BUSINESS

ノアコインはなぜ日本で公開されることとなったのか?フィリピンと日本の関係は?

現在、仮想通貨やネットビジネス業界を騒がせているノアコイン。とてつもないポテンシャルを秘めた新規公開の仮想通貨であり、当サイトでも何度か取り上げてきた。

ノアコインについての問い合わせをいただくことも多い。筆者は既に交換予約を済ませているが、やはり多くの人が気になるのは、「ノアコインが信頼に値する投資話なのか」ということだろう。

日本でのマーケターは泉氏が担っており、彼にまつわる噂や、その販売手法から、いまいち信用にかけるという人が多いようだ。

その点については、別の記事で言及しているため、ぜひ参照頂きたい。
>>泉忠司は詐欺なのか?

今回の記事では、よくある問い合わせのうちの一つ、「なぜノアコインは日本で最初に公開されることになったのか」について情報をまとめてみた。

ノアコインはなぜ日本で公開されるのか

ノアコインが日本で公開される理由は、まさに泉忠司という男が日本人だからだ。

最初に日本にノアコインがもたらされるのは、泉氏の属人的なつながりが理由だ。

泉氏は、現在フィリピンに拠点を置いている。もともとは、日本で自己啓発セミナーなどを開催してビジネスを展開していた人物だ。

過去の講演などで泉氏本人が語っていることだが、彼はフィリピンに移住し、国賓同等の扱いを受けているという。

彼の年収の具体額は不明だが、複数のネットワークビジネスで世界的ランクを樹立しており、年収額は十数億円と推計される。

そうなると、フィリピンぐらいの為替の強さの国においては、同国内でトップクラスの富豪の仲間入りを果たすこととなる。

事実、彼のセミナーにはフィリピンの有数の財閥のDMITの幹部がジョイントで参加したり、ドゥテルテ大統領の弟や、ミスユニバースフィリピン代表など、通常では考えられないような人脈を持っている。

フィリピンでそのような人脈をもつ泉氏のもとに、フィリピンの財閥がこぞって推し進める仮想通貨の話が舞い込んできても不思議ではない。

また、泉氏は他にも新発の仮想通貨のプロモーションに関わっている実績がある。ADAコインという通貨だが、こちらも大々的なプロモーションの結果、大成功を収めている。

つまり、フィリピン財界への人脈と、仮想通貨プロモーションの実績、これらを勘案すれば、泉忠司氏にノアコインプロモーションの白羽の矢が立つことが必然であり、結果的に日本での公開が先行したのだ。

今後の世界展開は

ノアコインは、今後以下のスケジュールで全世界に展開されていく。
第1期、第2期は日本とフィリピン
第3期はアジア全土
第4期は世界各国で展開される。

ノアコインの前に泉忠司氏が手がけたADAコインは、中国アメリカと展開され、予定交換数を全てさばききった。過去の実績からしても、ノアコインの成功への期待感は膨らむばかりだ。

さらにいえば、ADAコインよりもノアコインのポテンシャルの方が高い。だからこそ、これだけ注目が集まり、同時に疑念や批判も大量に生まれるのだ。

何を行うにしても、なんの後ろ盾もない個人が突然目立つと、日本では一斉にたたき始めるという陰湿な文化がある。

フィリピンの財閥が間違えたことと言えば、安易に泉氏に白羽の矢を立てるのではなく、懇切丁寧に関係者を説得して、日本の大企業とタッグを組んで、プロモーションをかけるべきだったということだろう。

泉氏は、フィリピン人からすれば、日本でも有名な富豪に見えたかもしれないが、日本での彼の評判は必ずしもよくないのだ。

ただ、フィリピンの側に立ってみれば、機動的に動いてくれて、実績のある泉氏に日本プロモーションを任せることも納得的だ。

このような理由から、日本でノアコインが最初に公開されることについては、なんら違和感がないと言えるのだ。

日本とフィリピンの関係は?

そもそも、日本とフィリピンは昔から仲のいい国だ。

第二次世界大戦の頃から、日本はフィリピンを植民地としていたが 、現地のフィリピン人には好意的に受け入れられていたという見方が強い。

戦後も、フィリピンへの旅行などは頻繁に行われていたようだし、フィリピン人の出稼ぎ労働者も日本に多く入ってきている。

現代においても、日本企業の進出など、経済交流も活発だ。

今回のノアコインプロジェクトを経て、さらにフィリピンと日本の関係が友好的なものになることを期待したいところだ。

ノアコインの購入方法についてはこちらの記事をご覧ください
>>ノアコインの購入方法まとめ

ピックアップ記事

関連記事

  1. パナマ文書の日本人や日本企業リスト探しに躍起になる人に知って欲し…
  2. 女性の男性化と男性の女性化は世界恐慌の兆候?2016年が危ない!…
  3. 相川賢太郎 三菱の天皇は相川哲郎三菱自動車社長の父親!老害の勢い…
  4. 富裕層の定義は年収・資産どちらで決まる?日本でトップ1%に入るた…
  5. エイジスのブラックぶりを厚生労働省が実名公開!事故も起きるほどの…
  6. 琉球コインに投資したい!導入で沖縄はどうなる?
  7. 川又三智彦ツカサグループ資産3000億から借金1000億円への転…
  8. 仕事のための自己啓発の正しい例3選!中毒にならないために意識すべ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP