LIFESTYLE

【2018・梅雨入り】関東地方はいつごろ?例年より早いというのは本当?

毎年日本だと6月は梅雨の時期だ。2018年も当然のように梅雨となることだろう。

レジャーを楽しむなら、梅雨入り前に楽しむべきだ。

そこで気になるのが、関東地方ではいつごろ梅雨入りするのかだろう。

そこで今回は、2018年の関東地方の梅雨入りについて紹介していこう。

【2018・梅雨入り】関東地方はいつごろ?

2018年の関東地方の梅雨入りを予想するためには、過去の梅雨入りのデータが参考になる。

気象庁では、1951年以降関東地方の梅雨入り・梅雨明けのデータを公表しているのだ。

ちなみに、この気象庁のデータでは、梅雨入りは〇月〇日頃と表現される。

これには理由があり、梅雨入りや梅雨明けには、5日ほどの「移り変わり」の期間があるのだ。

そして、この移り変わりの中日を「頃」と表現しているのである。

そんな関東地方の梅雨入り情報だが、1951年以降で一番早い梅雨入りが2011年の5月27頃となっている。

逆に、一番遅い梅雨入りは1967年の6月22日頃となっているのだ。

そして、平年の梅雨入りが6月8日頃となっている。

そのため、2018年も6月8日前後に梅雨入りするのが濃厚となっているのだ。

【2018・梅雨入り】例年より早いというのは本当?

関東地方の梅雨入りは、平年だと6月8日頃だが、2018年は例年より早い可能性が高い。

なぜなら、ここまで梅雨入りしている地区が例年より早いからだ。

2018年は、すでに沖縄。奄美・九州南部・九州北部・四国にて梅雨入りしている。

沖縄は例年より1日早く、奄美では例年より4日早い梅雨入りだった。

さらに、九州南部では例年より5日早く、九州北部では8日早い梅雨入りをしている。

そして、四国においても例年より8日早い梅雨入りをしているのだ。

このように、ここまで梅雨入りしている地区すべてで、例年より早い梅雨入りをしているのである。

このことから、関東地方の梅雨入りも例年より早い可能性が高いのだ。

そのため、6月になればすぐに関東地方の梅雨入りとなるのかもしれない。

2018年の梅雨入りは、すでに始まっている。沖縄・奄美・九州南部・九州北部・四国で梅雨入りしているのだ。

関東地方の梅雨入りはまだだが、すぐに梅雨入りとなりそうである。

関東地方の梅雨入りは平年6月8日となっているのだが、これよりも早い梅雨入りとなりそうだ。

なぜなら、ここまで梅雨入りしている地区すべてが例年より早い梅雨入りだった。

このことから、関東地方の梅雨入りも例年より早い可能性が高いのである。

梅雨入りがそこまで来ているので、レジャーを楽しむなら早いうちがいいだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 籠池泰典は証人喚問で偽証罪逮捕なるか?すでに雲行きが怪しいとの見…
  2. トランプ大統領の来日で首都高の規制に注意!
  3. パラダイス文書とは?日本の企業や個人の名前も!
  4. 小室圭の仕事や学歴は?華麗な経歴の眞子様の結婚相手が話題に
  5. 阿蘇山の噴火は?2016年九州大地震で高まる緊張・・・
  6. 小池百合子の顔のアザの画像!厚化粧はアザを隠すためと反論し石原慎…
  7. カジノ法案成立で日本のカジノはいつ・どこに?有力候補地まとめ
  8. 内田茂逮捕の可能性は?監査役の会社が不正受注疑惑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP