SOCIAL

トランプ暗殺の予言とは?可能性はあるのか

大どんでん返しで、大統領に就任した、ドナルド・トランプ大統領。

過激な言動や、政策などが、話題を呼んでいるが、「トランプ暗殺」の噂が後を絶たない。

ISが、就任式を狙って暗殺するとの情報もあったが、これは無事回避された。

厳重な警護の中をかいくぐっての暗殺、可能性はあるのだろうか?

今回はこの「トランプ暗殺」について情報をまとめたい。

ISが殺害を予告、サウジアラビア人のパソコンからトランプのスケジュールが

IS(イスラム国)が、大統領就任式で、トランプ暗殺するとの情報が流れた。

これは回避されたが、「狙われている」というのは確かだろう。

また、ISの人間ではなくても、そういう思想を持った、個人の犯行もこの先ありえるだろう。

さらに、トランプ暗殺の計画は、選挙戦を戦っている時から始まっていた。

選挙期間中の出来事だが、拘束されたサウジアラビア人のノートパソコンに、トランプの詳細なスケジュールが入っていて、大統領就任前の警護が手薄な時を狙って、暗殺する計画が立てられていたということになる。

謎の組織「イルミナティ」の存在とケネディとの共通点

イルミナティという組織をご存知だろうか。

世界を裏で操っているといわれている組織の一つで、とてつもない力を持っているようだ。

そのイルミナティが、世界の過程を予言したイルミナティカードというものがあるのだが、そこに、トランプが登場する。

カードには「Enough is Enough」いい加減にしろという意味の言葉が書かれており、イルミナティ側が相当な怒りを持っていることが分かる。

ある意味で、「予告」とも「予言」とも取れるイルミナティカードだが、トランプ大統領は、財務長官に投資銀行JPモルガンのジェイミーモルダン氏を推薦している。

モルガン家はイルミナティの構成員として有名で、トランプ大統領の「配慮」が垣間見える。

トランプ暗殺の心配はまだまだ尽きない。

過去に暗殺された、ケネディ大統領との共通点が意外に多いからだ。

2人は実業家であるが、その規模は、「大財閥」ではなく、「中小財閥」である。

グローバリズムからの脱却を掲げているトランプ大統領と、グローバリズムを推し進めている大財閥は、真っ向から対立している。

大財閥と対立している点で、ケネディと共通点があるのだが、財閥を敵に回すと恐ろしい。

私の予想だが、トランプ暗殺といっても、大統領に就任した今、警護は厳重で、その目をかいくぐっての暗殺は難しいだろう。

となると、自らの死を覚悟しての、「自爆テロ」的な犯行か、「大量殺人」となる可能性が高い。

トランプ相場に沸いている市場だが、喜んでいられるのも今のうちだけかもしれない。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 朴鐘顕の動機は?敏腕編集長が妻を手にかけた理由とは・・・?
  2. 黒崎愛海さんのFacebookの友達に犯人はいるのか?犯人の正体…
  3. 舛添要一が韓国人という噂ももはや真実味を帯びてきたか・・・?
  4. プーチン来日の日程は?山口の交通規制はどうなる?
  5. トランプ暗殺の確率は?イルミナティカードで予言との情報
  6. アルビノ狩りがアフリカで多発!迷信ではない本当の理由とは?
  7. 藤井六段の師匠・杉本七段の実力は?初対決の結果は?
  8. 森友学園問題とは結局?わかりやすく最新論点をまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP