SOCIAL

2018年の海開きはいつ頃?例年より早い?遅い?

徐々に気温が上がっており、夏が刻一刻と迫っていることがよくわかる。そこで気になるのが、2018年の海開きはいつ頃なのかだろう。

2018年の海開きは、例年よりも早いのか遅いのか知っておきたい。そこで今回、2018年の海開きはいつ頃であり、例年よりも早いのか遅いのか紹介していきたい。

2018年の海開きはいつ頃?

2018年の海開きはいつ頃なのかだが、場所によって異なってくる。いち早く海開きをするのは沖縄だ。

沖縄では、すでに2018年の海開きが始まっている。2018年3月から沖縄県内では。各地で海開きがスタートされているのである。

関西地方の海開きは、7月1日~7月中旬となっているようだ。多くの海水浴場が7月1日を海開きの予定になっている。

ただ、関西で人気の海水浴場のひとつである須磨海水浴場は7月上旬が海開きとなるようだ。関東地方の海開きは、7月中旬頃となるようである。

やはり、西から順番に海開きは早くなっており、徐々に東も海開きしていくのである。そのため、少しでも早く海水浴を楽しみたいなら、西の海水浴場に旅行に行くのがおすすめだろう。

2018年の海開きは例年よりも早いのか遅いのか?

気になる海開きが例年よりも早いのか遅いのかだが、例年通りとなりそうだ。過去に、例年よりも早い海開きでは、白浜海水浴場が5月に海開きをしている。

しかし、2018年は7月1日からとのことであり、例年とあまり変わらない海開きとなるようだ。

また、海開きの条件に付いてだが、海開きは水質検査が関係している。水質検査で水質に問題なく、平均海水温度が目安を超えた場合に海開きが可能になるのだ。

ちなみに、海開きをしていなければ、海水浴をしてはいけないわけではない。

海開きをしていない場合は、ライフセーバーや海の家、クラゲ対策などがされていないだけである。

そのため、自己責任で海水浴を楽しむことは十分できるのである。

ただ、安全対策が施されていないとも考えられるので、自己責任に楽しむようにしてほしい。

2018年の海開きは、沖縄ではすでに始まっている。3月から沖縄各地では海開きが行われているのだ。

また、関西地方では7月1日~7月中旬頃が海開きとなり、関東地方では7月中旬頃が海開きとなる予定である。

海開きは例年と同じぐらいの早さとなりそうだ。しかし、海開きをしていなくても海水浴は可能である。

ただ、安全対策が施されていないため、自己責任となるので海開き前に海水浴に出かかるのは注意してください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 日本カビの対策は?抗生物質が効かないって本当?
  2. 内田茂 ドンの写真画像や息子の情報!写真に「悪役商会の俳優か?」…
  3. 内田茂の自宅はどこ?大物都議会議員の自宅が実は…
  4. 音喜多駿、本人が語る都民ファーストの会を離党した3つの理由。
  5. 田野岡大和君の父親と姉のインタビューで深まる謎
  6. 日産リコール121万台!書類偽装の真相とは?
  7. 小見祐貴と高樹沙耶の関係は?タトゥー入りの謎の若者の正体は?
  8. 山本有二失言スキャンダルだらけ!辞任はいつ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP