SOCIAL

2018年の海開きはいつ頃?例年より早い?遅い?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

徐々に気温が上がっており、夏が刻一刻と迫っていることがよくわかる。そこで気になるのが、2018年の海開きはいつ頃なのかだろう。

2018年の海開きは、例年よりも早いのか遅いのか知っておきたい。そこで今回、2018年の海開きはいつ頃であり、例年よりも早いのか遅いのか紹介していきたい。

2018年の海開きはいつ頃?

2018年の海開きはいつ頃なのかだが、場所によって異なってくる。いち早く海開きをするのは沖縄だ。

沖縄では、すでに2018年の海開きが始まっている。2018年3月から沖縄県内では。各地で海開きがスタートされているのである。

関西地方の海開きは、7月1日~7月中旬となっているようだ。多くの海水浴場が7月1日を海開きの予定になっている。

ただ、関西で人気の海水浴場のひとつである須磨海水浴場は7月上旬が海開きとなるようだ。関東地方の海開きは、7月中旬頃となるようである。

やはり、西から順番に海開きは早くなっており、徐々に東も海開きしていくのである。そのため、少しでも早く海水浴を楽しみたいなら、西の海水浴場に旅行に行くのがおすすめだろう。

2018年の海開きは例年よりも早いのか遅いのか?

気になる海開きが例年よりも早いのか遅いのかだが、例年通りとなりそうだ。過去に、例年よりも早い海開きでは、白浜海水浴場が5月に海開きをしている。

しかし、2018年は7月1日からとのことであり、例年とあまり変わらない海開きとなるようだ。

また、海開きの条件に付いてだが、海開きは水質検査が関係している。水質検査で水質に問題なく、平均海水温度が目安を超えた場合に海開きが可能になるのだ。

ちなみに、海開きをしていなければ、海水浴をしてはいけないわけではない。

海開きをしていない場合は、ライフセーバーや海の家、クラゲ対策などがされていないだけである。

そのため、自己責任で海水浴を楽しむことは十分できるのである。

ただ、安全対策が施されていないとも考えられるので、自己責任に楽しむようにしてほしい。

2018年の海開きは、沖縄ではすでに始まっている。3月から沖縄各地では海開きが行われているのだ。

また、関西地方では7月1日~7月中旬頃が海開きとなり、関東地方では7月中旬頃が海開きとなる予定である。

海開きは例年と同じぐらいの早さとなりそうだ。しかし、海開きをしていなくても海水浴は可能である。

ただ、安全対策が施されていないため、自己責任となるので海開き前に海水浴に出かかるのは注意してください。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 地方議員ゼロの会とは?政策や設立経緯 ホリエンモンとの関係は?
  2. り災者の会は裁判で勝てる?損害賠償は認められるのか?
  3. マイルド貧困の定義って何?年収?貯金額
  4. 「消費税10%とかクソ」の意見から見える日本の将来。
  5. 羽田新ルートの合意で何が変わる?利用者の利便性に繋がる?
  6. 舛添要一 第三者の弁護士とは誰になるのか?逃げ切りの姿勢を強める…
  7. 弘中淳一郎の経歴と年収がすごい!高畑裕太の弁護の報酬はいくら?
  8. 熊本の震度6弱が前震との噂も!本震に備え、準備しておきべきことは…

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. 名刺交換では日常会話を
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP