署で共に映る姿が話題に
  4. 古着屋がブート品販売で逮捕!人気のブート品が欲しい場合の入手方法…
  5. 「消費税10%とかクソ」の意見から見える日本の将来。
  6. プーチン来日!会談のホテルは山口のどこ?
  7. 最年少市長・藤井浩人は冤罪?日本の刑事司法制度の闇!
  8. 小室圭の父親の死因は自死だったことが判明...広がる波紋

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. メーカー就活必勝法
  3. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP