CULTURE

ウイルス「ミライ」の感染経路と対策は?

インターネット上のウイルスとして“ミライ(Mirai)”が猛威を振るっている。ミライはインターネットにつながる家電製品などのIoT機器を乗っ取り、踏み台として悪用するサイバー攻撃をするのだ。世界では少なくとも50万台ものIoT機器がミライに感染したとされている。ミライによるサイバー攻撃は日本国内への攻撃も確認され始めており警察当局は警戒を強めているのが現状だ。

ミライの感染経路

情報サービス会社のキャノンITソリューションンズ(東京)によるとミライは防犯カメラやルーターなどのIoT機器にネットを通じ送り込まれる。そして、外部から機器を動かせるように乗っ取ってしまう。IoTとはInternet of Thingsの頭文字であり、直訳では“モノのインターネット”である。簡単に説明すると家電製品に通信機器を付与してスマホで家の外から操作ができるようなものだ。

このIoTは工場の生産機器への応用などもされ注目されているのだ。しかし、IoT機器はネット接続をするのが必然的となっている。そこを上手く利用したウイルスだ。ミライによって乗っ取られたIoTには攻撃者がサーバーなどに大量のデータを送り付ける“DDoS(ディードス)攻撃”を行う際に踏み台とされてしまい、送り付けるデータ量を増幅させるのだ。

今は様々なIoT機器があるが、自動車などもネット接続を行うものがある。さすがに、走行機能は独立しているはずだが、仮に自動車が遠隔操作で乗っ取られたらと考えると、恐ろしくて仕方がない。

ミライの対策

ウイルス対策はパソコンにはしているがIoT機器にはしていない人がほとんどでしょう。また、パソコンに比べウイルス情報も少なくなかなかウイルス対策が後手になってしまいます。また、問題点としてIoT機器は利用者がアンチウィルスソフトを導入するのは難しいのが現状です。すなわち、対策をするならメーカーや開発者側がしなければならないのだ。

そのため、利用者のせめてもの対策はルーターやプリンターなどのファームウェアが内蔵されたIoT機器の更新情報をチェックすることだ。ファームウェアに不具合が発見された場合は外部から操作されている可能性があるのだ。また、メーカーのセキュリティ対策を確認しておくことも重要だ。

インターネット上のウイルス“ミライ”の脅威が蔓延しているようだ。しかし、なかなか利用者が対策するのが難しいのが現状。こんな時こそメーカーは威信にかけてでも大々的な対策を練って欲しい。このような難事の時こそメーカーの本質が問われるのではないか。ミライに対してとともにメーカー側の対応についても今後注目をしていきたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. プレミアムフライデーはいつから?経済産業省の狙いとは
  2. 食べ続けると痩せる肉はどこで買える?今話題の究極ダイエット
  3. 成宮寛貴の友人A氏の正体は特定された?ゲンキングの名前も上がるが…
  4. ヨドバシカメラ福袋2017中身ネタバレ!値段・販売日・予約方法ま…
  5. ゆうたろうくんは韓国人か?高校や本名から噂を検証!SNSから生ま…
  6. カウントダウン2017イベント東京のオススメ3選!
  7. 太陽が11月に消えるとNASAが発表したとの情報の真偽は?
  8. 新海誠「君の名は。」興行収入の最新情報!どこまでいくのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP