SOCIAL

2018年「台風6号」の進路は?日本列島への影響は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2018年の台風6号が発生しており、沖縄には6月16日に上陸する予想となっている。そのため、沖縄本島や奄美地方では激しい雨となるだろう。

そこで気になるのが台風6号の進路である。台風6号の今後の進路と日本列島への影響はどうなのだろうか。

2018年「台風6号」の進路は?

気象庁の発表(2018年6月16日9時50分発表)によると、台風6号は6月16日9時で那覇市の西約60㎞の位置にあるとのことだ。進行方向・速さは東北東30㎞/hであり、中心気圧は992hPaとなっている。

今後の進路予想としては、16日の21時の段階で奄美大島の南南西約140㎞まで進む予想となっている。早さは遅くなり、東北東20㎞/hで中心気圧は変わらず992hPaと予報されている。そして、6月17日に奄美大島の東約90㎞で温帯低気圧となる予報だ。

ただし、ヨーロッパ中期予報だと日本列島に直撃する予報となっている。ヨーロッパ中期予報は10日間予報となっており、精度が落ちるとされている。そのため、気象庁の予報の方が当たる確率が高いのだが、警戒はするべきだろう。

2018年「台風6号」の日本列島への影響は?

2018年台風6号で心配なのが日本列島への影響だろう。気象庁の予報通りとなれば、台風6号は日本列島への上陸前に温帯低気圧に変わることだろう。しかし、日本列島への影響が皆無なわけではない。

まず、温帯低気圧になっても勢力が衰えるとは限らないのだ。そもそも、台風とされる条件は「暖かい空気のみの低気圧」「中心付近の最大風速が秒速17.2m以上」の2つの条件がある。台風6号は、冷たい空気と暖かい空気が存在することにより、温帯低気圧に変わるとされているのだ。そのため、風速や雨量については、十分警戒するべきなのである。

温帯低気圧になったとしても、強い勢力を保ったまま日本列島に近づき、大雨を降らせる可能性があるのだ。梅雨の時期ということもあり、地面が緩くなっている可能性身あるため、土砂災害などに警戒するべきである。

2018年の台風6号は、6月16日に沖縄にある。今後の気象庁による予報では、東北東に進み、6月17日に温帯低気圧になることが予測されている。

ただし、精度は低いとは言え、ヨーロッパ中期予報では日本列島に直撃する予報となっているので要注意だ。気になる日本列島への影響だが、温帯低気圧になっても警戒するべきである。

温帯低気圧になっても勢力を保ったまま日本列島に近づく可能性があるため、大雨や土砂災害などに注意してください。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 日産がまたリコール!ゴーン容疑者との関連性はあるのか?
  2. 都議選2017の日程・投票日はいつ?予想は小池新党優勢か
  3. 少子高齢化で国民健康保険の制度が見直される?今後どうなる?
  4. 栗原敏勝の動機は?宇都宮爆破事件の闇が深すぎる・・・
  5. ASKAは冤罪の可能性あり?釈放不起訴だが真実は?
  6. 台湾列車事故の原因は列車を製造した日本のメーカーにあった!
  7. テレ朝の女子アナが退社する理由が闇深い
  8. 2025年大阪万博で延伸される地下鉄はどこ?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP